2019年3月26日 更新

【新店】四条烏丸に誕生した京都経済センター商業施設『すいな(SUINA)室町』の老舗京漬物の和食店「竈炊きたて御飯どい 」

おおきに~豆はなどす☆今回は3月16日に誕生した京都経済センタービル内に商業施設がグランドオープン。書店や物販、飲食店が入居を果たしましたが、その中の老舗京漬物プロデュースの和食店がオープン。

四条烏丸の新しいランドマーク・京都経済センター内でランチ

 (148186)

四条烏丸。厳密にいうと四条室町。
再開発中でしばらく工事中でしたが、京都経済界の新たな拠点となる「京都経済センター」が3月16日にグランドオープン。
 (148187)

新ビルは経済センター部分と商業ゾーンに分かれ、1、2階に商業施設『すいな(SUINA)室町』。3~7階は行政の支援機関、金融機関などさまざまな団体が集積。

今回、とあるセミナーが上階で開催され、それに参加する前の腹ごしらえにレストラン街でランチしようとやってきました。
 (148188)

まず、1階入ってスグ手前にカフェがあり、フロアの中心に大垣書店。約1200平方メートルの大規模店舗にはさまざまな書籍がズラリ。
 (148189)

そして、その周りを取り囲むように、飲食店やスーパーが配置。
中でも一番奥にあるお店。すぐ入れそうだったのと、落ち着いた雰囲気の中食事できそうだったのでこちらへ。大原の京漬物の老舗『土井志ば漬け本舗』がプロデュースする和食店。

他に餃子と煮込みのお店やとんかつ、海鮮丼のお店もあり、中には行列を作るお店もありました。
 (148190)

それでも店内は昼時ということで、ほぼ満席に近い状態。
奥に伸びるテーブル席。ガラス張りになっていて、ちょうど室町通りが見えるように。
 (148191)

手前に厨房を囲むカウンター席。こちらに陣取りました。
 (148192)

店内にはもちろん自慢の京漬物がズラリと並び、中でも看板商品であるしば漬けは種類豊富にありました。こちらでも購入可能。
 (148193)

漬物はもちろん、老舗のたしかなこだわりの味なんですが、こちらのもう一つのウリは竈炊きの炊き立てご飯。厨房の中に羽釜がありました。

京都三大漬物の一つ、しば漬と竈炊きご飯。もうそれで主軸はできてる、そんな口上。
 (148194)

で、メインとなるおかずが違う定食仕立てのメニュー構成。西京漬、揚げ物、小鍋などいろいろ。

今回は発酵商品づくしでいこう!と豚ロースの西京漬膳1000円を注文。
 (148197)

で、プラス350円でこちらのお漬物ビュッフェ、ご飯、お味噌汁おかわり自由なんですが、この日は急いでいたのでスルー。またの機会に。

浅漬け中心で、サラダもあります。漬物もサラダ感覚ということですね。
 (148195)

お酒もあり、京都の酒蔵を中心に飲み比べもできるセットメニューも。他いろいろあり。
お漬物をつまみにエンドレスに呑めそうな(笑)
 (148196)

そして、注文した西京漬膳が登場。
あれ?なんか足りなくね?肝心のおつけもんは??と店員さんにすかさず質問。
 (148198)

卓上にありました(笑)ご自由にお取りください状態で。もちろん、しば漬屋さんなので、刻みしば漬が入っています。
 (148199)

これで完成の図。
 (148200)

さっそく豚ロースの西京焼から。
 (148201)

しっとりとして、柔らかいです。わりとしっかり西京味噌につけてあり、味噌感も濃厚。ご飯がすすみます。
 (148202)

ご飯つやつやの京都産こしひかり。やわらかく竈で炊き上げたご飯。
 (148203)

お味噌汁の味噌は米こうじ系の少し甘みもある豚ロースに合う味の味噌使用。大根、京揚げ、青ネギが入っていて、こちらも申し分ない。
 (148204)

で、最初にご飯の量を選べ、大盛でお願いしたのに手違いでレギュラーサイズ。気づいた店長がおかわりしてください!と。京都人あるあるの最後の〆はおかわりご飯でぶぶ漬け。さらさらっといただいて、お茶碗も洗いやすくキレイにして、WINWINゴチ!(て、使い方違うと思う笑)

外で発酵食やぶぶ漬け食べたくなったら、錦市場まで行かずともここでアクセスよく食べられますよ。利便性バッチリの立地ですね。

ヨ~イヤサ~♪

竈炊きたて御飯どい への口コミ

詳細情報

住所:京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78(京都経済センター内)
電話番号:075-352-1020
営業時間:11:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:無休
公式サイト:http://www.doishibazuke.co.jp/cgi/websys.cgi?SUBMODULE=expl&uri=marukamado
      https://suina-muromachi.jp/floor-guide/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな