2019年12月29日 更新

【京都ランチめぐり】タルタルソース狂必食!老舗モダン焼き店の筆頭!!100種メニュー圧巻☆「もだん焼フジ」

おおきに~豆はなどす☆百万遍、京都大学のすぐ近く。創業32年の老舗モダン焼き専門店。そのメニューバリエーションの多さが有名。中でもタルタルソースがたっぷり乗ったモダン焼きは数あるメニューの中でも一際人気。

満腹満足になること間違いナシのタルタルモダン

 (119997)

百万遍。京都大学のほど近い場所。
昔からあるモダン焼きの専門店。創業32年だそうです。私もかれこれウン十年前の学生時代に来たことがあり、久々に食べたくなって。当時人気店で店の2階でワイワイと食べたような記憶が。
 (119998)

大学に近いということもあり、ランチメニューもあり。
新歓シーズンともなると大学生御用達店だったりするのは今も昔も変わらないようです。ご主人談。

それと、こちらのお店はよくテレビや雑誌にも登場する有名店。
 (120003)

店内に入るとカウンター席と奥にグループ用テーブル席。あと、2階もあります。
 (119999)

で、圧巻なのがこのメニューの数。手書き木札のメニューが壁にズラリと。大体100種類あるそうで、これでもかなり削ったそうです。全盛期には、なんと180種類も。
 (120000)

そして、一口にモダン焼き、といってもそのジャンルもいろいろあり。よくテレビで紹介される、変り種モダンのフルーツ系やらもろもろ。
 (120001)

あと、タルタル系もこちらの代表格。

そして・・・ん?ライス系??
生地にご飯が入ってるとのこと。どんな具合にご飯が入ってるのか、何度も質問したんですが、その説明からどんなだかまったく完成図が浮かばず。チャレンジャーの方、詳細情報お待ちしています(笑)
 (120002)

あと、モダン焼きに『フジ玉子』というポン酢浸け半熟目玉焼きの卵かけご飯付で720円の破格サービスランチも。

今回は雑誌でこちらのタルタルモダンが紹介されてて食べたくなって、それを注文。1260円。サービスランチと比較するとちょっと割高感もありますが。まあ、食べたかったんで。
 (120004)

こういう小型コテ見ると、うれしくなります。鉄板から熱々を直食べできる醍醐味。
 (120005)

おもむろに焼かれ始めました。私のタルタルモダン。
 (120007)

焼きそばも焼かれて登場。大判のちり取りに乗って。
 (120008)

ここから合わせ技。玉子も半熟に焼かれてドッキング。
 (120016)

とりあえず、モダン焼き部分は完成したわけだが。
タルタルソースはどんなふうに登場するのか。別添えか?とかいろいろ妄想してたら、大判ちり取りに乗せられて、いったん奥の調理場に消えてゆくモダン焼き。内心不安に(笑)
 (120006)

で、ほどなくしてたっぷりとタルタルソースの乗った姿で目の前に。
お好みで~と青のり、粉かつお、ソースの卓上セットも添えられて。
 (120010)

ちょっとタルタルソースを汚してしまう感覚もあり、躊躇しましたが。やはり、青のりと粉かつおはデフォでしょう!と。
 (120011)

御開帳の断面図。
とにかくタルタルソースたっぷり。崩れ落ちるくらい。
 (120012)

そーっと、タルタルをこぼさないように移動。
さっそく一口。口のまわりをタルタルまみれにしながら。

すんごいゆで卵率。わりと甘めでモダン焼きのソース味に呼応するようなパンチ力。若干パセリ、玉ねぎも入ってますかね。濃厚でまとわりつくタルタル。
 (120013)

そして、焼きそばとよく絡ませて。合いまみれた時のどっしりとしたボリューム感。

私カキフライが好きなんですが、じつはカキが好きなんじゃなくてタルタルソースが好きなんでは?とこれ食べながら、ふと思ってみたり(笑)

タルタルソースって、万人受けするハンバーグやカレーみたいな要素ありますよね。基本、日本人皆マヨラーというか(妄想)
 (120014)

最初ご主人がつくってる最中、モダン焼きちっさ!と内心思ってたんですが。
これ、完食する頃にはもうかなりの満腹度。タルタルソース効果であること間違いナシ。でも、タルタル好きには絶対食べてもらいたい、食べ尽くした満足感がそこにあります(笑)ぜひ!

ヨ~イヤサ~♪

もだん焼フジ への口コミ

詳細情報

店名:もだん焼 フジ
住所:京都市左京区田中大堰町89-5
電話番号:075-711-5089
営業時間:11:50~14:30 17:00~23:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな