2018年9月27日 更新

【京都発酵食品めぐり】行列必至の元祖お茶漬けの老舗!出汁巻玉子も絶品☆「丸太町十二段家 」

京都発酵食品めぐり、今回は丸太町通りにある行列必至の京料理店。発酵食品である漬物のお茶漬けがここの名物。

いつも人気の元祖お茶漬けの老舗

 (133917)

丸太町通り。御所をさらに西へ。
いつも見かける時、行列しばしばの名店。名物がお茶漬けの老舗。実家が漬物屋ということで、外で漬物はおろかお茶漬けを食べることもそんなに今までなかったんですが。

京都出身の私の友人が、京都に里帰りするとここのお茶漬けが食べたくなる、という話を以前聞いて、どんなもんかと気になって初訪問。どちらかというと、観光客向けのお店というイメージだったんですが。
 (133918)

オープン時間に合わせて入店。すぐにこの後満席になりましたが。

大正創業の古いお店で、元々は四条の祇園町にあった甘味処。歌舞伎忠臣蔵にちなんだ十二段からなる甘党が看板商品だったことから屋号『十二段家』に。場所がら、花街から朝帰りした旦那さん衆が口直しにお茶漬けを求めて、それを提供したことがはじまり。以来それが名物に。
 (133919)

店内は板間に卓袱台と正座できない方用のテーブル席。設えとしては素朴で落ち着いた民芸調の雰囲気。
 (133920)

おしながきも木版画ですかね。味わい深い雰囲気。
 (133921)

祇園・花見小路にも十二段家さんがありますが、経営は別で料理の内容も違うみたいです。
今回は本題であるお茶漬けを食べにきたので、お漬物盛り合わせ、出し巻、赤出し、ご飯のついた『すずしろ』1130円を注文。ご飯はお代わり自由とのこと。
 (133922)

てっきりお茶漬けしかないのかと思ってましたが、しゃぶしゃぶもあります。
 (133923)

あと、ステーキや一品料理も。
 (133928)

お茶が出され、これがお茶漬けの時のお茶と同じなんですが、美味しいほうじ茶でした。さすが。
これだけでもお金取れそうな、上質な香り高いお茶。
 (133925)

待ってる間、店内に飾られた焼き物を見たり、
 (133926)

染物ですかね。全体的によくある京料理のお店のお座敷の設えとは違い、温かみある民芸調の雰囲気が和みます。
 (133927)

ほどなくして、料理が登場。ご飯、出し巻、お漬物盛り合わせ、赤出し、そして小さめのおひつ。ご飯はお代わり自由。
 (133929)

まずは出し巻。見るからに出汁を限界まで含んだような、ウエット感。
 (133930)

いい卵使ってはります。色目濃く味わい濃厚。出汁感しっかり効いてて、お箸でつまむと出汁が染み出てきて、それが口の中でもジュワっと広がる。これ、十分なメインディッシュ。ごちそう感あり。
 (133931)

ご飯がとにかく美味しかった。お漬物、お茶漬けを美味しく食べるための必須条件ということでしょうか。炊きたて、艶やかで柔らか。新米かもしれませんね。美味しいご飯はおかずなしでも食べられる、そんなご飯。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】京都オススメの絶品出汁巻玉子!予約の取れない名店から玉子焼き専門店まで【厳選7店】

【保存版】京都オススメの絶品出汁巻玉子!予約の取れない名店から玉子焼き専門店まで【厳選7店】

今回は京都オススメの絶品のだし巻玉子が食べられるお店を集めてみました。予約の取れない有名割烹からだし巻専門店まで。
【京都ランチめぐり】行列必至のあったか~い絶品生ゆば丼!北野天満宮門前の老舗京豆腐食事処「とようけ茶屋」

【京都ランチめぐり】行列必至のあったか~い絶品生ゆば丼!北野天満宮門前の老舗京豆腐食事処「とようけ茶屋」

北野天満宮門前。昼時行列をつくる見慣れた光景。不動の人気店。老舗京豆腐店直営の食事処の豆腐づくしのランチを求めてのこと。中でも湯葉丼は底冷えする京都で食べると格別の美味しさ。
【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

京都府庁前にある京料理の名店。創業当初から高コスパの懐石を提供し、そのスタイルは今も変わらず健在。久々に夜うかがいました。
京都おすすめモーニング̩̩̩̩|嬉しいたっぷりマグは朝限定*Cafe Tiger(カフェタイガー)【丸太町カフェ】

京都おすすめモーニング̩̩̩̩|嬉しいたっぷりマグは朝限定*Cafe Tiger(カフェタイガー)【丸太町カフェ】

御所エリアに登場した情報誌を賑わす注目おしゃれカフェ。虎の様なストロング × ジェントルさが相まった癒しの空間。こだわりのハンドドリップコーヒー、モーニングはたっぷりマグで頂けます。
【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部