2016年1月27日 更新

烏丸丸太町 開放的なシュークリームカフェ「クレームデラクレーム カフェ」【スイーツ】

創業100年近くのシュークリーム専門店「クレームデラクレーム」。創業100余年・・・ちなみに100年の前の出来事といえば、芥川龍之介の「羅生門」が発表された年です。うん、まったくピンときません(笑)

話はずれましたが店名の「Crème de la Crème」を直訳すると「クリームの中のクリーム」という意味みたいです。烏丸丸太町という立地にありながら、駐車場完備なのでとてもうれしいです。1階はショップ、2階がカフェスペースになっています。1階のショップについては後日記事にしたいと思います。
 (3097)

おしゃれな外観で、ビル一棟まるごと「クレームデラクレーム」のお店になっています。

さっそく【こだわりのシュークリーム】を!

 (3099)

定番のオリジナルカスタードシュークリームです。まろやかなクリームにはブラックコーヒーがよくあいます。
 (3100)

見てください、このクリームがびっしり詰まった断面を!バニラの香りがまた上品です。ペロっと食べてしまいました(笑)
 (3101)

こちらは、京都らしい抹茶シュークリームです。少し苦味のある抹茶にはカフェオレがよくあいます。
 (3102)

濃厚な抹茶クリームです、写真だけでその濃厚さが伝わりますね。お茶を食べてる感じでした、まさに和スイーツです。こんな濃厚な抹茶クリームははじめてかも(。TωT)/゚

美味しいスイーツは【開放的】なモダンスペースで

 (3104)

階段正面の商品棚よりお好みのスイーツをお取りなったあと、こちらのカウンターでドリンクの注文し会計をしてください。
 (3105)

みんなでワイワイできるテーブル席、一人でのんびりもできるカウンター席もあります。椅子もモダンな色使いでオシャレです。天窓から光が入り明るく、開放的な店内です。
 (3106)

ぼくのお気に入りは、中2階(?)3階(?)のソファー席です。ゆったりソファーで美味しいスイーツが頂けます。
ラーメンなどコッテリなものが好きなぼくですが、シュークリームも大好きでございます(笑) そんなぼくにとってシュークリーム専門店とはまさに夢のような場所です(笑) 駐車場やカフェスペースもあるので、すごい重宝するお店です。近くに京都マンガミュージアムもあるので、帰りにいいかもしれませんね! 最近は六本木ヒルズにも出店され、ますます人気に! カフェでのんびりもいいですが、お土産にもどうぞ!!

クレームデラクレームへの口コミ

基本情報

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【注目スポット】京都が誇るお香の老舗『松栄堂』の無料香り体験スペース誕生☆「薫習館(くんじゅうかん)」

【注目スポット】京都が誇るお香の老舗『松栄堂』の無料香り体験スペース誕生☆「薫習館(くんじゅうかん)」

おおきに~豆はなどす☆今回は昨年7月にオープンした今話題の注目スポット。京都を代表するお香の老舗『松栄堂』の香体験スペース。お香入門として気軽に楽しめるスポット。
烏丸丸太町近くの万能和食レストラン*後のせサクサクカツカレー「おおたや 夷川店」

烏丸丸太町近くの万能和食レストラン*後のせサクサクカツカレー「おおたや 夷川店」

夷川通りにある老舗お食事処。風格ある店構えに一見入りにくい様相ですが、中はしっとり落ち着けます。
【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

冬になったら必ずまた来ようと狙ってました(笑)地下鉄烏丸御池駅から西へ。西洞院にある、江戸時代創業の宇治茶の老舗の茶房。冬季限定の抹茶ぜんざいをいただきました。
【京都喫茶店めぐり】創業300年の老舗で本物を味わう!新年は縁起物の抹茶で☆一保堂茶舗「嘉木(かぼく)」

【京都喫茶店めぐり】創業300年の老舗で本物を味わう!新年は縁起物の抹茶で☆一保堂茶舗「嘉木(かぼく)」

おおきに~豆はなどす☆創業300年余の歴史ある、寺町二条上がったところにある老舗茶舗。その店舗内にある喫茶、茶寮。老舗の味を季節の和菓子と共に手軽に味わえる落ち着いたスペース。新年にふさわしい縁起物のお抹茶をいただきました。
京都カフェ|『幻想と現実』時が止まる癒しのひとり時間*月と六ペンス【御所南】

京都カフェ|『幻想と現実』時が止まる癒しのひとり時間*月と六ペンス【御所南】

ここには最高の無がある。トーストを囓り、ハンドドリップコーヒーで舌鼓。孤独を愛おしく思える一部屋の魔法。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン