2019年7月24日 更新

【2019祇園祭後祭】令和元年・祇園祭創始1150年を飾る山鉾巡行!193年ぶりに登場の鷹山も☆

おおきに~豆はなどす☆今回は令和元年・祇園祭創始1150年を飾る後祭の山鉾巡行ハイライト。今回一番の注目は193年ぶりに唐櫃巡行で登場の鷹山。大いに祭を盛り上げていました。

令和元年・祇園祭創始1150年を記念する後祭山鉾巡行

 (159228)

スタート地点の烏丸御池から少し東へ行った高倉あたり。
今年は令和元年であり祇園祭創始1150年にあたり、例年にも増して注目。さらにこれまで「休み山」だった鷹山が193年ぶりに巡行するとあってさらに感慨ひとしおの祇園祭。
 (159229)

平日の水曜日ということと、前祭に比べわりと空いてる後祭。
地元民の中には、前祭は観光客用、後祭は地元民用みたいな認識を持つ人も多いです。比較的ゆったりと祭風情に浸れるのが後祭の魅力とも言えます。

そして、昨年はかなりの猛暑でしたが、今年は冷夏が幸いして比較的朝の時点では過ごしやすい気候でした。
 (159230)

 (159231)

まずは先頭・橋弁慶山。

五条大橋で弁慶と刀を交える牛若丸。橋の擬宝珠に足駄の前歯だけで立つ名場面を再現。後祭巡行では古来よりくじ取らずで先頭。
 (159232)

 (159233)

こちらもくじ取らずの2番手、北観音山。
楊柳観音と韋駄天を祭る北観音山。こちらも祇園囃子が盛んに鳴り渡りました。懸装品が華やかで艶やか。オリエンタルな雰囲気。真松に尾長鳥がいます。
 (159234)

 (159235)

3番手。大きな鯉がトレードマークの鯉山。ギリシャ神話をモチーフにしたタペストリーの見送が、山に飾られるとなんとも独特の雰囲気。
 (159236)

4番手。地元・三条町に祭られる八幡官を勧請して巡行する八幡山。夫婦円満のしるしとされる、左甚五郎作とされる木彫り鳩も鳥居で両向かい。
 (159237)

5番手。黒主山。桜の花を仰ぎ眺めている歌人大伴黒主(おおともくろぬし)が御神体。
 (159238)

 (159239)

くじ取らずの6番手、南観音山。かつては北観音山と一年交代で巡行していたそうです。本尊・楊柳観音座像と善財童子。
 (159240)

7番手。役行者山。修験道の開祖・役行者小角が一言主神。ホラ貝の音が響き渡る。
 (159241)

8番手、平家物語の宇治川の合戦が題材の浄妙山。アクロバティックに舞う一来法師(いちらいほうし)。
 (159242)

9番手。鈴鹿山。瀬織津姫命が御神体。真松には絵馬が鈴なりに付けられていました。
 (159243)

市役所前のくじ改め待ちで山鉾が一時停止。
御池通は絢爛豪華な見送(みおくり)が一列に飾られていました。
 (159244)

注目の鷹山は10番手。沿道が沸きます。
今回は唐櫃(からびつ)巡行で参加ということで、行列前半の方が唐櫃を担いでいました。
 (159245)

その後ろにお囃子の一団。
今回の後祭の山鉾の中で一番力強いお囃子でした。時々テンポを上げながら祭気分を高揚させるような。
 (159246)

唐櫃、これかと最初思ってました(笑)水分補給用荷物の乗った荷車。
 (159247)

 (159248)

くじ取らず11番手。しんがりを務める大船鉾。焼失より150年目にあたる平成26年7月、後祭巡行への復帰を果たす。昨年は瀧尾神社の寄進により復元、復活した龍頭が船頭に飾られていましたが、今年は大金幣。隔年交代で飾られます。
 (159249)

ギシギシと大きな音を立てながら、エンヤラヤー!!の掛け声とともに進む大船鉾の雄姿。
 (159250)

しんがりの大船鉾の後には最後尾のパトカー。
パトカーがすぎると、御池通りにはまた信号機が点灯し始め、山鉾巡行の終わりを告げ、いつもの往来が戻ります。

この後も一段は辻回しで河原町通、四条通を経て各山鉾町へと戻っていきましたが、四条通あたりでは照り返す暑さで梅雨明け。よく祇園祭中に夕立、雷が鳴り梅雨が明ける、というのが毎年の流れですが、令和元年も例にもれず。今年も山鉾巡行無事に終わりました。

ヨ~イヤサ~♪

祇園祭後祭 山鉾巡行 への口コミ

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2019京都祇園祭後祭】約200年ぶりに山鉾巡行登場で大注目!創始1150年記念限定御朱印も☆「鷹山」

【2019京都祇園祭後祭】約200年ぶりに山鉾巡行登場で大注目!創始1150年記念限定御朱印も☆「鷹山」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は今年193年ぶりに祇園祭後祭にて193年ぶりに山鉾巡行に参加することで注目を集める「鷹山」。保存会では授与品の販売開始。
【2018京都祇園祭】平成最後!猛暑の中の後祭・山鉾巡行ダイジェスト☆

【2018京都祇園祭】平成最後!猛暑の中の後祭・山鉾巡行ダイジェスト☆

本日7月24日、祇園祭後祭・山鉾巡行に行ってきた様子です。連日の猛暑の中、無事執り行われました。
【2019京都祇園祭】職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました☆【日本三大祭】

【2019京都祇園祭】職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました☆【日本三大祭】

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は現在進行中の2019祇園祭。祭りの主役でもある山鉾を組み立てる『山鉾建て』が本日より開始。
【2019京都祇園祭】1150年奉祝☆一年の厄病・災難除けを願うお守り『粽(ちまき)』は御本社で「八坂神社」

【2019京都祇園祭】1150年奉祝☆一年の厄病・災難除けを願うお守り『粽(ちまき)』は御本社で「八坂神社」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は祇園祭時期に授与される厄除けのお守り『粽(ちまき)』。各山鉾にもありますが、今年祇園祭1150年の節目、御本社・八坂神社の粽をいただきました。
【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

祇園祭後半。前祭に引き続いて後祭。猛暑続く中、山鉾建て、曳初めも無事終わり、各山鉾町内には後祭の山鉾が全て出そろっています。そんな夜の後祭山鉾町をぶらり散策してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな