2017年6月21日 更新

【京都御苑内】日本の伝統工芸の技を結集!贅を尽くした究極のおもてなし施設一般公開「京都迎賓館」

京都御所を参観した流れで、同じ京都御苑内にある京都迎賓館も見学。京都御所とは対照的に現代に生きる伝統工芸作家の技を結集した名宝の数々。

土曜日の夕方に京都御所参観の後に

 (83858)

京都御所の参観後、そういえば京都迎賓館へまだ行ったことなかったな、と。せっかく近くまで来たので行ってみることに。入館できるのかどうかもわからずに。

土曜日の夕方ということですかね。意外と空いててすんなりと予約なしで入館できることに。
 (83859)

入り口ゲートで整理券を渡されます。
京都御所が無料拝観だったので、その流れでこちらも無料かと思ったら1500円かかります(汗)けっこう高いですね。以前他のライターさんの記事を見てると1000円になってたのに、と思ったら、この時期はガイド付きの参観になるようで、入館料アップ。
 (83860)

整理券を持って、一旦地下へ。そこでカメラ以外の手荷物をロッカーに入れて、ガイドの方の説明を受けます。地下では撮影禁止。それ以外の場所や建物は撮影可能。

そして、地上の迎賓館入り口に。
 (83861)

入館する前に、靴をスリッパに履き替えます。
 (83862)

入り口には日本政府の紋章。こちら迎賓館は内閣府所管の施設になります。

施設内では厳重な警備の中参観

 (83863)

扉の持ち手には細かい装飾が施されていますが、館内にあるものは一切触れてはダメ。
 (83864)

中は順路に沿って、こんなシートが床に敷いてあり、そこ以外は一歩も立ち入り禁止。空中でもこのラインを超えると、すぐさま警備の方に注意されます。

世界のVIPが訪れる際には、シートも外されて使用されるそうですが。
 (83865)

 (83866)

 (83867)

「聚楽の間」。晩餐会や大臣会合に際の随行員の待合目的の間。安楽椅子は西陣織り。配置された調度品にも伝統工芸の技法が光ります。
 (83869)

 (83870)

「夕映の間」。会議や立礼式のお茶のおもてなしや、晩餐会の待合として使用。東西の壁面には綴織の技法を用いた織物が飾られ、東にそびえる比叡山と西に連なる愛宕山を描いた「愛宕夕照(あたごゆうしょう)」。
 (83872)

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】カウントダウン開始!平成最後に訪れたい!!京都おすすめの天皇・皇室ゆかりのスポット【厳選3か所】

【保存版】カウントダウン開始!平成最後に訪れたい!!京都おすすめの天皇・皇室ゆかりのスポット【厳選3か所】

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は平成最後、新元号発表カウントダウンも始まった今、改めて京都おすすめの天皇・皇室ゆかりのスポットをご紹介。
【オープン】京都御所観光がますます便利!開放的な森のレストランも☆「京都御苑中立売休憩所」

【オープン】京都御所観光がますます便利!開放的な森のレストランも☆「京都御苑中立売休憩所」

1月9日リニューアルオープンした京都御苑内の休憩所。以前に比べ、バリアフリーで開放的な空間。レストランも京都御所らしいメニューもそろえ充実。売店や無料休憩スペースもありますます便利。
世界のVIPを迎える本物の空間!7月から通年公開開始!「京都迎賓館」

世界のVIPを迎える本物の空間!7月から通年公開開始!「京都迎賓館」

7月から通年で一般公開が始まる「京都迎賓館」。5月に行われた試験公開の様子をご紹介します。
【京都地名ミステリー】京都御所北東のかつて真如堂のあった名残りとどめる門☆「石薬師御門」

【京都地名ミステリー】京都御所北東のかつて真如堂のあった名残りとどめる門☆「石薬師御門」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は御所北東に立地する歴史ある御門。かつては真如堂があった名残りが感じられる場所。
【京都図書館めぐり】京都御苑『森の博物館』でアウトドア読書!バードウォッチングや森林浴も☆「母と子の森文庫」

【京都図書館めぐり】京都御苑『森の博物館』でアウトドア読書!バードウォッチングや森林浴も☆「母と子の森文庫」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回はちょっと珍しい図書館。というより文庫。京都御苑の森の中にあり、野鳥のさえずりや森林浴を楽しみながら読書できる場所。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers