2016年6月1日 更新

河原町七条*こじんまりが落ち着く!女子にやさしいゲストハウス「しづや KYOTO」【開店】

今話題の河原町七条に、元旅館をリノベーションしたゲストハウスがオープン。女性限定の母屋やグループ使いが楽しい離れなどからなる「しづや KYOTO」をご紹介いたします。

「asipai+HIBI COFFEE」の奥に・・

 (36593)

 (36592)

河原町七条、先日ご紹介した「asipai+HIBI COFFEE」http://kyotopi.jp/articles/G2b94
こちらカフェ以外にも「しづや KYOTO」というゲストハウスが併設されています。
 (36601)

しづやは母屋と離れと2棟からなっており、母屋はasipai+HIBI COFFEEの更に奥でどんつきにあります。

4/21オープン。元々旅館だった建物をイノベーションされたそう。
こじんまりした広さでフロント、ロビー周りも広くはありませんが、真新しいウッディな空間にほっこり。
全巻共通してアロマのいい香りにも癒やされます。

ミニマムでリーズナブルなドミトリーがメイン

女性専用母屋、男女共用の離れともドミトリーがメイン。

母屋1階はプライベートカーテンで仕切られた2段式寝室(平日3,300円〜)、2階にはシングル(平日4,000円〜)とセミダブル(平日4,500円〜)の個室があります。

離れは2段ベッドが置かれた2人用個個室(平日6,600円〜)、男女混合4人ドミトリー(平日2,800円〜)、和室(平日11,100円〜)、ツイン(平日11,000円〜)の各タイプがあってグループ利用にピッタリ。
 (36607)

 (36608)

こちらは母屋の2階。
梁を残して後は全て取り払い、板張りの簡素でミニマムな造りではありますが個室を新設。
シングル仕様の「隠れ家個室」はハシゴで登る中二階に寝室スペースがあるタイプと、床と同じ高さに寝室スペースがあるタイプがあります(画像はハシゴタイプ)。
 (36611)

 (36612)

 (36613)

スーツケースを広げたらいっぱいになるほどの広さですが、小さいながらもデスクやクローゼットがあり、荷物の整理や多少の作業は可能。
そして寝室スペースには、寝心地バツグンと評判のいい「高岡屋」のマットレスを用意。
広さは案外ゆったりで、端に荷物を置いても大丈夫なぐらい。
コンセントも2つ据え付けられているので、スマホやPCの充電などが枕元で行えて便利。
お籠りな感じで、案外落ち着けていい感じです。

2階には他に「セミダブル小」と「セミダブル大」の部屋があります。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

河原町七条*上半期最大のカフェネタ!?開化堂が手掛ける「Kaikado cafe」がオシャレすぎる【プレオープン】

河原町七条*上半期最大のカフェネタ!?開化堂が手掛ける「Kaikado cafe」がオシャレすぎる【プレオープン】

開化堂といえば、銅製の茶筒が有名な明治八年創業の老舗。その開化堂がカフェをオープンという事で、Instagramを中心に話題沸騰。5/21のグランドオープンに先立ちプレオープンされているのでお邪魔してきました。
【新店】4月7日京都駅構内にオープン!おたべ監修の新たな京都土産「京都ブラックサンダー」

【新店】4月7日京都駅構内にオープン!おたべ監修の新たな京都土産「京都ブラックサンダー」

おおきに~豆はなどす☆今回は開店ほやほや。京都駅コトチカに4月7日オープンしたブラックサンダー専門店。京都銘菓おたべ監修の京都らしい抹茶仕立てのブラックサンダーを販売。
京都で人気のお手軽イタリアン|新店の「ダニエルズ モンド」が京都駅近くにオープン

京都で人気のお手軽イタリアン|新店の「ダニエルズ モンド」が京都駅近くにオープン

京都市内に気軽なイタリアン店を出されているダニエルズグループの新店、京都駅近くの「ダニエルズ モンド」なり。
大阪の人気ラーメン店が京都に初出店「彩色ラーメンきんせい」【開店】

大阪の人気ラーメン店が京都に初出店「彩色ラーメンきんせい」【開店】

大阪の高槻市に拠点を複数店舗を展開する人気ラーメン店「彩色ラーメンきんせい」が京都駅直結の京都拉麺小路に初出店。完成度の高いラーメンをさっそく頂いてきました。
【京都ランチめぐり】3月オープン!京都駅地下街の有名カレーうどん専門店!雨の日も安心移動☆「味味香」

【京都ランチめぐり】3月オープン!京都駅地下街の有名カレーうどん専門店!雨の日も安心移動☆「味味香」

3月リニューアルオープンを果たした京都駅前地下街ポルタ。それに合わせて初出店。地元ではおなじみのカレーうどん専門店。これからの季節にふさわしい夏期限定メニューの冷たいカレーうどんも人気。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス