2019年3月11日 更新

【保存版】カウントダウン開始!平成最後に訪れたい!!京都おすすめの天皇・皇室ゆかりのスポット【厳選3か所】

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は平成最後、新元号発表カウントダウンも始まった今、改めて京都おすすめの天皇・皇室ゆかりのスポットをご紹介。

はじめに

今回ご紹介するスポットは、いずれも宮内庁管轄施設。ですので、一般的な神社仏閣の拝観とは違い、事前に申し込みが必要な場合があり、各施設によって違います。

ですので、参観希望される方はそれぞれの申し込み詳細情報をご参照ください。

東山三十六峰の傾斜に棚田広がる名庭園「修学院離宮」

 (147078)

 (147079)

 (147080)

比叡山麓、東山三十六峰の中の修学院山をバックに、1655年(承応4年)に後水尾上皇の指示で造営された離宮。広大な敷地には3箇所の山荘点在し、山登り感覚でぎっしり植樹された松並木。さらに谷川をせき止めて造園された人工池は四季折々の風景を楽しめる場所。こちらは拝観無料。

申し込み詳細→ https://sankan.kunaicho.go.jp/guide/shugakuinrikyu.html

優雅な日本最古の回遊式庭園「桂離宮」

 (147084)

 (147085)

 (147086)

江戸時代、皇族・八条宮の別邸として創設。桂の地は、古くから貴族の別荘地として知られ、平安時代には藤原道長の別荘(当時は「別業」といった)である桂殿が営まれていたという。優雅な回遊式庭園は日本最古を誇り、建造物の建具には細部に宿る技術と意匠の集大成。四季折々で楽しめる贅沢な空間。こちらは有料参観1000円。

申し込み詳細→ https://sankan.kunaicho.go.jp/guide/katsurarikyu.html

事前申し込み不要!外国人観光客にも人気☆「京都御所」

 (147089)

 (147090)

 (147091)

14世紀から明治2年(1869年)までの間の約500年、歴代天皇が居住し儀式・公務を執り行った場所である京都御所。即位礼など重要な儀式が行われた平安時代の建築様式である紫宸殿は必見。2016年までは他離宮とともに事前申し込みが必要だったり、参観期間が限られていましたが、現在では通年参観可能で申し込み不要。そして無料で参観できます。

参観詳細→ https://sankan.kunaicho.go.jp/info/20160720_01.html
いかがでしたか?天皇・皇室の歴史に思いをはせる、京都ならではの観光スポット。まもなく平成が終わろうとしている、この時期こそ訪れてみたい場所ですね。
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事