2016年3月18日 更新

世界が羨む美しい清水の舞台。幻想的すぎる「清水寺 夜間特別拝観」【東山花灯路】【ライトアップ】

現在開催中の「清水寺 夜間特別拝観」に行ってきましたので、その様子を紹介しちゃいます!

「清水寺 夜間特別拝観」は21日までですが、3月26日~4月10日にも開催予定です。
2016年の特別拝観スケジュールは、一番下の概要をご確認くださいm(_ _)m

拝観料は400円と比較的安めなのがうれしいです!(^^)!

「東山花灯路」自体は3月21日までなので気になっている方は急いでくださいね!

幻想的すぎる清水寺

 (23726)

清水寺の玄関口の仁王門です!!
舞台と並んで清水寺の象徴ですね!実は、応仁の乱で一度焼失しましたが、15世紀末に再建されました。
そののち2003年に解体修理されました。
 (23727)

西門をメインに鐘楼、三重塔です。
西門へのと続く階段にライトが設置されてなんだか幻想的です。。

舞台の裏あたりから、空にむけて照らされていて、三重塔の後ろにみえる光はそれです!
 (23744)

絢爛豪華な三重塔、キレイですね。こちらは847年に創建され、1632年に再建。
歴史がありすぎて、なんだかもぉって感じです(笑)

「清水の舞台」から京都を

 (23745)

まずは本堂へお参りを。広い堂内には多くの仏像もあり見ごたえ抜群です!

舞台からの眺めです。京都市内が一望できます。

右側奥に見えるのがご存知、京都タワーです。結構ハッキリみえますよ( *´艸`)
 (23730)

奥の院の手前にある階段。ライトアップされていて、こちらもきれい。
ただ、みなさん奥の院へ進むので、だれも歩いていません(笑)

世界中が羨む美しさ

 (23728)

奥の院へ続く通路からの眺めです。
清水寺の写真と言えば、この眺めですね!

世界的に人気の展望スポットなのも納得の美しさです。

ライトアップされた木々が金色のようでとっても幻想的です!!
また光の筋が、なんだか流れ星みたいでうっとりしちゃいます( *´艸`)

ここで長い間、清水の舞台を眺めていました。。
 (23731)

清水の舞台を下から。
舞台はどこから眺めても幻想的で美しいです!

高さは約12メートル、ビル4階くらいの高さです。
 (23732)

 (23733)

子安塔をバックに。
少し見づらいのですが、水鏡には木々だけじゃなく子安塔も映っています。
水鏡って、ほんとうに神秘的で幻想的。。

明るい時間とはまた違った姿が楽しめる、清水寺の夜。
一度は絶対に行って欲しい観光スポットです。
できることなら、オールシーズンの特別拝観に行ってほしいくらいオススメです(笑)

ぜひ!

清水寺の感想

清水寺 施設概要

名称:音羽山 清水寺
住所:京都市東山区清水1丁目294
拝観時間:6:00~18:00 ※季節変動あり
夜の特別拝観(2016年):
・3/12~21(東山花灯路)
・3/26~4/10(春の夜間特別拝観)
・8/14~16(千日詣り・夏の夜間特別拝観)
・11/12~12/4(秋の夜間特別拝観)
公式HP: http://www.kiyomizudera.or.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミート姫 ミート姫