2019年5月19日 更新

【京都とんかつめぐり】デミグラスソース仕立ての洋食味!家庭的で和むお店☆「とんかつ&ステーキ 岡田」

おおきに~豆はなどす☆今回は西ノ京円町にあるアットホームな雰囲気の地元に愛されるとんかつ店。とんかつ店と言いつつ、王道の洋食メニューも充実し、さらにどれも絶品。

細い路地の隠れ家的住宅街にある人気店

 (153090)

西大路通り、太子道を上がり、円町手前にある細い路地を西に入った住宅街。この日夕飯をここで食べようと予約してやってきました。
 (153091)

ランチも同じメニューのようですが、夜より割安で人気のようです。
とんかつ&ステーキのお店と言いつつ、ハンバーグやクリームコロッケなど王道洋食メニューもあり。
 (153092)

店内は間口狭く奥行ある鰻の寝床スタイルで、手前にカウンター席、そして奥にテーブル席が広がり、全25席。今回は奥のテーブル席へ。
 (153094)

定食メニュー。エビフライもあります。
 (153093)

スープやサラダ、ドリンクメニューも付いたコースメニューやメイン2類盛りの定食も。さらには単品メニューもあります。

味付けは特製ソース、おろしポン酢、おろし醤油の3種からチョイス。かなり迷いに迷って、今回はとんかつ&ハンバーグの2種盛り定食1700円、クリームコロッケ&チキンカツの定食1750円を注文。味付けはどちらも特製ソースをチョイス。
 (153095)

で、とんかつにはビールでしょう!てことで、すっかり定着の東京オリンピック仕様の瓶ビールを。
 (153097)

で、しばらくして登場したとんかつ&ハンバーグ定食。ご飯、味噌汁、漬物に特製ソースは別添え。
 (153096)

こちらは友人が注文したクリームコロッケ&チキンカツ定食。ご飯、味噌汁、漬物は同じ。
 (153098)

で、私のお皿。ハンバーグはデミグラスソース仕立て。付け合せにはキャベツ、トマト、ポテトサラダが乗っていて、さらに練りがらし。王道の彩りが食欲をそそります。
 (153099)

添えられた特製ソースはデミグラスソース仕立て。若干ハンバーグと被ってしまいましたが、デミグラスソース味が好きなので、これはアリです。ちょっとリッチな洋食屋仕様のとんかつに。
 (153100)

友人が注文したクリームコロッケ。ちょっと味見させてもらいましたが、とろける食感でクリーミーなコクが理想的。クリームコロッケ定食にしてもよかったかな?と(笑)
 (153101)

ハンバーグ。肉感ありありでデミグラスソースのワインも効いてきて洋食屋の味。
 (153102)

ポテトサラダは具材なしのシンプルで滑らかなマッシュポテトにマヨネーズ風味。
 (153103)

お漬物、家製だと思いますが、程よい酸味がピクルスのようで箸休めに。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハンバーグ推し!地元人気の高い街の洋食店「クロスロード」@円町の巻っす

ハンバーグ推し!地元人気の高い街の洋食店「クロスロード」@円町の巻っす

JR円町からも徒歩圏内、洋食の店クロスロードさんでハンバーグランチっす。
【保存版】平成最後に食べておきたい京都オススメの心躍る洋食店!老舗から行列店まで【厳選10店】

【保存版】平成最後に食べておきたい京都オススメの心躍る洋食店!老舗から行列店まで【厳選10店】

おおきに~豆はなどす☆今回は京都オススメの大人も童心にかえる洋食店を集めました。平成最後に食べておきたいお店ぞろい!
【京都ランチめぐり】土日でもコスパ最強日替わり900円ランチあり!行列ができる人気店☆「洋食の店ITADAKI」

【京都ランチめぐり】土日でもコスパ最強日替わり900円ランチあり!行列ができる人気店☆「洋食の店ITADAKI」

おおきに~豆はなどす☆北野白梅町にある、わりと古めの地元民御用達の洋食店。土日でもコスパ最強の洋食日替わりランチがあり。久々に行ってきました。
温かいお料理はココロもあったまる♡ホッとするお店「CROSSROAD」(クロスロード)【京都・円町洋食店】

温かいお料理はココロもあったまる♡ホッとするお店「CROSSROAD」(クロスロード)【京都・円町洋食店】

円町交差点から南へ、店主が一人で切り盛りするこじんまりしたお店☆一品一品丁寧に…真面目で実直な仕事っぷりはとても好感が持てます☆時間に余裕のあるときにゆったりと楽しみたいお店です☆
四条河原町で洋食と言えばココ!いつ来ても美味しい路地裏の老舗「サラダの店 サンチョ」

四条河原町で洋食と言えばココ!いつ来ても美味しい路地裏の老舗「サラダの店 サンチョ」

四条河原町界隈で洋食が食べたいときに、第一候補にあがるのがここのお店「サラダお店 サンチョ」さんです。今回はランチをしてきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな