2018年5月24日 更新

レトロなパン屋「樋口金松堂」で京都の日常に溶け込む

樋口金松堂は昭和7年創業のパン屋さん。西本願寺のほど近く、嶋原商店街の入り口近くにそのお店はあります。レトロな雰囲気漂う店内でいただく素朴なパンは味わい深いですよ。

日常に溶け込むパン屋

 (124536)

樋口金松堂は昭和7年創業のパン屋さん。西本願寺のほど近く、嶋原商店街の入り口近くにそのお店はあります。
 (124541)

お店に並ぶ素朴なパンたち。イートインもできるということで、ハムクロワッサンとあんぱんを手にとり、ホットコーヒーを頼んでお店の奥へ。店内にはピアノのクラシックが流れています。
 (124540)

ほとんど手ぶらでやってくる若いお兄ちゃん、自転車をサッと止めてサッとパンを手に取りサッとお金を払い去っていく男子高校生。お店の目の前にとまる市バス。お店のドアの向こうに広がるのは、京都の日常でした。

それをぼんやり眺めながらコーヒーをすすると、京都の一部になったようで心がぽっとあたたかくなりますよ。

素朴でおいしい手づくりパン

 (124545)

樋口金松堂のパンはどれも素朴で美味しいんです。

こちらはハムクロワッサン。
サクサクの生地に、タマゴサラダがよく合います。香ばしくて美味しい~。もちろんサラダはお店で手づくりされています。
 (124548)

あんぱんはあんこたっぷり。これで119円ってすごいですよね。地元パンの良さを改めて実感する一品ですよ。

樋口金松堂 クチコミでの評判

樋口金松堂 店舗情報

店名:樋口金松堂
電話:075-351-1034
住所:京都市下京区大宮通り丹波口下る大宮一丁目562番地
営業時間:月~土 am 7:00~pm 7:00
     日、祝  am 7:00~pm 6:00
定休日:第二、第四日曜日
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子