2022年6月17日 更新

【新店】京都駅地下街ポルタ3月オープン☆ランチ&チョイ飲み寿司店「ニューすしセンター」

おおきに~豆はなどす☆今回は3月にリニューアルを果たした京都駅地下街ポルタの西エリア飲食店街。その中にオープンしたニューフェイス。大阪で人気の寿司居酒屋が京都に上陸。

京都駅地下街ポルタに新しくオープンした注目の寿司居酒屋

 (224938)

下京区、京都駅地下街ポルタ。しばらくの改修工事を経て、3月リニューアルオープンを果たしたポルタダイニング。
 (224939)

西エリアの飲食店ゾーンには以前からあったお店に加え新店も入居し、オープンしてから何度か通りすがりにチェックしていましたが、どのお店も大盛況でその注目度の高さがうかがえます。

昭和32年創業の焼き鳥店、京都発祥の人気もんじゃ焼き店、大阪の有名ラーメン店、今若者に人気の韓国居酒屋、クラフトビール店などなど、地下街ポルタに新たな風を吹き込むような、魅力的なフードが加わっています。
 (224940)

で、そんな中でも注目したのがこちら。
大阪・心斎橋や西九条にある人気の寿司居酒屋の姉妹店「ニューすしセンター」。ランチや寿司はもちろん、昼間からチョイ呑みできる居酒屋仕様のお店のようで、気になっていました。
 (224941)

そして、こんなランチメニューがあります。お手軽な数量限定の鮮魚の生ちらしや日替わり刺身、エビフライの付いた魚屋定食など。ちょっと試しに食べてみようかな、と思えるような比較的割安な設定。
 (224942)

店内入ってすぐの場所はカウンター席があり、鮮魚の入ったショウケース。そして、この日のオススメメニューが提示されています。
 (224943)

で、意外と奥に客室が広がっていて、テーブル席スペースになっています。今回はこちらへ。
 (224944)

お目当てはこちら。
今回は鮮魚の生ちらし890円をチョイス。その日扱う寿司ネタの端材がちらしの具材になっている様子。なので、その日によっても多少変わる楽しみもあるのかもしれません。寿司飯は大中小と選べ、今回は中で。

定食も大海老のエビフライやお刺身が付いたボリューミーランチのようで、こちらも人気みたいです。
 (224946)

それ以外の単品メニューも昼からでも注文できる様子。
 (224945)

 (224947)

そそるPOPが並びます。
 (224948)

 (224962)

 (224949)

さらに呑兵衛大歓喜のお手軽な地酒やアテなど。個人的にはカルダモンソーダが気になりました。これは仕事帰りについフラッと立ち寄ってしまうトラップぞろい(笑)
 (224950)

メニュー多すぎてチョイスに迷ったら参考にしたい、お店のベストメニュー。
 (224951)

若干、謎な名言もあります(爆)
 (224952)

で、こちらが鮮魚の生ちらし。鮮魚と寿司飯、海苔がそれぞれ別盛りになっています。自分でカスタマイズするタイプの生ちらしのようです。
 (224953)

鮮魚は何種類くらいあったかわかりませんが、確認できた魚種としては、マグロ、ネギトロ、エビ、しめ鯖、ハマチ、いくら、玉子、たくわん、芽葱、木の芽、甘酢生姜、ワサビなど。
 (224954)

海苔は手巻き寿司にもできる1/2枚。
 (224955)

そして、赤だし仕立てのお味噌汁がついています。
 (224956)

海苔は手巻きにせず、最初からちぎって寿司飯の上に。
 (224957)

そして、ネタたちを寿司飯の上に移動。
 (224959)

卓上には醤油とポン酢など配置されていて、お好みで。
 (224958)

最初一つ一つのネタをお刺身感覚で。いいマグロでした。
 (224960)

で、あとはわさび醤油を上から回しかけて、ワシワシと。いろんな味が楽しめるのが醍醐味ですね。どれも一口大のネタなので、寿司飯との絡みもよく、モリモリ食べられるちらし。今回はご飯中盛りにしましたが、大でもよかったかな、と(笑)まぁ、これプラス単品メニューでもよかったかもしれません。

通し営業で、寿司はもちろんお酒やアテも充実。時間を選ばずフラッと立ち寄れる立地も魅力的。また何かの機会に、今度はチョイ呑みで訪れたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:ニューすしセンター
場所:京都市下京区烏丸通東塩小路下ル東塩小路町902 京都駅前地下街ポルタダイニング
電話:075-708-8476
営業時間:11:00~22:00( L.O21:00)
定休日:不定休
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事