2018年12月7日 更新

【京都粉もんめぐり】祇園のお好み焼き名店!昭和風情漂うカウンターで昼呑みもアリ◎「祇園ねぎ焼かな東店」

祇園、八坂神社から東大路下った場所にある、名物お好み焼き店。昭和風情漂うカウンターのみのスタイル。昼呑みもでき、立地的に外国人観光客にも人気。ランチでお邪魔しました。

祇園界隈ではお好み焼き、鉄板焼きの名物店

 (140101)

四条、東大路通を下った場所にある、昔からある古いお好み焼き店。店の外観からもそんな雰囲気が漂っています。
観光客の多いエリアでいつも人気のお店です。どちらかというと、夜仕様の印象が強いお店。

この日はランチ難民気味にこの界隈を歩いていて、こちらへ。通し営業なのもありがたい。
 (140104)

店内は満席に近い状態で、なんとか滑り込んで入店。カウンターのみでわりと接近戦。店内にはテレビもあり、すでに昼間からお酒を飲んでる方もいて、わりとガヤガヤとにぎやか。

私の隣には外国人観光客らしき、日本語ほとんどしゃべれない感じのカップルもいて、店内はワールドワイド。まあ、観光スポットに立地しているのと、鉄板焼きやお好み焼きって外国人にも人気フード。
 (140111)

店内には手書きメニューが貼られ、お酒のアテとなるような焼き物も充実。今の季節なら牡蠣の鉄板焼きとか。鴨の鉄板焼もあり、ちょっと興味津々。

砂ずりやらすじ焼きやら、いかにもアテ的なメニューいろいろあります。チューハイも、赤(バクダ)など京都らしいものも。
 (140107)

もう昼呑みしてもいいんじゃね?くらいな気分でしたが、ぐっとこらえてノンアルで(泣)
メニューはお好み焼き、ねぎ焼き、焼そば、ベタ焼があり、さらに具材によって3種類。さらにうどんやそばを追加してモダン焼きにもできます。
今回はベタ焼ミックス+モダン焼きそば追加で注文。〆て1100円。

途中来られたお客で、ご飯ないの?定食ないの?て聞いてる方がいましたが、きっと大阪の人なのかな?と思ってみたり。そういえば、ご飯注文する発想なかったな、京都はおかずにする感覚ないかもな、と。
 (140112)

座った時点で、すでに鉄板の前にはステンレス製の衝立があり、服が汚れないようにという配慮なんでしょうが、こんなふうに焼きあがるまで、焼く工程はほとんど見えませんでした(笑)

ただ、べた焼きなので、クレープ状に生地を広げてるな、とかキャベツ投入したな、みたいなのはなんとなくわかりましたが。
 (140113)

ソースは甘いの、辛いの、フツーどれに?ということで、フツーで、青のり、カツオ粉もかけてもらい、カットも。小さいコテもあり、小皿と割り箸もあり。
 (140114)

ベタ焼にしたので、それぞれの具材の味がよくわかります。キャベツの甘み、そばのパリパリ感、卵の半熟加減、牛肉、豚肉、紅ショウガ、意外とたっぷりのイカなど。熱々の臨場感。ハフハフしながら頬張る。呑んでもいいな~と最後までその誘惑と対峙する美味しさ(笑)

昼から深夜4時まで通し営業なので、どのタイミングでも行ける利便性の良さも人気なんでしょうね。年末も31日、年明けは2日から営業。

ヨ~イヤサ~♪

祇園ねぎ焼かな東店 への口コミ

詳細情報

店名:祇園ねぎ焼 かな 東店
住所:京都市東山区 東大路安井北門通月見町13
営業時間:12:00~翌4:00 
定休日:月曜日
TEL:075-561-4529
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

縄文土器調は私の勝手な印象(笑)独特のビジュアルの和菓子。え!和菓子カテゴリーでいいの?と一瞬躊躇するほど。奈良時代から伝わり、1100年前から変わらないデザインの唐菓子(からくだもの)と呼ばれる独特の和菓子。
食べログ”京都1”のお好み焼き店!自家製どろソースが決め手!「お好み焼吉野」

食べログ”京都1”のお好み焼き店!自家製どろソースが決め手!「お好み焼吉野」

今回ご紹介するのは、三十三間堂近くの路地奥にひっそりと佇む人気のお好み焼き店「吉野」なり。食べログのお好み焼きランキングでは1位のお店です。
生麺を使った絶品焼きそばがクセになる!「鉄板食堂ことら」@八坂神社前の巻っす

生麺を使った絶品焼きそばがクセになる!「鉄板食堂ことら」@八坂神社前の巻っす

祇園 八坂神社前の「鉄板食堂ことら」っす。ここの焼きそばがまた絶品っす。
【京都珍スポット】有名人マネキン同席の元祖お好み焼き!祇園名物グルメ☆「壱銭洋食(いっせんようしょく)」

【京都珍スポット】有名人マネキン同席の元祖お好み焼き!祇園名物グルメ☆「壱銭洋食(いっせんようしょく)」

祗園縄手通り沿いにある名物店。ある意味珍スポット。店内にはマネキンが客を迎えて同席するテーブル。ちょっとエッチは絵馬やオブジェもあり、外国人観光客にも人気。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな