2016年5月27日 更新

黒毛和牛がゴロゴロ入ったご馳走コロッケが目玉!新京極の新店「赤富士コロッケ」

三条新京極に黒毛和牛がゴロゴロはいったコロッケ店がオープンしたと聞きつけたので、早速行ってきました!

 (36007)

六角の新京極と寺町通のちょうど間に、なんとも自信満々な看板「高すぎるコロッケ」笑
これはと!突撃取材をさせてもらいました!
 (36008)

その気になるお店の名前は「赤富士コロッケ」さん。先月4月15日にオープンした新店です!

A5ランクのお肉がゴロゴロ入った「赤富士コロッケ」と、最高峰のサツマイモをブレンドしたスイーツのような「ありがとうコロッケ」がお店の目玉です。

そういえばSNSでも話題になっていましたね^^

こだわりの素材をふんだんに

 (36009)

仕込み中のキッチンにお邪魔されて頂きました!この黒毛和牛A5ランクのお肉がゴロゴロとコロッケに使われるんですよ、そりゃ「高すぎるコロッケ」になります(笑)
 (36010)

こだわりの男爵イモと玉ねぎにゴロゴロと下処理をしたお肉を詰めこんできれいに形成されたコロッケがこちら。
 (36011)

フライヤーと揚げ油にもこだわりが。サクサクな揚げ上がりになるように工夫されています。

新感覚のスイーツコロッケ

 (36012)

スイーツのような新感覚「ありがとうコロッケ」は240円と少しお高め。
それもそのはず、種子島の安納芋と徳島の鳴門金時芋を使ったこだわりの一品です。
 (36013)

食べてみると素材の甘みがたっぷり引き出されていて、ラムレーズンの酸味と香ばしいクルミがアクセントになっていて、少し大人のスイーツです。

お肉がゴロゴロ詰まったコロッケ

 (36014)

一度食べたら病み付きになる「赤富士コロッケ」320円とこちらもコロッケにしては高めです。
その理由は、黒毛和牛A5ランクのお肉をゴロゴロ使っているからです。
コロッケの断面を見てもらえばすぐにわかります。
 (36015)

いかがですか、この断面。本当にお肉がゴロゴロ入っています。
こんなに肉々しいコロッケは初めてですよ(笑) お肉とジャガイモの味がしっかりしているので、ソースもいりませんよ!

まさにメインディッシュになるご馳走コロッケです。新京極にお買い物に来た際には、ぜひ一度ためしてみてくださいね^^

赤富士コロッケへの口コミ

赤富士コロッケ 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都三条通沿いにある大正創業の町のお肉屋さん!熱々の名物コロッケがウマウマ☆「肉の荒井亭」【東山三条】

京都三条通沿いにある大正創業の町のお肉屋さん!熱々の名物コロッケがウマウマ☆「肉の荒井亭」【東山三条】

三条通の何気ない風景の中に溶け込んで、つい見過ごしてしまいそうな町のお肉屋さん。でも、じつは老舗で創業はなんと大正時代。そして、名物のコロッケが人気。
ウマウマの揚げたてコロッケがなんと40円!!淀の代名詞「翼虎(よくこ)」

ウマウマの揚げたてコロッケがなんと40円!!淀の代名詞「翼虎(よくこ)」

競馬場に並ぶ、淀の代名詞「翼虎のコロッケ」を食べに行ってきました。
京都有名焼肉店仕込のミンチカツバーガーは一味ちがう!中食も大人気の精肉店☆「ミートショップヒロ」【三条会商店街】

京都有名焼肉店仕込のミンチカツバーガーは一味ちがう!中食も大人気の精肉店☆「ミートショップヒロ」【三条会商店街】

ランチ難民の末、30分という限られた時間内に昼食を済ませなければ、というミッションインポッシブル。それが人気精肉店で叶った!というお話。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン