2018年7月24日 更新

【2018京都祇園祭】平成最後!猛暑の中の後祭・山鉾巡行ダイジェスト☆

本日7月24日、祇園祭後祭・山鉾巡行に行ってきた様子です。連日の猛暑の中、無事執り行われました。

平成最後の祇園祭・後祭の山鉾巡行

 (129579)

御幸町御池あたり。2018祇園祭・後祭の山鉾巡行。
今年は連日の猛暑のため、例年並行して行われる花傘巡行が熱中症懸念で中止となり、ちょっと残念な年になりましたが、いつも両方一度に取材する私としては山鉾巡行に一点集中(笑)

まずはくじ取らずの先頭・橋弁慶山。
 (129580)

熱中症対策、抜かりなしです。
くじ改めや待ち時間中、スポーツドリンクやおしぼりを配布し、こまめにエネチャージ。
 (129581)

朝から日差しも強く、皆さん笠を日除けにされてました。
 (129582)

こちらもくじ取らずの2番手、北観音山。
 (129583)

 (129584)

3番手、黒主山。桜の花を仰ぎ眺めている歌人大伴黒主(おおともくろぬし)が御神体。
 (129585)

 (129586)

4番手、鯉山。大きな鯉がトレードマーク。ギリシャ神話をモチーフにしたタペストリーの見送が圧巻。
 (129587)

5番手、鈴鹿山。瀬織津姫命が御神体。真松には絵馬が鈴なりに付けられていました。
 (129588)

 (129589)

くじ取らずの6番手、南観音山。かつては北観音山と一年交代で巡行していたそうです。本尊・楊柳観音座像と善財童子。
 (129636)

 (129637)

7番手、役行者山。修験道の開祖・役行者小角が一言主神。ホラ貝の音が響き渡る。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

祇園祭後半。前祭に引き続いて後祭。猛暑続く中、山鉾建て、曳初めも無事終わり、各山鉾町内には後祭の山鉾が全て出そろっています。そんな夜の後祭山鉾町をぶらり散策してきました。
【2017ダイジェスト】祇園祭後祭山鉾巡行、花傘巡行に行ってきました!!【日本三大祭】

【2017ダイジェスト】祇園祭後祭山鉾巡行、花傘巡行に行ってきました!!【日本三大祭】

朝、スタート地点からスタンバイ。後祭開始からその様子を追跡取材。途中、花傘巡行にスイッチして祭は最高潮。その様子を早速ダイジェストでお届けします!
【2018祇園祭前祭】ド迫力の山鉾巡行!ラストスパート!!細い新町通りを巨大鉾が行く☆

【2018祇園祭前祭】ド迫力の山鉾巡行!ラストスパート!!細い新町通りを巨大鉾が行く☆

2018祇園祭前祭の山鉾巡行に行ってきた様子。じつは京都ツウなら誰もが推すラストスパートの新町通りの場面を中心に。細い通りを巨大鉾が通る臨場感は誰もが感動する場面。
【京都祇園祭】必須アイテム!一年の厄病・災難除けを願うお守り☆行列必至の一番人気・長刀鉾「粽(ちまき)」

【京都祇園祭】必須アイテム!一年の厄病・災難除けを願うお守り☆行列必至の一番人気・長刀鉾「粽(ちまき)」

毎年祇園祭のときだけ、各山鉾のお会所や八坂神社で販売される粽(ちまき)。地元民は毎年買い求め、一年間玄関先に飾ります。今年も人気の長刀鉾の粽。
【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

日本三大祭、京都三大祭の一つである祇園祭。7月から始まり、1か月の長きに渡る祭で、その間いろいろな行事、神事が執り行われています。そして、本日から祭りの主役でもある山鉾を組み立てる『山鉾建て』開始。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな