2021年5月28日 更新

きれいな半月形をしている『寛永堂』の「宮乃月」は上品な美味しさ

和三盆や抹茶のクリームが挟まったおせんべいは、見た目通り上品な味。豊かな気持ちにしてくれます。

『京都三条菓子司 寛永堂』とは?

 (205015)

1630年に創業。上質な素材や美味しさを追求された老舗の菓子司です。飾り気がありませんが、それがまたいい。体に優しい素材で心まで満たしてくれます。
本店の2階には茶寮が設けられているので、買い物以外も楽しめます。落ち着いているので、疲れた時やゆっくりしたい時におすすめです。

名物の「宮乃月」

 (205017)

名前も見た目もきれいな「宮乃月」。半月形のおせんべいはパリッとしていて、甘みがあります。中にはそれぞれ和三盆と抹茶のクリームが入っていて、どちらも上品な味。程よい歯ごたえの生地とふんわりクリームとの相性抜群です。
 (205027)

クリームがたっぷり入っていて、どちらも甘さ控えめです。薄く見えますが大きめなので、これ1枚でも満足できます。

定番の和三盆

 (205022)

和三盆独特の優しくて繊細な甘みは、和三盆好きにはたまりません!クセがないので万人受けしそう。
 (205023)

京都といえば抹茶

 (205025)

中のクリームが抹茶味だと思っていましたが、生地も抹茶の抹茶づくし。しっかり抹茶独特の苦みも感じられるので、大人向けだと思います。
 (205026)

飾り気はありませんが、そこがまだ魅力だったりします。クリームを使っているので、あまりおせんべいという感じがしない不思議なお菓子でした。

詳細情報

 (205019)

名称:京都三条菓子司 寛永堂
住所:京都市中京区先斗町四条上ル柏屋町171-3
電話番号:075-229-6282
営業時間:9:00~21:00
定休日:無休
HP:https://www.kaneido.com/
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事

今注目の記事