2019年4月19日 更新

【京都カフェめぐり】京都国立博物館内にある老舗コーヒー店!眺望もいい絶好のロケーション☆「前田珈琲」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京都国立博物館内にあるカフェ。京都の中でも老舗珈琲専門店として有名な前田珈琲の支店

展覧会や観光途中の休憩スポット

 (150284)

京都国立博物館入り口横。
シックなエントランスのカフェ。以前こちらは他の老舗カフェが入居していましたが、いつの間にか別の系列のカフェに変わっていました(笑)

 (150285)

昨年の2月からオープン。
1971年創業の京都では古めの珈琲店。二条城の清流園内や高台寺など、わりと好立地にお店がある印象です。こちら京博店もそうですが。
 (150287)

内装はほぼほぼ以前あった『からふね屋珈琲』の居抜きのような印象。なので、最初店が変わってるってことすら気づきませんでした(汗)

店内はぐるりとガラス張り。そして、博物館がパノラマに見える店内。
 (150286)

テラス席ももちろん、前と同じ状態であります。
 (150289)

今回はアイスコーヒーを注文。
ドリンク類いろいろと。他軽食メニューも充実。カレーやパスタ、サンドイッチ類もあり、京博限定メニューもいくつかあります。
 (150288)

そして、現在開催中の特別展にあわせたメニューも。
自家製プリンが美味しそうで注文しようかと思いましたが、残念ながら品切れでした。人気メニューみたいです。
 (150290)

ほどなくしてアイスコーヒー(450円)が登場。
前田珈琲自慢のアイスコーヒー。良質のコーヒー豆はブラジルやコロンビアなど、しっかりアイス用に焙煎されたもの。

なので、その苦みと風味がとても力強い印象のアイスコーヒー。
 (150291)

コースター。
今回はアイスコーヒーなのでグラスに入ってますが、ブレンドコーヒーだと、この前田珈琲のロゴの入ったカップ&ソーサーを使用。
 (150292)

途中味変もしながらゆったりといただきました。

わりと店内には外国人観光客の利用も多く、ふらっと観光の途中に立ち寄るにはとても最適な立地。博物館を見渡せる眺望も素晴らしいし。開放的空間でいただくコーヒーもまた格別。気軽に立ち寄れる雰囲気もいいですね。

前田珈琲 へのツイート

詳細情報

住所:京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館内
電話番号:075-533-6262
営業時間:9:15~17:00
定休日:月曜日(※月曜日が祝日・休日となる場合は営業し、翌火曜日休業)
公式サイト:https://www.maedacoffee.com/shopinfo/kyohaku/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都カフェめぐり】創業140年の老舗書店『丸善』コラボ!期間限定レモンスイーツも☆「マルゼンカフェ」

【京都カフェめぐり】創業140年の老舗書店『丸善』コラボ!期間限定レモンスイーツも☆「マルゼンカフェ」

おおきに~豆はなどす☆今回は河原町三条下がった京都BAL地下階にある老舗書店・丸善とのコラボカフェ。中でも、丸善京都本店とゆかりある作家のモチーフ、レモンを使ったスイーツも人気。
祇園でほっこりコーヒー時間★おおたや珈琲館【祇園カフェ】

祇園でほっこりコーヒー時間★おおたや珈琲館【祇園カフェ】

四条通りに控えめに佇む純喫茶。こだわりのコーヒーと自家製スイーツをお供に祇園の喧騒から逃れ、静謐な和みの時間を与えてくてます。
京都観光の中心地で風光明媚な正統派モーニング「前田珈琲 」【高台寺】

京都観光の中心地で風光明媚な正統派モーニング「前田珈琲 」【高台寺】

八坂の塔を背景に広がる町家を用いた前田珈琲店。普段使いできる、フレキシブルな空気感、キリッと澄み渡る空気と香り高い珈琲でエネルギーチャージ。
京都ならではの厳選抹茶スイーツ!とろける口どけ、絶品レアチーズケーキ ★天(テン)【清水五条】

京都ならではの厳選抹茶スイーツ!とろける口どけ、絶品レアチーズケーキ ★天(テン)【清水五条】

世界遺産 清水寺界隈の人気スイーツ、ごまの香ばしさをプラスした絶品レアチーズケーキ。イートインだからこそ味わえるこだわりのコーヒーとのマリアージュが楽しめます。
【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

おおきに〜豆はなどす☆恐らく全国的に知られている京都で一番知名度の高い老舗珈琲専門店。創業1940年。昔スタイルのコーヒー『アラビアの真珠』は今も地元年配客に絶大な人気でイノダの看板コーヒー。今回はスイーツを求め、行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers