2019年3月30日 更新

【京都銀閣寺スグ】あの豆かんが食べたくなる季節到来!ひっそりと佇む穴場甘味処☆「喜み家」

おおきに~豆はなどす☆穴場と言いつつ、じつは有名店かもしれません(笑)少し涼やかな和モノスイーツが食べたくなる季節。名物豆かんは必ず食べるべき!

銀閣寺参道から少し外れた鹿ケ谷通り沿い

 (33214)

意外と見過ごしてしまいそうな店構え。
銀閣寺参道から鹿ケ谷通りを少し下がり、うどんの名店・おめんをさらに越えたあたり。
 (33215)

ここ、ちょっとおもしろい間取りなんですよね。
入ってすぐ、階段を数段下りてテーブル席。アンティーク調の家具の色目が落ち着いた店内。

名物はやはり豆かん!

 (33216)

 (33217)

そして、こちらが定番メニュー。季節商品もあり、冬はお雑煮だったり、夏はかき氷だったり。
でも、やはりここは豆かんが名物なんで、今回は豆かんに、あんとバニラアイスクリームが乗ったまる豆かんを注文。

ステキ艶感!まる豆かんに昇天~♪

 (33211)

お待たせしました~と登場のまる豆かん。もうニンマリするしかないでしょう(笑)
このふっくらえんどう豆、あんの艶感。バニラアイス。その上からたっぷりと黒蜜がかかっています。これ、誰もがそそられてしまう画じゃないですかね(笑)

えんどう豆がほくっとやわらかく風味も強くてウマ~
バニラアイスも豆や黒蜜の味を引き立てるためか甘味控えめでよし。
寒天のぷりっとした食感もサイコー!もう完璧~完全降伏(笑)

夏にはこんなかき氷も

 (33213)

なんや、ただのイチゴやん!てビジュアルですが。
これ、じつは赤紫蘇。私もいろいろ京都でかき氷食べ歩きましたが、赤紫蘇はちょっと珍しい。
特に暑い日はこういうさっぱりとした酸味を体が欲しがるんですよね~
他にも琥珀氷、これはべっ甲飴シロップがかかっていてまだ食べたことないんですが、今シーズンはぜひとも制覇したい!

これから暑くなるシーズン、観光の合間にこんなお店に立ち寄るのもまた楽しみの一つ。観光の合間と言わず、これ食べる目的のみでも来たくなりますけどね(笑)

ヨ~イヤサ~♪

喜み家 への口コミ

喜み家 基本情報

■店舗名
喜み家
■住所
京都府京都市左京区浄土寺上南田町37−1
■電話番号
075-761-4127
■営業時間
10:30~17:30
■定休日
不定休
■駐車場
無(店舗近くにコインパーキングが多数あり)
■詳細ページ
kimiya-kyoto.com

関連する記事 こんな記事も人気です♪

銀閣寺エリア必食和スイーツ|あっさり、ほっくり至福の豆かん*㐂み家(きみや)【銀閣寺】

銀閣寺エリア必食和スイーツ|あっさり、ほっくり至福の豆かん*㐂み家(きみや)【銀閣寺】

一粒一粒ふっくら、ホクホク小豆にクリーミーなバニラアイス。透明感のある寒天とのマリアージュは感動的な美味しさです。
【京都氷菓めぐり】世界遺産・下鴨神社の糺の森で食べる極上あずきバー『氷の花』☆休憩処「さるや」

【京都氷菓めぐり】世界遺産・下鴨神社の糺の森で食べる極上あずきバー『氷の花』☆休憩処「さるや」

おおきに~豆はなどす☆今回は世界文化遺産・下鴨神社、糺の森にある甘味処。夏場は氷菓が人気だが、その中で注目の『氷の花』をいただいてきました。
【京都かき氷めぐり】銀閣寺スグの隠れ家的人気和カフェ!抹茶&黒蜜味が楽しめる☆「茶房一倫」

【京都かき氷めぐり】銀閣寺スグの隠れ家的人気和カフェ!抹茶&黒蜜味が楽しめる☆「茶房一倫」

おおきに~豆はなどす☆今回は銀閣寺にもほど近い場所にある隠れ家的カフェ。抹茶や日本茶を中心に和テイストの甘味もあり。今回はかき氷をいただきました。
【京都和菓子めぐり】桜の名所・哲学の道の隠れ家的銘菓!作りたてわらび餅必食「叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)京都茶室棟」

【京都和菓子めぐり】桜の名所・哲学の道の隠れ家的銘菓!作りたてわらび餅必食「叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)京都茶室棟」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都桜の名所として知られる哲学の道沿いにある銘菓の茶寮。静かな雰囲気の中お茶とお菓子が楽しめる場所。中でも作りたてのわらび餅はこれからの季節にぴったりな和菓子。
【京都下鴨神社内】鴨の氷室の氷再現!世界遺産の森の中で食べる極上のかき氷必食☆甘味処「さるや」

【京都下鴨神社内】鴨の氷室の氷再現!世界遺産の森の中で食べる極上のかき氷必食☆甘味処「さるや」

ロケーション最高。世界遺産の下鴨神社境内、糺の森の中でいただける絶品かき氷。そして、古事にならい再現した由緒正しい「鴨の氷室の氷」を使用。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな