2018年12月11日 更新

濃厚な抹茶パフェに悶絶!宇治茶カフェ「大谷園茶舗」【京都カフェ】

東福寺エリア、地域色の強い商店街にある老舗茶寮。茶審査技術五段の三代店主こだわりのお茶がつむぎだす、くつろぎの空間で出会ったハイクオリティかつボリューム満点の傑作パフェ。

麗しき古都の恋パフェ

 (115088)

東福寺や三十三間堂ほど近い、沢山の小売店が立ち並ぶ今熊野商店街一角にある茶審査技術五段の三代店主が営むこだわりの宇治茶専門店「大谷園茶舗 (おおたにえんちゃほ)」
 (115126)

お店は小売が左、右はカフェとなり入り口はそれぞれセパレート。
外からも見える、若草色の椅子がほっこり茶の間を演出しています。

物販スペースも魅力的

 (115124)

所狭しと並べられたお茶やお茶関連のグッズ。
そしてチョコレートなど、抹茶を使用した洋菓子やソフトクリームなどお茶のテーマパーク。
 (115108)

オリジナルコスメなど女性が思わず購買意欲をかきたてるアイテムもあり。
 (115114)

物販スペースの隣に設けられたオープンな雰囲気のカフェスペース。
お席はテーブル四卓をいい感じにレイアウト。
淡い木色と上品な色使い、飾り立てすぎないシンプルモダンな和空間に自然と安らぎの世界へシフトしていきます。
 (115107)

お客様は地元のご婦人や観光客など、買い物帰りの足休めにも最適です。
大通りの人の流れを感じつつまったり。
ウエルカムティー

ウエルカムティー

座るやいなやスマートに温かなお茶をサービス。
まろやかな味わいにこころも体もほっこり。

抹茶メニューが目白押し

抹茶に特化したドリンク

抹茶に特化したドリンク

抹茶に特化したアレンジドリンクも多数。
パフェ、ソフトクリームメニュー

パフェ、ソフトクリームメニュー

こちらの名物抹茶ソフトを使用したスイーツがズラリ。

虜になる、魔性のパフェ

古都の恋心パフェ ¥880

古都の恋心パフェ ¥880

中は上から自家製ソフトクリーム、ミルクゼリー、抹茶寒天、手作りの抹茶カステラ、自家製わらび餅、抹茶生チョコ 古都の恋心をアクセントに飾った特製パフェ。
まずはハート型のサブレにシルバーのカラースプレーを散らしたラブリーエレガントなルックス。
 (115120)

濃厚極まりない滑らかなミルキーソフトクリーム、
もっちりした白玉、おおきな栗の甘煮、
ふっくらした小豆、そして抹茶の生チョコのキューブが2つ。
真ん中にはスクエア型の抹茶カステラ、透明に透き通るとろっとろのわらび餅。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都抹茶パフェ巡り|圧倒的存在感、噂に違わぬ特選パフェ*都路里【祇園四条】

京都抹茶パフェ巡り|圧倒的存在感、噂に違わぬ特選パフェ*都路里【祇園四条】

京都市民は絶対並ばないという都市伝説までひろがる、京都でナンバーワンの知名度を誇る人気甘味処「茶寮 都路里」京スイーツの金字塔、特選抹茶パフェをレッツサーチ。
【京都秋パフェ】上から下まで栗づくし*秋に恋しい黄金比パフェ*茶房こいし【祇園】

【京都秋パフェ】上から下まで栗づくし*秋に恋しい黄金比パフェ*茶房こいし【祇園】

四条通りにある言わずと知れた人気茶寮「茶房こいし」。秋に恋しくなる定番栗を使った秋限定パフェ。紅葉のお供にいただきたいはんなりほっこりスイーツです。
【京都国立博物館内】開館120周年記念メニューも!明治と平成の名建築!!老舗カフェでレーコーを◎「からふね屋珈琲店」【東山七条】

【京都国立博物館内】開館120周年記念メニューも!明治と平成の名建築!!老舗カフェでレーコーを◎「からふね屋珈琲店」【東山七条】

あえて関西なんで、アイスコーヒーを「レーコー」と呼んでみました(笑)京都ではわりと老舗カフェ。市内に何店舗かある中、こちらは絶好のロケーション。京都国立博物館にあります。
【祇園カフェ】きなこアイスを使った名物パフェ☆祇園 きなな 本店

【祇園カフェ】きなこアイスを使った名物パフェ☆祇園 きなな 本店

京都のパフェ界で揺るぎない人気を誇るきななのパフェ達。人気ナンバー1のきななハポンはきなこという素材の奥深さを堪能しつつ、素晴らしき和スイーツの斬新な味覚のカーニバルを楽しめます。
祇園のランドマーク『レストラン菊水』でクリアなホワイトクリームソーダを【祇園】

祇園のランドマーク『レストラン菊水』でクリアなホワイトクリームソーダを【祇園】

雑誌で特集が組まれるなど今空前のブームのクリームソーダ事情。そして今流行りの透明色のドリンク。クリームソーダ、クリア今年のトレンドを二つも盛り込んだメロンが定番のクリームソーダですが専門店も現れるほど今や多種多彩。透明感のある無色のホワイトクリームソーダで原点回帰。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen