2019年4月16日 更新

【京都地名ミステリー】京都御所北東のかつて真如堂のあった名残りとどめる門☆「石薬師御門」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は御所北東に立地する歴史ある御門。かつては真如堂があった名残りが感じられる場所。

昔の街並みの名残りをとどめる地名

 (150059)

京都御所北東。御所の中でも比較的小さめの門になりますかね。
 (150063)

御所の石垣沿いにこのエリアだけ細い通りが存在し、さらに東側には寺町通りが平行しています。
 (150060)

烏丸通り沿いや丸太町、今出川通り沿いの御門に比べ、人通りも少なめですが。
 (150061)

「石薬師御門」とあります。
 (150062)

そして、このあたりの町名なんですが、なぜか真如堂前町。
真如堂といえば、この場所からさらに東にある吉田山にある真如堂を思い浮かべてしまいますが。
 (150085)

もみじの名所として知られる真如堂。 永観2年に神楽岡東に創建され、応仁の乱で焼失。その後、豊臣秀吉の政権下、聚楽第建設のため京極今出川(現石薬師御門場所)に移転。さらに本堂が焼失し再建されるも、元禄年間、東山天皇の勅によってふたたび現在地である神楽岡に移転。

石薬師像は現在真如堂本堂裏手の薬師堂に安置されていますが、御門名や町名からかつてここに真如堂があったことを物語っています。

 (150088)

この石薬師御門には、かつて東京遷都に反対した市民が天皇の還幸を求めて集まった場所でもあり、激動の舞台となった場所。

そんな歴史に思いを馳せながら、訪れたい場所ですね。

石薬師御門 へのツイート

基本情報

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers