2020年11月24日 更新

【京都紅葉2020】黄色いじゅうたんと壮大な大銀杏、源氏物語ゆかりの神社「岩戸落葉神社」

京都市北部の小野郷にある近年人気急上昇の神社。壮大な大銀杏が黄色く色付き、秋の深まりを感じられました。(11月中旬撮影)

歴史を感じ、壮大な大銀杏が楽しめる神社

 (196760)

京都市の北部、京北地区小野郷に鎮座する岩戸落葉神社。
創建は不明ですが、鳥居と拝殿が一つ対し、本殿が二つある珍しい神社です。

アクセスについて

JR京都駅からバスで約1時間。小野郷下車徒歩すぐです。
神護寺などから更に北部で、銀杏が綺麗な時期と神護寺などの紅葉見頃時期と重なることが多く、参拝した日、バスは通常より乗降客が多く、遅延していました。
小野郷以南に途中下車する予定だったので、JRバスの「周山フリー乗車券」を利用しました。
JR京都駅隣接のJRバスセンターで購入可能です。(要販売時期確認)
●周山フリー乗車券について
https://ja.kyoto.travel/okoshiyasu/images/koukyo/kitayam_shuzan.pdf
 (196727)

バス停から神社へ向かうと、早速目に飛び込むこの風景。
鳥居の何倍も大きく、壮大な大銀杏が迎えてくれます。
樹齢は不明だそうですが、これだけ素晴らしい立ち姿の大銀杏は珍しく、見る度に感動します。
 (196678)

境内には4本の大銀杏があり、境内中にある銀杏から落葉が始まり、のちに外側の銀杏が色づくそうで、境内は黄色い絨毯に彩られていました。
鳥居をくぐった階段も黄色に染まった階段になっていました!
 (196680)

拝殿と手水です。
色づき始めた紅葉と屋根に黄色い銀杏が落葉した拝殿。
秋の美しい風景です。
 (196681)

苔むした手水には黄色い銀杏が浮かんでいて、こちらも日本の美を感じさせる美しい光景でした。
 (196682)

本殿の岩戸社(左)と落葉社(右)です。
日本神話にまつわる三神を祀る岩戸社、源氏物語の落葉姫命を祀る落葉社。
源氏物語のゆかりがあるなんて、由緒正しき社ですね!
境内は紅葉がグラデーションに色づき、黄色い絨毯も合間って華やかでしたが、本殿前はどこか神秘的な雰囲気でした。
 (196683)

本殿左奥に稲荷社などのお社もありました。
こちらも少し暗くて神秘的。普段はひっそりとして
静かと思われますが、銀杏の色づきと共に近年賑わっているようです。
京都市の北部へ行かれた際には、歴史を感じに立ち寄られてはいかがでしょうか?

岩戸落葉神社 on YouTube

【京都 Kyoto 紅葉 2020-③】大銀杏 岩戸落葉神社【そうだ京都行こう】

スポット情報

名称:岩戸落葉神社 いわとおちばじんじゃ
住所:京都市北区小野下ノ町170
拝観:境内自由
関連ページ:https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=9&tourism_id=2153
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事

今注目の記事