2018年1月23日 更新

【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

JR嵯峨嵐山駅から徒歩5分ほどの住宅街にあるおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」。日曜日のみ営業ですが、地元ではご近所さんを中心に憩いの場として重宝されています。親子で手づくりを大事に営まれているこちらをご紹介いたします。

住宅街になじむおうちカフェ

 (112159)

JR嵯峨嵐山駅から5分ほど歩いたところの閑静な住宅街。
まわりの風景になじむように存在している「cafe chiko」は、日曜日だけ営業のカフェ。

ご近所さんに気楽にランチやケーキを楽しんでもらえる場所を…と2009年3月にオープン。
以来母娘の親子ふたりで切り盛りされています。
 (112160)

嵐山の観光エリアからは離れていて、地元の人しか通らない場所にある、本当の「穴場カフェ」。
だからかお店に向かう曲がり角の電信棒には、営業日はこのようなサインが示されています。
このサインが見えたら、お店はもう曲がってすぐ。
 (112161)

もともとはおばあさんの家だったそうで、1階部分をカフェにリノベーション。
木や漆喰で仕上げられた店内はナチュラルで落ち着ける雰囲気。広くはありませんが静かにのんびり過ごせます。
 (112162)

壁にはやさしいタッチの、ほのぼのとしたイラストが飾られています。

松田彩希さんという若手作家さんのイラストなのですが
http://mokumokunohoshi.web.fc2.com/
店主さんが松田さんのイラストを気に入りお店に飾りたいとオーダーされたそう。
松田さん自身もお店のファンで通っておられ快諾、お店に合うようなイラストをと書き下ろされたとの事。

だからか、ずっと前から飾られていたように、自然に馴染んでいます。
 (112163)

webなどでもイラストを公開されている松田さんですが、2月に個展が開催される事が決まりました。
詳細は改めてご紹介いたしますので、どうぞお楽しみに。

手づくりのフードやスイーツは優しい味わい

 (112164)

こちらはお店のメニューですが、オムライスや月替りパスタ、自家製ケーキやドリンクなど種類豊富で、ランチ使いもお茶使いもOK。
 (112165)

スイーツは日替わりでその日によって種類が異なりますが、定番から旬のモノまでいろいろ取り揃えておられます。
スイーツはうれしい事にテイクアウトも可能で、テイクアウトされるお客さんも多いのだそうです。
しかもケーキ類は1カット250円前後でお手頃価格。
 (112166)

 (112167)

フードのパスタセットはサラダとパン、メインにパスタとドリンクがついて850円から。
画像は「きのこたっぷり和風ぱすた」で、きのこに鰹節がたっぷりかかっていてスープパスタのような感じ。
日本人なら誰でも大好きな、醤油ベースの和風味でほっこりできておいしいです。
 (112168)

こちらは別でいただいた、今月のクリームソース。この時はサーモンとほうれん草でしたが、具材がたっぷり入っていてボリュームもあって満足。クリームはあっさり目で優しい味わいでした。

他にカルボナーラや今月のトマトソースの他、おむらいすやロールパンのサンドイッチセットもあるので、その日の気分でチョイスしてくださいね。
 (112209)

大満足の内容で満腹になるフードですが、やっぱりスイーツは別腹ですよね。
という事で食後に「本日のケーキセット」も注文しました。

この時いただいたのはマンゴーパイ。
くどくないマンゴー味で、ふんわり食感の生地と相性抜群。
添えられたクリームにフレッシュなフルーツが。そしてケーキのカットが大きいのもうれしくなりますよね。

ドリンクには小菓子も付けてくださって、そんな気遣いに心が温かくなります。
 (112170)

ケーキは単品以外に「ハーフケーキ3種盛セット」という贅沢なものもあります。
別の機会でいただきましたが、内容充実で食べごたえも充分。
それぞれ味比べをしながら、おいしくいただきました。
こちらにもクリームとフルーツが添えられていますよ。

今どきカフェの「インスタ映え」するような派手なメニューや、狙ったようなアンティークさもありませんが、安心して通えくつろげるというのが何よりの魅力。
きっとお二人の人柄が現れているのでしょう。
いろんなお店がありますが、そういうお店は案外少ないのかもしれません。

日曜のみでハードルが高いですが、喧騒を忘れてのんびりしたい時に訪れてほしいカフェです。

SHOP DATA

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺椎野町6-6
電話:075-864-0281
営業日:日曜日のみ
営業時間:11:00〜18:00
アクセス:JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅下車 北口より徒歩約5分

H.P:http://cafe-chiko.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨小学校近くに先月オープンしたカフェ「neige 喫茶とおやつ」。観光エリアにありながらいい意味で観光客向けでない、カフェ好きが喜ぶセンスいいお店。すでに感度高い方が来店していて話題です。
3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

新店オープンラッシュの右京区・嵯峨小学校エリア。3月にオープンした「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」は、嵐嵯峨山では珍しいベジタブル・マクロビ料理が味わえるお店です。
【京都カフェ】青もみじに包まれる『さがの楓カフェ』【嵐山嵯峨野】

【京都カフェ】青もみじに包まれる『さがの楓カフェ』【嵐山嵯峨野】

青もみじが美しい季節になりました♪ 竹林の小径や常寂光寺、落柿舎も近く、嵐山の青もみじ散策にロケーションの良いカフェ。テラス席からの眺望も楽しめます☆
m.m
銭湯リノベの嵐山を代表する人気カフェ♡贅沢食感パンケーキ「嵯峨野湯」【嵐山カフェ】

銭湯リノベの嵐山を代表する人気カフェ♡贅沢食感パンケーキ「嵯峨野湯」【嵐山カフェ】

銭湯をリノベーションした嵐山で1、2を争う人気のカフェ。もっちりふんわり生地はオンリーワンの味わいです。
本来の空気に戻るとき…黄昏時の嵯峨がとても好き♡【MOMI CAFE】

本来の空気に戻るとき…黄昏時の嵯峨がとても好き♡【MOMI CAFE】

「精進ごはんランチ」が人気の【MOMI CAFE】少し奥まった場所なのでハイシーズンを除けば夕方にもなれば観光客もまばら…本来の田舎感のある嵯峨の雰囲気を楽しめます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス