2017年1月15日 更新

昭和の雰囲気が楽しめる!人気の庶民的鉄板焼き店「祇園ねぎ焼 かな 東店」

祇園の東山安いにある「祇園ねぎ焼 かな 東店」なり。

祇園にある昭和の雰囲気が楽しめる鉄板焼き店

 (68953)

祇園の東山安いを少し北にある「祇園ねぎ焼 かな 東店」なり。 東店というくらいなので西店や北店もありそうなのですが、現在系列店はここだけのようです。

12:00オープンで翌4:00まで通し営業!という使いやすいお店なのですが、人気なのでディナータイムは予約必須。
 (68954)

店内写真その1。間口は広いが奥行きは4mもなさそうな店内。お店の横幅いっぱいに鉄板が並び、12席のカウンター席のみ!というミニマル店。いつからあるんだろう、アブラギッシュ且つ、なんだかいい感じに古びていて、整理整頓清潔清掃とはかなり距離がある店内。が、こういう昭和臭い雰囲気もなんだか和めちゃう我々なのだ。
 (68955)

メニュー構成。当然、目の前の鉄板で調理できる鉄板焼系なものがほとんど。お隣のグループのべた焼が焼かれているのだが、我々が席に座ると、油が跳ねるのを遮る金属製のカバーが置かれる。(上の写真の右下に映り込んでいる板ですな)
 (68956)

お好み焼き系メニューは上に。お好み焼にねぎ焼、ベタ焼がスタンバイ。〆は当然ねぎ焼ミックス!ということにして、私ハイボール、嫁芋お湯割りでゆるゆるとスタートなり。

魅力的なアテが多数

 (68957)

まずはアテ系を3種類。野菜系なものが食べたい!とお願いした鉄板ミックスは¥1000なり。御覧のように海老に豚など具沢山の野菜炒め。こういうお店としてはそこそこ大ボリューム。ポン酢が添えられているのが面白いですな。
 (68958)

さらにアテ系は豚ロールで¥600なり。あまり他では見ないメニューで、長めに切ったネギを数本豚バラ肉で巻いて焼いてある一品。一味パッパで旨し!
 (68959)

さらにかなピザは¥800なり。ベタ焼の生地をピッツアに見立てたなんだか家庭的なメニュー。トマト系のソースはマッシュルーム入りで雪印っぽい感じですが、これまた良きアテ。で、いよいよネギ焼登場!
 (68960)

ソースは辛口、甘口をお願いできます。辛口!とお願いしたら、丁寧に辛口を薄くつけた後に、甘口を重ねかけてくれました。素早く6等分に切ってくれ、はいどうぞ!ということに。
 (68961)

断面写真。玉子乗せますか!と言われたのでお願いしたのですが、上面全面に薄焼き状に乗っけるタイプ。べた焼き系の生地としては、ソフトな焼き加減ですな。豚・イカ・ちくわ入りで結構具沢山、ソースも過度な辛さで、ビールや焼酎お湯割りのお供にピッタンコ。いや、美味しかったです。
ご馳走様でした、また来ます~。

祇園ねぎ焼 かな 東店 クチコミ情報

祇園ねぎ焼 かな 東店 店舗情報

店名:祇園ねぎ焼 かな 東店
住所:京都市東山区 東大路安井北門通月見町13
営業時間:12:00~翌4:00 
定休日:月曜日
TEL:075-561-4529
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生麺を使った絶品焼きそばがクセになる!「鉄板食堂ことら」@八坂神社前の巻っす

生麺を使った絶品焼きそばがクセになる!「鉄板食堂ことら」@八坂神社前の巻っす

祇園 八坂神社前の「鉄板食堂ことら」っす。ここの焼きそばがまた絶品っす。
京都祇園で手軽にボリュームもあるイノベーティブ料理店「祇をん 段ばた」【新店】

京都祇園で手軽にボリュームもあるイノベーティブ料理店「祇をん 段ばた」【新店】

花街祇園、花見小路からほど近い場所にオープンしたイノベーティブ料理店「祇をん 段ばた」でランチなり。
祇園 花見小路に佇むノスタルジックな喫茶店*「NOEN(ノウエン)」【京都カフェ】

祇園 花見小路に佇むノスタルジックな喫茶店*「NOEN(ノウエン)」【京都カフェ】

祇園を満喫しながらノスタルジックモーニングタイムを。世界から観光客が訪れる祇園の花見小路にたたずむ喫茶店。
京都のディープエリア " 四条大宮 "に佇む人気鉄板焼店「壺味(つぼみ)」で特製のねぎ焼きを

京都のディープエリア " 四条大宮 "に佇む人気鉄板焼店「壺味(つぼみ)」で特製のねぎ焼きを

ディープエリア四条大宮の人気鉄板焼き店「壺味(つぼみ)」で特製のねぎ焼きなり。
ラー油が効いたクセになる "つけ蕎麦" が京都に上陸「十割蕎麦専門店 10そば」

ラー油が効いたクセになる "つけ蕎麦" が京都に上陸「十割蕎麦専門店 10そば」

祇園四条からすぐの場所に、少し変わった十割蕎麦専門店がオープン!早速行ってきました。クセになるラー油が効いた豚つけ蕎麦です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。