2019年7月31日 更新

クールに過ごしたい京町家のスローライフと豪商の優雅な別邸が今年の見どころ【京の夏の旅】

京都の夏といえば、44年目を迎える観光キャンペーン「京の夏の旅」!暑い時期だからこそクーラーの効いた車内で快適に涼しく、「ちょっとお茶」もついて効率よく回れる、今夏だけの「定期観光バス特別コース」を、京都市観光協会職員がご紹介!

観光バスで巡る別邸ツアー

今年「創始1150年」を迎えた祇園祭の、山鉾町に残る普段非公開の町家や、豪商の別邸をめぐろう!というのが定期観光バスLSコース。朝はゆっくりできる「午後から出発」の半日コースです。

コース名:午後の半日コース「京のお屋敷と町家をたずねて」LS
期間: 2019年7月26日(金)・27(土)、8月2日(金)・3日(土)・4日(日)・16日(金)・17日(土)・18日(日)・23日(金)・24日(土)・25日(日)・30日(金)・31日(土)、9月6日(金)・7日(土)・8日(日)・13日(金)・14日(土)・20日(金)・21日(土)・29日(日) 運行
出発時刻:JR京都駅烏丸口のりば 12:30(所要時間 約3時間30分)
料  金:大人 5,500円
 (159901)

巡る場所は…

■杉本家住宅(すぎもとけじゅうたく)【特別公開】
祇園祭の山鉾のひとつ「伯牙山(はくがやま)」のお飾り場(御神体や懸装品が飾られる場所)として知られる京都市内最大規模の町家(重要文化財)で、露地庭、座敷庭など名勝に指定された庭園もみどころ。200年間代々の当主が書き継いだ『歳中覚(さいちゅうおぼえ)』という暮らしの備忘録のような帳面が残っていて、それに基づくしきたりや風情ある暮らしを営んできた旧家なのです。
*見学の際は靴下の着用をお願いしております(ストッキングは不可)
 (159886)

■吉田家住宅(無名舎)(よしだけじゅうたく むめいしゃ)【特別公開】
祇園祭「北観音山(きたかんのんやま)」町内に建つ町家(国登録有形文化財)。通りに面した店舗棟から「通り庭」と呼ばれる土間に沿って奥へと玄関棟、住居棟、土蔵が一直線に続く典型的な「表屋造(おもてやづくり)」で、風の通り道と採光の機能を兼ね備えた中庭が美しい!葦の茎を編んで作った葦戸(よしど)や植物を編んで作った敷物・網代(あじろ)など、蒸し暑さをしのぐために工夫されてきた京町家の知恵である伝統的な夏のしつらいもみどころです。
 (159888)

■旧三井家下鴨別邸(きゅうみついけしもがもべってい)【見学と喫茶】
豪商・三井家の木屋町別邸にあった明治期の建物を主屋として移築し、玄関棟などを増築して大正14年に完成した旧三井家下鴨別邸(重要文化財)。主屋1階部分の座敷や玄関棟の洋間など建物の内部を見学したり、庭を散策したり。至るところに残された豪商・三井家の美意識をご堪能いただけます。
 (159890)

そして旧三井家下鴨別邸では、冷たいグリーンティーでひとやすみ!
 (159892)

瓢箪(ひょうたん)型の池が涼しげな緑豊かな庭園を眺めながら、贅沢なひとときをお楽しみください。

 (159894)

定期観光バスとは

1.出発は京都駅前のりば!便利!
2.バス代、入場料、お茶代などがセットになったお得なプラン!涼しい車内で快適に移動!
3.特別公開箇所では現地でのご案内あり、車内ではバスガイドによるご案内も!

さあ、あつ~い夏は、涼しいバスで快適な京都旅を!

イベント概要

コース名:午後の半日コース「京のお屋敷と町家をたずねて」LS
出発場所:JR京都駅烏丸口のりば
住所:京都市下京区東塩小路町
料金:5,500円

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都市観光協会 京都市観光協会