2020年7月10日 更新

【京都お寺めぐり】不思議伝説を持つ2体の仏像安置!戦国武将・長宗我部盛親のお墓も「蓮光寺」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は下京区、地下鉄五条駅から徒歩スグの富小路六条上がった場所にあるお寺。不思議な伝説を持つ仏像があるという。

不思議な伝説を持つ仏像も

 (187294)

下京区、河原町六条を西へ。河原町通りの交通量の多さを思うと、わりと閑静な佇まいのエリア。
 (187297)

南北を走る富小路通り沿い、しかもこのエリアだけ通りが斜め状になっていて、通りを下がると京都タワーも見える場所。そんな場所にあるお寺。

 (187295)

創建、変遷の詳細は不明ですが、平安時代創建と言われています。

明応元年(1492年)に天台宗真盛派開祖の真盛上人を開基とし、高野山の苅萱堂を模して下京区新町高辻に草庵を結んだことから、当初「萱堂」と呼ばれていました。

天正19年(1591年)豊臣秀吉の命により現在の地に移り、真盛上人の弟子、玉譽光順上人が浄土宗に改め、寺号を蓮光寺と改称。

正保年間(1644~1647年)に大阪城を設計した中井大和守の帰依を受けて本堂を建立。

天明8年(1788年)京都の大火災および元治元年(1864年)蛤御門の変で建物は焼失。明治29年(1896年)に再建されましたが、その後老朽激しく、昭和58年(1983年)に本堂改修と書院、庫裏が再建。
 (187299)

そして、お寺では不思議な伝説を持つ仏像2体が安置。

1体はご本尊の阿弥陀如来像で鎌倉時代の仏師快慶作。東国の僧の求めで阿弥陀如来を彫ったものの、その出来の良さから別れがたく、僧の後を追い山科で追いつき事情を説明すると、僧の背負っていた阿弥陀如来が2体に分かれ、それぞれ1体ずつ阿弥陀如来を持ち帰ったという。別名『負分阿弥陀(おいわけあみだ)』と言われ、地名『追分(おいわけ)』の由来になったと言われています。

さらにもう1体。地蔵堂に安置されている、弘法大師空海作と伝わる『駒止地蔵』。六条河原の刑場に祀られ鴨川の氾濫で行方不明になった地蔵で、平安時代末期、馬上の平清盛が六条河原に差し掛かったところ、急に馬が立ち止まり、不思議に思いその下を掘ると出土したことから、そう呼ばれるように。


 (187296)

さらには、土佐の武将・長曽我部盛親の五輪供養塔も。元和元年(1615年)大阪夏の陣に敗れ、六条河原で斬首。親交の深かった蓮光上人が所司代板倉勝重に請い、首級を墓地に葬って供養されました。

残念ながら普段は一般公開されていないお寺ですが、かつて刑場のあった場所にもほど近く、激動の歴史をたどったお寺として散策してみたいですね。

詳細情報

名称:蓮光寺
場所:京都市下京区本塩竈町富小路六条上ル 
電話番号:075-351-3066
公式サイト:http://www.renkouji.info/
9 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事