2016年5月11日 更新

河原町七条*上半期最大のカフェネタ!?開化堂が手掛ける「Kaikado cafe」がオシャレすぎる【プレオープン】

開化堂といえば、銅製の茶筒が有名な明治八年創業の老舗。その開化堂がカフェをオープンという事で、Instagramを中心に話題沸騰。5/21のグランドオープンに先立ちプレオープンされているのでお邪魔してきました。

カフェ不毛地帯・河原町七条に大注目カフェができました!

 (33253)

七条河原町のバス停前、京都駅へも徒歩で行けるこの立地に、オシャレなカフェがオープンします。
まだプレオープン中にもかかわらず、Instagramを中心に話題沸騰、食べログにも早々にアップされていて大注目されています。
なぜそんなに注目されているのか…それはこのカフェはよくあるそこらのオシャレカフェと違い、明治八年創業の老舗・銅製の茶筒で有名な「開化堂」が手掛けるという事で大きな話題になっています。
 (32926)

 (32929)

 (32927)

 (32928)

東京にでもありそうなシンプルですっきりデザインがオシャレなこちら。
中はハイセンスですが外観は古い…?
実はこちら、昭和2年に建てられた京都市電の施設。
市電が断線した際の架線詰所として使われていた建物だそうで、1階部分は車庫、2階部分は事務所として使われていたそうです。
昭和47年の廃線後は倉庫等に利用されていたそうですが特に活用はされず、窓やドア、屋根等、当時のまま残されているとか。
この貴重な建物を、京都市が「資産有効活用市民等提案制度」で活用案を求めて公募を募ったところ、採用されたのがこの「Kaikado cafe」なんだそうです。

耐震補強を施し、内装はデンマークのOeO、実施設計は楊梅が手がけ、洋風だけど今の京都らしいものに仕上げたとの事。

開放的な空間に主力商品が美しくディスプレイ

 (32942)

 (32945)

 (32949)

入店してみてびっくり。
レジカウンターの後ろにずらりと並ぶコーヒー缶のビジュアルに圧巻。
ボットなども洗練されていてとてもオシャレです。
キャッシュオンスタイルで、先にカウンターで注文をします。

天井が高く開放的で、河原町通りに面している窓からは光が降り注ぎとても明るい。
席間もゆったりしていて、とてもオシャレで居心地がいいです。

レジ前とキッチン前にはカウンター席があり、おひとりさまならカウンター席で優雅にカフェタイムも良さそう。
 (32983)

 (32977)

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オープン前から話題沸騰!!レトロとモダンがミックスしたスタイリッシュなカフェ♪「Kaikado Cafe(カイカドウカフェ)」

オープン前から話題沸騰!!レトロとモダンがミックスしたスタイリッシュなカフェ♪「Kaikado Cafe(カイカドウカフェ)」

河原町七条を上がったところに5月21日オープンした今、話題のカフェ Kaikado Cafeに行ってまいりました。
京都駅西*注目コーヒーショップ「Kurasu」オープン!京都から全国へ良きコーヒーを発信【開店】

京都駅西*注目コーヒーショップ「Kurasu」オープン!京都から全国へ良きコーヒーを発信【開店】

京都駅西にまたまた素敵コーヒーショップオープン!スタンド形式でおいしいスペシャリティコーヒーがいただけるだけでなく、コーヒー器具のショールームとしても機能していて、じっくりコーヒーに向き合う事ができますよ。
大阪の人気ラーメン店が京都に初出店「彩色ラーメンきんせい」【開店】

大阪の人気ラーメン店が京都に初出店「彩色ラーメンきんせい」【開店】

大阪の高槻市に拠点を複数店舗を展開する人気ラーメン店「彩色ラーメンきんせい」が京都駅直結の京都拉麺小路に初出店。完成度の高いラーメンをさっそく頂いてきました。
【京都ランチめぐり】3月オープン!京都駅地下街の有名カレーうどん専門店!雨の日も安心移動☆「味味香」

【京都ランチめぐり】3月オープン!京都駅地下街の有名カレーうどん専門店!雨の日も安心移動☆「味味香」

3月リニューアルオープンを果たした京都駅前地下街ポルタ。それに合わせて初出店。地元ではおなじみのカレーうどん専門店。これからの季節にふさわしい夏期限定メニューの冷たいカレーうどんも人気。
【新店】リニューアル京都駅前地下街ポルタに3月オープン!宮崎郷土料理とお酒を気軽に☆「宮崎酒場ゑびす」

【新店】リニューアル京都駅前地下街ポルタに3月オープン!宮崎郷土料理とお酒を気軽に☆「宮崎酒場ゑびす」

3月リニューアルオープンを果たした京都駅前地下街ポルタ。それに合わせて初出店の宮崎の郷土料理とお酒を気軽に楽しめる居酒屋がオープン。サク呑みしてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス