2022年6月8日 更新

【京都ラーメン】京都駅前の行列必至人気店☆限定貝出汁冷やし麺も「貝だし麺きた田」

おおきに~豆はなどす☆今回は下京区、京都駅前2021年11月にオープンした貝だしスープが特徴のラーメン店。その美味しさが瞬く間に浸透し、行列必至の人気店に。

2021年にオープンした行列必至の貝出汁ラーメン店

 (224530)

下京区、京都駅にもほど近い七条西洞院。ここに2021年11月にオープンした貝出汁スープのラーメンを提供する『貝だし麺きた田』があります。オープン当初から気になっていたお店で、近いうちに伺おうと思っていたら、瞬く間に人気店となり、いつも行列をつくる風景を見かけ、ちょっと足が遠のいていました(笑)

この日は京都駅前で野暮用があり、しかもこの日は行列をつくっている気配がなかったので立ち寄りました。店構えは犬矢来もあり和食屋さんのような雰囲気。
 (224531)

メニューは中華そば醤油、塩と自慢の貝だし麺。他ご飯ものとして、白ご飯と貝のしぐれ煮ご飯。
 (224532)

店内入って、まずすぐに券売機で食券を買います。
中華そばもありましたが、ここに来たからにはもちろん貝だし麺でしょ!と最初から思っていました。
 (224544)

でしたが、こんな期間限定麺を発見。どうやら貝だし麺の冷やしタイプのようです。これからの季節にちょうど良さそうな麺だな、と思い、今回はこれの味玉入り塩味1050円に。

貝だしはハマグリ、あさり、ホタテから丁寧に貝の香りと旨味を引き出したスープ。中華そばはさらにその貝だしをベースに牛骨スープを合わせ重厚感を出したもので、今回いただく貝だし麺は貝だしにさらに大量ホタテを追加して香りと旨味を濃厚にしたものとか。

貝出汁といえば、これまで個人的にハマグリ出汁やしじみ出汁のラーメンを食べたことはありますが、ホタテ重視のスープはたぶん初めて。興味津々。
 (224533)

店内はテーブル席とカウンター席があり、店の外観と同様に和食店を思わせる雰囲気の設え。そしてここにきて知りましたが、こちらは女性店主さん営むお店。今にして思えば、女性店主さんだからこその、わりと上品な味わいの女子好きしそうな貝だしスープというジャンルのラーメンということかもしれません。それもあってか、女性客も結構来店されてました。
 (224534)

いろいろとラーメンを構成する食材についての説明が書かれています。

スープについては説明しましたが、麺は北海道産小麦『ゆめちから』を使用したなめらかなのど越しとしっかり歯ごたえ。タレの醤油は木桶仕込み醤油を数種類ブレンドしたものに貝柱などを漬け込んだもの。塩は天日塩や藻塩、貝柱などを使用し貝の旨味を引き立てたもの。他、香味油は貝から炊き上げた自家製貝油。チャーシューは真空低温調理の豚肩ロースと鶏むね、豚バラの3種。まあ、どれも丁寧に仕上げられたこだわりを感じる品々。
 (224535)

味も和食店風で、黒七味、山椒、柚子胡椒。そして、個人的にいいなと思ったこととして、お箸に利休箸を採用されていて、まさに和食のそれ、といった雰囲気。

 (224536)

で、今回注文したのがこちら限定麺。柚子香る冷やし貝だしそば塩味。プラス味玉。おそらく熱いタイプの貝だし麺もこんなトッピングなんだろうな、と。

淡麗系の塩スープに中細タイプの麺。チャーシュー3種、味玉、白ネギ、紫玉ねぎ、紫キャベツかなにかのスプラウトですかね。あしらわれています。
 (224537)

まずはスープ。
貝の旨味とやわらかな塩味、そしてコクのある貝柱の貝油で構成された上品でありながら、物足りなさをまったく感じさせないスープ。通常温かい貝だし麺よりきっと冷やしのほうが旨味を感じにくいと思いますが、それでもこれだけ旨味ありありということは、かなり出汁に貝を投入されているのかな、と感じるほど。
 (224546)

そして麺。
小麦の風味や後味にくる甘み。北海道産小麦ならではの美味しさというか。しかもコシがありしこしこでのど越しよく、かなりの美味しさ。
 (224538)

そして味玉。半熟タイプ。見た目以上に出汁感の効いた濃厚な味わい。貝だしの旨味とは違うタイプ、たぶん鰹出汁的のもので、それによりさらに貝の旨味が際立ちます。この味玉は必食です。
 (224539)

さらにチャーシュー3種。
 (224540)

 (224541)

 (224542)

それぞれ味わいが違うので味変材とも言え、麺やスープとの味の変化を楽しめます。
 (224545)

で、卓上薬味で味変もしてみることに。柚子胡椒にしました。貝だしスープが繊細な味わいなので、ほんの少量でいいくらい。また違う味に。

で、今回は注文しませんでしたが、サイドメニューの貝のしぐれ煮ご飯なら、このスープをかけてお茶漬け風にするのがさらに余すところなく貝の美味しさを味わえる趣向。
 (224543)

もちろんご飯がなくとも完食完汁ゴチ!いやーこんな貝の旨味濃厚なスープ、残せるわけないですもったいなくて(笑)美味かった。

今回は初訪ながら限定麺をチョイスしましたが、定番の中華そばや温かい貝だし麺も食べてみたいと思えるほど。そして、女子のおひとり様でも気兼ねなく入店できるオススメ店です!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:貝だし麺きた田
場所:京都市下京区北不動堂町522-9
電話:075-366-4051
営業時間:11:00-21:00
定休日:不定休
関連サイト:https://twitter.com/kaidashimen_k
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事