2015年12月29日 更新

【歌舞伎入門】そろそろ始まります!京都四条南座「吉例顔見世興行」【イベント】【歌舞伎】

『歌舞伎』若い頃は歌舞伎なんてあまり興味なかったんですよね。京都ならではなのかもしれませんが、高校の頃美術鑑賞会で歌舞伎鑑賞がありました。

最初から最後まで爆睡でしたが(笑)まだ、歌舞伎の良さがわからない年頃。でも、今なら少しはわかります。衣装の派手さや艶やかさ。舞台美術の大胆さや斬新さ。臨場感たっぷりの長唄や出囃子の歌舞伎音楽。日本が誇る総合芸術ですね。と、ほとんど入門程度の知識ですが。
若い頃は歌舞伎なんてあまり興味なかったんですよね。
京都ならではなのかもしれませんが、高校の頃美術鑑賞会で歌舞伎鑑賞がありました。最初から最後まで爆睡でしたが(笑)まだ、歌舞伎の良さがわからない年頃。でも、今なら少しはわかります。衣装の派手さや艶やかさ。舞台美術の大胆さや斬新さ。臨場感たっぷりの長唄や出囃子の歌舞伎音楽。日本が誇る総合芸術ですね。と、ほとんど入門程度の知識ですが。

そんな中、もうまもなく始まりますね。11月30日からスタート。毎年恒例の「吉例顔見世興行」。歌舞伎界のオールスター戦みたな感じでしょうか。今回は過去の画像とともに、入門的南座風景をご紹介します。

この時期の風物詩「まねき上げ」

 (833)

ご存知この時期の南座。ずらりと「まねき」が掲げられています。今年も11月10日からまねき書きがスタート。京都市内の妙傳寺でお披露目があったそうな。このまねきの板は、長さ1間×幅1尺×厚さ1寸(約180センチ×約30センチ×約3センチ)と、近くで見れば意外と大きなもの。特徴的な“勘亭流”の書体は、字画の隙間を少なくして、劇場も隙間なく大入りになるようにと、縁起を担ぐ意味があるんだとか。もうまもなく今年のまねきが上がります。

観劇とともに、お楽しみの幕間弁当♪

 (836)

 (837)

そして、劇場内。花道近くだと、役者さんがよく見えますね。2、3階席もあり。総座席数1078席なんで、わりとこじんまりしたスペースで、3階席でもそこそこ役者さん見えます。オペラグラスあると最強ですね。
 (839)

 (840)

そして、個人的に楽しみにしているのが幕間の休憩時間の幕間弁当。南座内のレストランで飲食できたり、売店でも弁当売ってたりしますが、南座前のレストラン菊水で舞台が始まる前に注文するのがオススメ。幕間に入り口まで配達してくれて、出来立てホカホカのお弁当がいただけます。敢えて、洋食にするっていうのもいいですね。

歌舞伎公演の中でも、吉例顔見世興行はわりと演目盛りだくさんで長時間楽しめるのがうれしい。今年は四代目中村鴈治郎襲名披露記念行事もあり、さらに華やかさもあり。この機会にぜひ歌舞伎鑑賞いかがでしょうか。

京都四条南座への口コミ

名称
京都四条南座
住所
京都府京都市東山区四条大橋東詰
電話番号
関連URL
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都南座】新開場を徹底解剖!高麗屋三代襲名披露『吉例顔見世興行』に行ってきた☆

【京都南座】新開場を徹底解剖!高麗屋三代襲名披露『吉例顔見世興行』に行ってきた☆

耐震工事のため、長らく休場していた京都南座。11月から始まったの吉例顔見世興行は絶賛公演中。その様子を徹底解剖。
【京都南座】四条通は騒然!総勢70人の歌舞伎役者登場で興奮のルツボ☆「南座新開場祇園お練り」

【京都南座】四条通は騒然!総勢70人の歌舞伎役者登場で興奮のルツボ☆「南座新開場祇園お練り」

本日10月27日、京都南座新開場を祝い、総勢70人の歌舞伎役者が四条通を練り歩く『お練り』が執り行われました。それにあわせて、25日に早くも上がっている『まねき』や会場内の様子を合わせてご紹介します!
【京都祇園ランドマーク】やっと帰ってくる!新開場カウントダウンも始まった!!絶賛準備中「京都四条南座」

【京都祇園ランドマーク】やっと帰ってくる!新開場カウントダウンも始まった!!絶賛準備中「京都四条南座」

耐震工事のため、長らく休場していた京都南座。11月の吉例顔見世興行を皮切りに、生まれ変わった南座が登場。
【京都史跡めぐり】8月は初音ミク登場の歌舞伎発祥の地・京都南座!その対になる芝居小屋☆「北座跡」

【京都史跡めぐり】8月は初音ミク登場の歌舞伎発祥の地・京都南座!その対になる芝居小屋☆「北座跡」

おおきに~豆はなどす☆今回は歌舞伎発祥の地・京都南座の北側。かつて芝居小屋があり、明治時代まで存在した『北座』跡。
【京都師走の風物詩】毎年恒例東西合同歌舞伎の祭典!今年はレアなまねき風景!!ロームシアター京都☆「吉例顔見世興行」

【京都師走の風物詩】毎年恒例東西合同歌舞伎の祭典!今年はレアなまねき風景!!ロームシアター京都☆「吉例顔見世興行」

毎年恒例京都冬の風物詩・吉例顔見世興行。東西の歌舞伎役者が集結する言わば歌舞伎の祭典。そして、もう間もなく本番。通常南座で催されますが、今年もまだ耐震工事中のため、舞台を京都ロームシアターへ移して。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな