2021年6月22日 更新

【新店】京都山科に6月オープン!名店『塩元帥』手がける塩系ラーメン「しおゑもん」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科区小野に6月にオープンした大阪発祥のラーメンチェーン『塩元帥』手がける塩系ラーメンFC店。

『塩元帥』のフランチャイズ店が山科にオープン

 (208111)

山科区、地下鉄小野駅からスグの外環状線沿い。知り合いのラヲタさん情報で、大阪の名店『塩元帥』のFC店「しおゑもん」が6月10日にオープンしたと聞き、やってきました。
 (208113)

以前、京都市内にある塩元帥で塩ラーメンを食べようとするも、あまりの行列であっさりあきらめてしまって以来、初挑戦。

京都は元々豚骨醤油系ラーメン店が多く、いわゆる『京都ラーメン』というと、それを指す認識で、老舗ほど豚骨醤油系。最近ではさらに濃厚豚骨や煮干、魚介系、淡麗系、つけ麺、まぜそばなどジャンルも多岐にわたります。

その中でも塩系で推してるお店は私が知る限り数えるほどで、もしかしたら希少と言えるかもしれません。
 (208132)

さらに、こちらではつけ麺推しのようです。
 (208112)

これから暑くなる季節には特につけ麺いいですね。しかも塩系のつけ麺って特徴的。醤油もあります。さらにトッピング材が充実した『ご褒美盛』も。セットメニューにはから揚げや餃子もあり。
 (208114)

ラーメンもあり、もちろん塩系ラーメン。さらに醤油ラーメンも。
 (208115)

 (208116)

店内入ってスグにタッチパネル式の券売機が。
今回はうま塩つけ麺並のご褒美盛1190円をチョイス。麺の量は3段階あり、それぞれ値段が違います。
 (208146)

店内はカフェのような明るい雰囲気で、女子にも好感持てる空間。
 (208118)

さらにカウンター席も。
コロナ禍ということで、パーテーションも設置。わりと女子でも敷居高くないというか、おひとりさま女子もちらほら。あと、ちょうど昼時ということでご近所で働くサラリーマンや、駐車場完備なので車でやってくるグループ客も。
 (208119)

カウンター席のアメニティーはこんな様子。
 (208130)

QRコードメニューも。紙メニューがないので、テーブル周りがすっきりとした空間に。
 (208120)

さらに、つけ麺の食べ方が掲示され、これに沿って食べ進めていきます。注意事項として、スープはわりと濃いめなので、つけすぎるとからく感じるかもしれないとのこと。
 (208123)

しばらくすると、厨房で「ご褒美盛入りました~」「ご褒美盛出ます~」と、やたら『ご褒美』ワードが連呼され、そろそろ私の番かと身構えていると、登場(笑)こちらがうま塩つけ麺ご褒美盛。
 (208122)

塩系ということで、もっと淡泊な色目のスープを想像してましたが、わりと褐色。
 (208121)

そして、麺は厳選した3種の小麦粉を独自配合で製麺したオリジナル麺。つけ麺用の麺に関しては、やや太め。極太というほどではありません。その麵の周りに角切りチャーシュー、メンマ、味玉子、海苔、そして青ネギが天盛に。
 (208124)

まずは麺。しこしこツルツル、喉ごしのいい麺で、小麦粉の甘さと風味も感じられます。外麦のコシと内麦の風味、両方の特徴・バランスにこだわりぬいた麺。
 (208125)

予め、スープにチャーシューを投入し、豚肉の脂がスープに溶け出すように。

食べ進めるうちにスープが冷めたら、温め直しもやってくれます。最後スープ割も可能。
 (208126)

麺投入で、実食。
食べ方説明にもあったように、わりとしっかりと塩味の効いたスープ。塩味以外に、旨味やコク、チャーシューの脂、フライドオニオン?的食感と香ばしさ感じるトッピング材。さらにほのかに柚子風味。柚子皮が入っています。塩というとあっさりな味わいを想像してしまいますが、まったく物足りなさを感じない、塩系ラーメンのイメージが変わるようなガッツリ感。
 (208127)

豚バラのこってり感を醤油味でジューシーに仕上げた、ボリューム感ある味わい。ゴロゴロと入り、まさにご褒美的。
 (208128)

メンマもほどよく柔らかく、ほどよく繊維を残した歯切れの良さ。メンマの味付けもしっかり気味。
 (208129)

それに引き換え、味玉子は他の具材に比べ、わりと淡泊な味わいにも感じます。中はとろりの黄身。
 (208131)

最後温め直してのスープ割。これこそが塩元帥の塩系ラーメンの味なのか、と。かなりしっかりめ。そこが人気で行列ができてるんでしょうね。合点がいったというか。

この周辺にはとりわけラーメン店が集中し、ある意味ラーメン激戦区の様相。そんな中、こちらもすでに平日から満席に近い状態で、今後ますます注目店になりそうで、既存店にとっても目が離せないお店ですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:しおゑもん
場所:京都市山科区小野鐘付田町8−1
電話: 070-1848-9155
営業時間:11時00分~15時00分, 17時00分~20時00分
定休日:不定休
関連サイト:https://www.instagram.com/yamashina.shioemon/
      https://www.facebook.com/yamashina.shioemon/
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事