2016年8月17日 更新

老舗料亭「和久傳」の味をカジュアルに楽しめるお店が白川沿いにニューオープン!「丹 tan」

東山に和久傳の新店がオープンしたと聞いて、行ってまいりました。

柳美しい白川沿いにオープン

 (50341)

お目当てのお店は、柳の美しい白川に面した通りにあります。
 (50340)

7月23日、東山に和久傳の新店がオープンしたと聞いて、行ってまいりました。
丹というお店です。

和久傳が、丹後で創業されたことから名づけられたのだそうです。
 (50342)

ランチは3000円~で、季節の定食(3000円)をオーダーしました。

和久傳の味をカジュアルに♪

 (50343)

まず出てきたのは、お出汁と梅干し。
 (50344)

テーブルの中央にお料理が並んでいて、自分で取り分けます。

胡麻和え、キュウリの香の物です。
 (50345)

大皿には京丹後産のトマト、ズッキーニ、ナス、おくら、玉ねぎが彩り美しく盛り付けられています。
 (50346)

こんな感じで盛り付けてみました。

野菜がみずみずしくて、フレッシュでとっても美味しい~♪

フルーティーなトマトに、オクラも味がしっかり濃厚でびっくり!!

利休麩の入った胡麻和えも、蓮根の食感が良いアクセントになっていて、お代わりしてしまったほど、気に入ってしまいました。
 (50347)

お出汁がしっかりしみこんだ焼きなすは、柔らかくて、ジューシー。

この後、メインのお料理が運ばれてきました。
 (50348)

<鱧の焼き物>
表面がカリッと香ばしく焼かれた鱧、丁寧な骨切りが施されているので、身はふんわり柔らかで美味しい♪
 (50349)

<岩牡蠣のフライ>
サクッと香ばしく揚がった岩牡蠣は肉厚で、噛むとミルキーな旨みが口の中いっぱいに広がります。
 (50350)

<ごはんと赤だし>
お米も丹後産のものだと思いますが、ふっくらと炊き上がり、甘みがあって美味。
 (50351)

おじゃこをのせて頂きました。

どのお料理も、さすが和久傳という美味しさで、大満足のランチでした。
 (50354)

お店はオープンになっているので、美しい白川の風景を眺めながら、お食事が楽しめるんですよ。

朝食の営業もされているので、今度は朝食を食べに伺いたいですね。

「和久傳 丹 tan」へのクチコミ

「和久傳 丹 tan」店舗情報

店名:和久傳 丹 tan
住所:京都市東山区五軒町106-13
電話番号:075-533-7744
営業時間:
●朝食 8:00~9:30LO 2000円~
●昼食 12:00~14:00LO 3000円~
●夕食 18:00~21:30LO 5000円~
定休日:月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日の火曜日が休み

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう