2021年7月16日 更新

【新店】京都駅前オープン!祇園の行列店『八代目儀兵衛』新業態「玄米京都ぎへえ」

おおきに~豆はなどす☆今回は下京区、京都駅前地下街ポルタに7月15日にグランドオープンしたテイクアウト専門店街『ポルタキッチン』。その中の行列店としておなじみの『八代目儀兵衛』手がける玄米いなり寿司店。

米の老舗『八代目儀兵衛』の新業態☆玄米おいなりさん専門店

 (209440)

下京区、京都駅前地下街ポルタの東エリア。そこに7月15日にグランドオープンしたテイクアウト特化型の店舗が並ぶ商業エリア『ポルタキッチン』。

個性あふれる10店が集結し、普段使いにもピッタリな食品を取り扱う。立地的にも地下鉄改札口出てスグの場所でもあり、観光客にはもちろんのこと、買い物途中や仕事帰りの地元民にとっても利便性よし。
 (209441)

その中にある、米穀卸の老舗『八代目儀兵衛』がプロデュースする玄米いなりずし専門店『玄米京都ぎへえ』。
 (209444)

 (209445)

八代目儀兵衛といえば、祇園八坂神社前の土鍋炊きご飯を提供する料亭で知られ、常に行列をつくる人気店。
 (209447)

炊き立ての艶やかな銀シャリを美味しく食べられる料理とともに提供。
 (209442)

で、そんな人気店が手掛ける注目の玄米いなりずし。新食感の玄米「金のいぶき」で姫サイズに仕上げた『ひめいなり』。見た目にも可愛く、女子好きしそうなおいなりさん。
 (209448)

 (209449)

 (209450)

で、この玄米「金のいぶき」は、京都とんかつの名店『かつくら』銀閣寺店でも以前食べたことがあり、その美味しさは体験済。八代目儀兵衛主催「お米コンテスト」で最優秀賞を受賞した滋賀県若井農園のもの。

白米と比較して、ビタミンE、食物繊維、GABAの含有量が数倍にも優れ、美容と健康にもいい玄米いなり寿司。
 (209411)

 (209412)

味のバリエーションは6種類。ばら売りでも購入できますが、全種類が楽しめる8個入り詰め合わせ1000円があり、今回はこれを購入。

 (209413)

味は、ごま、しば漬け、わさび、おじゃこ、ゆず、牛しぐれの全6種類。それぞれ、京都ゆかりだったり、国産の食材を使用。
 (209414)

一つ一つがこのように個包装され、さらに小さな品名シールが貼れています。大量買いして皆で分けるのにも衛生的。
 (209415)

テイクアウトして自宅で食べてみることに。包装フィルムを外して盛りつけてみました。長さ5cm径2cm程度の可愛いサイズ。大体2口くらいのサイズ。

お皿に盛らずとも、フィルムごと手で持って衛生的にも食べられます。
 (209416)

こちらはわさび。茎わさびが入っていて、そのフレッシュな風味が抜群に上品。そして、玄米のプチプチとした食感。お米一つ一つの粒だった食感が楽しめます。これ、オススメ味。
 (209419)

こちらはゆず。ゆず皮がわりとしっかりと入っていて、メリハリのある味わい。
 (209420)

ごま。これもオススメ。
萩の塩ごまに炒りごまの香ばしさをブレンド。さらに玄米のプチプチ感と相まって、非常に面白い食感の違いを楽しめるとともに、炒りごまの風味が上質。
 (209421)

しば漬け。ファンも多い京都の名店ニシダやさんのしば漬けをたっぷり。さわやかな酸味。

全種類どれも味の違いが明確で、食べ比べが楽しく、そしてどれもクオリティー高い美味しさ。ベースとなる玄米が美味しい、ということに尽きるんですかね。個人的推しはわさび、ごま、牛しぐれ。いや、どれも捨てがたい!このサイズだとお腹いっぱいになるかな、と思ったりもしますが、玄米をよく噛みしめて食べるので意外と満腹になります(笑)そして、何より健康効果も期待でき、ダイエット中の方も罪悪感なく食べられる玄米いなり寿司(笑)オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:玄米京都ぎへえ
場所:京都市下京区東塩小路町902番地 烏丸通塩小路下る(京都駅地下街ポルタ東エリア)
電話:075‐365-8181
営業時間:10:00~20:00
定休日:ポルタに準ずる
公式サイト:https://hachidaime.com/business/himeinari/
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事