2017年11月14日 更新

【京都ぶらり散策】かつて日本一大きな大仏が京都にあった!豊臣秀吉の夢の跡☆「大仏殿跡緑地公園」【京都国立博物館スグ】

現在、国宝展で沸く京都国立博物館すぐの場所。かつて京都に日本一大きな大仏があったことがうかがえる史跡が満載スポット。そんな東山七条界隈をぶらり散策。

現在、国宝展で沸く京都国立博物館にも大仏殿跡が

 (103101)

現在、絶賛開催中の国宝展で沸く京都国立博物館。
 (103102)

平成知新館。そのエントランス通路にある、この二重円。これただの模様か何かに見えますが、ここ京都国立博物館は、昔京都に大仏があった頃に大仏殿があった場所。で、当時の大仏殿の柱位置がちょうどここだったそうです。それが、こんなふうに描かれているんです。
 (103090)

他にも、大仏があるわけでもないのに大仏前交番。
 (103071)

そして、博物館西北側に巨石の石垣が。
 (103068)

ここはかつての大仏殿の石垣。天正14年豊臣秀吉築造と書かれています。
 (103078)

そして、そのすぐ近くには豊臣秀吉ゆかりの豊国神社、方広寺があります。
 (103080)

以前にも紹介しましたが、方広寺には釣鐘があり、鐘楼の中には大仏殿の遺構もあり。
 (103074)

 (103077)

さらに方広寺境内から東に伸びる細い通路。ここを通り抜けます。
 (103082)

すると、大仏殿跡緑地公園が。この日はちょうど除草作業中でしたが、撮影のために公園内に入らせてもらいました。
 (103084)

中にはこんもりとした小高い丘が。
 (103086)

そのわきに、かつてここに大仏殿があったことの説明書があります。
 (103087)

今でもこの公園には当時の遺構が垣間見れたり。
 (103088)

 (103089)

かつて柱があったんですかね。ここにも。

当時日本一の大きさを誇る大仏も地震や火災など度重なる天災で、何度も再建されましたが、昭和48年の火災で焼失し、以降その姿を消しました。年配の方なら当時を知ってる方もいるかもしれませんが、そんな大仏がここ京都にあったなんて、見てみたかったですね。

大仏殿跡 へのツイート

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都お墓めぐり】日本史上最も有名な戦国武将・豊臣秀吉!天下人らしい天空のお墓☆「豊国廟(とよくにびょう)」

【京都お墓めぐり】日本史上最も有名な戦国武将・豊臣秀吉!天下人らしい天空のお墓☆「豊国廟(とよくにびょう)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山区にある阿弥陀ヶ峰(あみだがみね)山頂にある、日本史上最も有名で人気の戦国武将・豊臣秀吉のお墓をお参りに。
歴史は動いた!大河ドラマ『真田丸』でも登場!!豊臣秀吉ゆかりの社「豊国神社~方広寺~耳塚」

歴史は動いた!大河ドラマ『真田丸』でも登場!!豊臣秀吉ゆかりの社「豊国神社~方広寺~耳塚」

豊臣秀吉ゆかりの地。そして、ちょうど大河ドラマ『真田丸』でも登場。ここから歴史が動いた、とわかる史跡も。
【京都街角ぶらり】新京極通りの七不思議のひとつ!かつての平安京がよみがえる☆「たらたら坂」

【京都街角ぶらり】新京極通りの七不思議のひとつ!かつての平安京がよみがえる☆「たらたら坂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は新京極通りの七不思議とも言われている通称『たらたら坂』。かつての平安京の様子がよみがえる、突如現れる小さな坂。
【京都史跡めぐり】8月は初音ミク登場の歌舞伎発祥の地・京都南座!その対になる芝居小屋☆「北座跡」

【京都史跡めぐり】8月は初音ミク登場の歌舞伎発祥の地・京都南座!その対になる芝居小屋☆「北座跡」

おおきに~豆はなどす☆今回は歌舞伎発祥の地・京都南座の北側。かつて芝居小屋があり、明治時代まで存在した『北座』跡。
【京都マニアック通り】平安京の大動脈・朱雀大路があった南北を走る通り☆「千本通」前編

【京都マニアック通り】平安京の大動脈・朱雀大路があった南北を走る通り☆「千本通」前編

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は市内南北を走る古い歴史ある通り。そして、かつて平安京の中央道・朱雀大路をも含んだ通り。北から南の端まで意外と長距離の千本通をめぐってきました。その前編。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers