2021年8月1日 更新

【京都ラーメン】移転オープン!煮干し香る冷たい限定麵必食「煮干し中華そば加藤」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科区、地下鉄東野駅を南へ。昨年山科駅前で仮店舗営業されていたラーメン店が3月に移転オープン。煮干し香るラーメンを軸に、現在冷やし限定麵に注目が集まっています。

酷暑に食べたい限定の煮干し系冷やし麺

 (210088)

山科区、地下鉄東野駅から外環状線を南へ。
以前、ミシュラン掲載店で人気を博したラーメン店『麺屋裕』のあった場所。惜しまれつつ昨年閉店し、その跡にオープンした『煮干し中華そば加藤』。

もともと滋賀県の煮干し系人気ラーメン店で、昨年山科駅前に仮店舗で営業されていましたが、今年3月にこちらに移転オープンされました。
 (210089)

 (210090)

以前訪れた時には、もちろん煮干し系のラーメンをいただき、その煮干しのパンチのある旨味が印象的だったわけですが、夏場に入り、季節限定の冷やし麺を提供されている、との情報をラヲタさんから得てやってきました。これだけ酷暑が続くと、汗だくになってラーメン食べるより、さらさらと涼し気なものが食べたいな、と。
 (210113)

こちらは以前食べた煮干しブラック。醤油感と煮干しがガッツリ効いた美味しいラーメンでした。
 (210105)

この日は平日で、店内入るとまず券売機があり、ここでお目当てのメニューの食券を買います。
12時前に入店しましたが、この後も客足がつづき、ほぼほぼ満席に。とはいえ、ラーメンなので待つことはなく回転いいです。
 (210091)

券売機の横に、限定麵メニューが貼りだされていて、この日は大葉とミョウガの冷やし煮干しそば、1時から提供の冷たい鰹油そばの2本立て。いずれも数量限定。限定麵はその時々で内容が違うため、お店のSNS告知で確認してください。
https://www.facebook.com/katoya.biz

で、今回はお目当ての大葉とミョウガの冷やし煮干しそば930円をチョイスし、食券を店員さんに渡し、席を確保。お店はご夫婦で営まれている様子。店内にはこの時スカっぽいラテンのBGM。
 (210104)

 (210092)

店内は手前にカウンター席、奥に4人掛けテーブルがあり、細長い間取り。新型コロナ感染予防対策として、カウンターにはパーテーションが固定して設置されています。
 (210106)

店内にも黙食を促す貼り紙も。
 (210093)

お冷やはセルフ。そして、つけ麺も提供されているので、スープの温め直し用電子レンジもあります。
 (210094)

カウンターパーテーション席のアメニティー。わりと簡素ではありますが、消毒用アルコールも設置。
 (210095)

そして、登場した限定麵、大葉とミョウガの冷やし煮干しそばがこちら。ライスを注文したわけではなく、セットとしてついてきます。その理由はあとで説明します。
 (210096)

冷やし煮干しそばはわりと淡麗で澄んだスープに麺と具材。シンプルで涼やかな画です。
 (210097)

添えられたご飯ですが、お茶碗に半分くらいでしょうか。
最後、残ったスープをこの中に注ぎ、スープ茶漬けにして食べる趣向。夏場のお茶漬けはデフォですからね(笑)うれしいサービス。
 (210098)

具材は、大葉、ミョウガ、カイワレ大根、細メンマ、そして味の要である煮干し。煮干しは揚げてあってカリッカリの状態。
 (210099)

もともとスープ自体冷えていますが、さらにブロック氷が1個浮かんでいます。バッチリの冷やし加減。
 (210107)

そして、実食。まずはスープ。スープ自体淡い色目の澄んだスープで、かなりあっさりしてるんだろうな、と思いきや、煮干しの旨味と香ばしさが爆発。おそらく煮干しを揚げた香味油がこの油滴。全体的にこの香味油が味の要になっていて、煮干し感がすごいです。
 (210108)

麵は中細ストレート。冷やして〆られているので、シコシコつるつるの歯ざわりや舌ざわりのいい麺で食べやすいです。スープとの絡みもいいです。色目から想像する物足りなさは感じないです。
 (210100)

そんな淡麗さに合わせて、チャーシューは鶏ハム。しっとりと柔らかいやつ。
 (210101)

スープに浸かっていてもカリカリ状態は最後までキープされていて、その香ばしさを楽しめます。煮干し好きにはたまらんやつです。煮干しを揚げる発想って意外となかったなぁと。香味油がスープや麺との親和性をよくしてくれています。
 (210109)

カットした大葉とミョウガ。スープの煮干し感が想像以上に強いので、薬味の効きはわりとマイルド。まあ、うれしい誤算なのかもしれませんが。
 (210102)

そして、最後ご飯にスープを全部がけ。具材はこのために敢えて少し残しておきました。
 (210110)

レンゲでご飯をほぐしながら、スープや具材とともにサラサラと。これは〆だけじゃなく、夏場食欲が落ちた時の朝食にどんぶり1杯くらい食べたくなる、滋養にもいいやつです(笑)個人的には、これにお漬物があれば朝食メニューに決定(爆)鹿児島の郷土料理、鶏飯より出汁感が効いてていいですね、これ。
 (210103)

スープもご飯もすべて平らげ、完食完汁ゴチ!
食後汗だくになってないのがいいです。化粧落ちもなく(笑)女子には特にいいかもしれません。これからさらに酷暑が続くランチには、こんなサラサラと食べられる冷やし系ラーメンがいいですね。オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:煮干し中華そば加藤
場所:京都市山科区東野百拍子町25−2
電話:070‐3296‐2972
営業時間:11:30~15:00 17:30〜20:30(不定期)
定休日:水曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/katoya.biz
https://twitter.com/nibochu00
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事