2018年8月7日 更新

【京都夏の風物詩】清水焼の本場でお値ごろの陶器がズラリ!お気に入りの食器を探してぶらり☆「京都五条坂 陶器まつり」

毎年恒例の大人気イベント。清水焼発祥の地。五条坂に全国から集まる陶器商。気に入った陶器を求めて、多くのやきものファンが暑い中そぞろ歩き。

400もの陶器商が清水界隈に集結!お気に入りの器を探して

 (130578)

毎年この暑い季節に開催される「京都五条坂 陶器まつり」。
気温がまだ低めな午前中に参加してきました。それでもジリジリと照りつける太陽の下。
 (130579)

朝9時過ぎでも、陶器ファンで賑わい、出店の準備の方が間に合わないほど(笑)毎年、これを楽しみにしている陶器ファンけっこういます。私もその一人ですが。

テレビ取材陣も何社か来られてて、おそらく夕方のニュースくらいには紹介される京都の代表的な夏の風物詩。
 (130580)

 (130581)

若宮八幡宮前に毎年飾られる陶器人形。京都造形美術大学の学生さん製作によるものですが、今年のテーマは『鐘馗の逸話』。東山にある窯元から提供された陶器でつくられています。
 (130582)

主催者に聞くと、今年も例年どおりの400程度の陶器商が出店。
 (130583)

この豆皿も普段の販売価格の半額提供で、ほぼ原価に近い価格だそうです。それだけ、割安で陶器が手に入るチャンス。
 (130584)

こちらは涼やかなガラス製食器のお店。グラスには涼やかなモチーフ、蟹や青もみじ、鳥獣戯画などの絵付けが施され、その他かき氷用の器もあり。
 (130585)

スタイリッシュなシルバー類も。
 (130586)

これ、陶製のボタンです。珍しい!
 (130587)

とても小さい植木鉢。苔盆栽によさそうなサイズ。
 (130588)

あとミニチュアマニアが大歓喜しそうな、陶製のミニチュア食器や食品サンプルなど。かわいすぎ!!

露店ではわりと若い作家さんの作品が目立ち、和でも洋でも使えるような、シンプルながらセンスいい食器が多く、印象的でした。
 (130589)

木製食器のお店もわりと出店多かったです。
 (130590)

塗り椀も。
 (130591)

風鈴で多少気分的に暑さを和らげる効果(笑)
露店には、陶器・食器関連以外にドリンク類やかき氷などもあり、途中水分補給できるスポットもあり。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都夏の風物詩】清水焼の聖地に400を超える陶器商が集まる祭典!全国のやきものファン大歓喜!!「京都五条坂 陶器まつり」

【京都夏の風物詩】清水焼の聖地に400を超える陶器商が集まる祭典!全国のやきものファン大歓喜!!「京都五条坂 陶器まつり」

毎年恒例の大人気イベント。清水焼発祥の地・清水坂に全国から集まる陶器商。気に入った陶器を求めて、多くのやきものファンが暑い中そぞろ歩き。
知る人ぞ知る昭和レトロな器が並ぶ京陶器店!掘り出し物も数多くあり〼陶器店「ハセガワ」【京都食器めぐり】

知る人ぞ知る昭和レトロな器が並ぶ京陶器店!掘り出し物も数多くあり〼陶器店「ハセガワ」【京都食器めぐり】

よく通う陶器屋さんです。夷川通り沿いにある京陶器店。所狭しと並ぶ陶器類はどれもが温かみあるリアル昭和レトロな雰囲気。急須を求めて行ってきました。
京都人なら皆知っている毎年恒例のイベント!『第44回桂文枝のゆどうふ食べくらべ大会』に参加してきた!!

京都人なら皆知っている毎年恒例のイベント!『第44回桂文枝のゆどうふ食べくらべ大会』に参加してきた!!

もう44年も続くこの時期の名物イベント。湯豆腐でおなじみ「順正」のゆどうふを食べて食べて食べまくる大食い大会が2月17日に清水寺門前のおかべ家で開催。行ってきました。
【京都祇園】商売繁盛で笹持ってこい~♪十日ゑびす・宵ゑびす祭に行ってきました☆「京都ゑびす神社」

【京都祇園】商売繁盛で笹持ってこい~♪十日ゑびす・宵ゑびす祭に行ってきました☆「京都ゑびす神社」

「えべっさん」でおなじみ、京都ゑびす神社。現在十日ゑびす祭典が執り行われています。今回は9日の宵ゑびす祭に行ってきた様子をご紹介します。
【2017京都紅葉最新】圧巻!絶景夜のライトアップ!!世界に誇る紅葉スポット「清水寺」

【2017京都紅葉最新】圧巻!絶景夜のライトアップ!!世界に誇る紅葉スポット「清水寺」

11月18日時点の夜の清水寺の紅葉パトロール。さすが世界から観光客が訪れる京都屈指の名所。その様子をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers