2018年11月18日 更新

【京都南座】新開場を徹底解剖!高麗屋三代襲名披露『吉例顔見世興行』に行ってきた☆

耐震工事のため、長らく休場していた京都南座。11月から始まったの吉例顔見世興行は絶賛公演中。その様子を徹底解剖。

連日大盛況の新開場・京都南座

 (138611)

四条通り。つい先月行われてた新開場祇園お練りで興奮のルツボと化した京都南座。11月から始まった『吉例顔見世興行』は連日超人気。そして、この日私も興行夜の部を観にやってきました。

 (138640)

ちょうど開場で入り口も混雑しています。
 (138613)

今の公演のまねき。12月公演のまねきはこの公演が終了する25日以降に上るそうです。
 (138614)

今回は高麗屋三代、二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の襲名披露も兼ねた公演。そのお家芸とも言える歌舞伎十八番『勧進帳』が大注目。私もこれが楽しみで来ました。
 (138615)

 (138616)

こんな風に演目の絵看板を見るのも面白いですね。新しく生まれ変わった南座ですが、芝居小屋を思わせる古風で華やかな雰囲気はそのままに。
 (138641)

会場に入る前に館内施設をチェック。
 (138642)

今公演へのご祝儀、花街関係の方だったり芸能関係者だったり料理屋さんだったり。いろいろな方から贈られていました。
 (138619)

公演自体、わりと長時間になるため、休憩時間に飲食する幕間のお弁当もまた歌舞伎鑑賞の醍醐味でもあるわけですが、売店でもいろいろ販売。

今回の新開場南座になって、老舗銘菓とらやさんが入居。そんなこともあり、レストランよねむらのお弁当と羊羹がセットになったものも。
 (138620)

もちろん、羊羹単体も販売。隈取をあしらった南座限定パッケージになっています。
 (138622)

 (138623)

 (138624)

他にも新開場記念のお菓子だったりお土産だったり。南座限定の商品がいろいろと並び人気。
 (138625)

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都祇園ランドマーク】やっと帰ってくる!新開場カウントダウンも始まった!!絶賛準備中「京都四条南座」

【京都祇園ランドマーク】やっと帰ってくる!新開場カウントダウンも始まった!!絶賛準備中「京都四条南座」

耐震工事のため、長らく休場していた京都南座。11月の吉例顔見世興行を皮切りに、生まれ変わった南座が登場。
【京都南座】四条通は騒然!総勢70人の歌舞伎役者登場で興奮のルツボ☆「南座新開場祇園お練り」

【京都南座】四条通は騒然!総勢70人の歌舞伎役者登場で興奮のルツボ☆「南座新開場祇園お練り」

本日10月27日、京都南座新開場を祝い、総勢70人の歌舞伎役者が四条通を練り歩く『お練り』が執り行われました。それにあわせて、25日に早くも上がっている『まねき』や会場内の様子を合わせてご紹介します!
【京都冬の風物詩】新南座の12月吉例顔見世興行に芸舞妓の総見!師走の祇園界隈をぶらり☆

【京都冬の風物詩】新南座の12月吉例顔見世興行に芸舞妓の総見!師走の祇園界隈をぶらり☆

祇園界隈。新開場の南座も復活し、毎年恒例の吉例顔見世興行も絶賛公演中。恒例の芸舞妓による総見もあり、師走の京都らしい風景も。
【京都祇園】新開場南座観劇の醍醐味!創業100年の老舗レストランの洋食幕間弁当☆「レストラン菊水」

【京都祇園】新開場南座観劇の醍醐味!創業100年の老舗レストランの洋食幕間弁当☆「レストラン菊水」

先日新開場を果たした祇園のランドマークである京都南座。その観劇中の幕間弁当として、創業100年の老舗洋食の味が楽しめます。吉例顔見世興行のお供に頂いてきました。
【京都朝活観光】早起きは三文の徳!京都最古の禅寺で朝活!!無料体験の坐禅会☆「建仁寺」

【京都朝活観光】早起きは三文の徳!京都最古の禅寺で朝活!!無料体験の坐禅会☆「建仁寺」

四条花見小路を南へ。京都最古の禅寺として知られる建仁寺。そこで毎月第二日曜日に行われる坐禅会。参加してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな