2019年4月5日 更新

枝垂れ桜が見事な「法金剛院」極楽浄土をイメージし造られた庭園で春の花が咲き競う!

JR花園駅下車スグの関西 花の寺でもある 法金剛院では枝垂れ桜が見頃でした。レンギョウに木瓜の花、馬酔木の花 多くの春の花が咲き競い 桜とのコラボが楽しめます。境内に多数ある桜・ソメイヨシノもまだこれから見頃を迎えようとしています。(4月4日時点)

枝垂れ桜とともに沢山の花が咲き競う法金剛院

 (149178)

平安時代のはじめに右大臣 清原夏野がこの地に山荘を建て そのあと文徳天皇が大きな伽藍を建てて天安寺となり、平安時代後期に鳥羽天皇の中宮 待賢門院が天安寺を復興し極楽浄土をイメージして庭園をつくったのがこの法金剛院です。
 (149177)

関西 花の寺 25カ所のひとつにもなっています。
待賢門院桜

待賢門院桜

見事に咲き誇る 待賢門院桜。
 (149175)

高貴な身分でもあった待賢門院は美貌でもあったとか。そんな女性の趣を薫らせるような枝垂れ桜。
 (149174)

馬酔木

馬酔木

庭園の池のまわりには 他にも春の花が咲き競います。馬酔木(あせび)の花も満開に。
 (149172)

真っ赤な木瓜(ぼけ)の花と白い雪柳の美しい競演。
 (149171)

椿も何種類か植えられており 少し前が見頃であったと思われますが 時期が重なってまだ楽しめます。
 (149170)

枝垂れ桜の下には鮮やかな黄色が眩しいレンギョウの花も。
 (149169)

光溢れる 池泉回遊式の庭園では 春は桜から始まり 初夏から夏にかけては紫陽花に蓮の花、秋の紅葉に冬は常緑の松 そして椿の花と、年中花や樹々の美しさを楽しめるようになっています。
仏殿では重要文化財でもある阿弥陀如来像も拝観できます。
 (149179)

4月4日現在で 枝垂れ桜は満開。でも桜の木は沢山あり なかでもソメイヨシノはまだ見頃をこれから迎えようとしています。
今年から始まったライトアップ

今年から始まったライトアップ

大手代理店の限定企画として本年からライトアップもはじまりました。(3月30日から4月3日の実施。現在は終了しています。)秋は紅葉のライトアップもされるようですので 興味ある方はチェックしてみてください。

基本情報

■法金剛院(ほうこんごういん)
■ 場所 京都市右京区花園扇野町49
■TEL 075-461-9428
■拝観時間 9:00~16:00
■駐車場 有り
■拝観料金
大人・大学生 500円
小 ・中・高生 300円

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

葉月 葉月