2017年10月2日 更新

【新店】京都新京極商店街にオープン!本場台湾小籠包を手軽にファーストフード感覚で☆「台湾タンパオ」

新京極商店街に6月にオープンした台湾小籠包専門店。お手軽にファーストフード感覚で店内で食べることはもちろん、テイクアウトも可能。

6月オープンの台湾小籠包専門店!

 (96821)

たまたまた新京極商店街を歩いていると、店先で湯気をモクモク上げてて、こんな店あったかな?と思いつつ。蛸薬師通り近く、6月オープンした台湾小籠包専門店。そういえば、SNSでそんなウワサが流れてたな、と思い出し、ここか!と。
 (96825)

独立オーナー制のお店で、現在神戸、大阪、そしてここ新京極の3店舗。台湾式小籠包といえば、つい高島屋の超有名店を思い出してしまうのですが。こちらは点心のみ。
 (96822)

小籠包の他にも、餃子や焼売、肉まんも。中華料理店で腰を据えて食べるよりも割安設定ですね。
 (96869)

店内はこんなファーストフード店のようなイートインスペース。立ち食いスペースも。奥の冷蔵ケースには瓶ビールや酒類もあり、これをつまみに、てことも可能。
 (96823)

店先にスチーマーがあり、注文聞いてからセイロを入れれるようスタンバイ。
 (96826)

アメニティーも。酢、醤油、ラー油、あとニンニク入りのオリジナルソースも。
 (96827)

程なくして、湯気をモクモクと立てながら小籠包380円登場。
 (96828)

まずはそのままで。箸で皮を破かないよう慎重にレンゲに移動。
 (96829)

で、少しかぶりついて肉汁加減を確認。じんわりと溢れ出す肉汁。スッキリとした万人受けする食べやすい味。具材も豚肉、ネギなど、特殊な風味やクセをかもすスパイス類はそれほど入ってないような。なかなかいいですよ~
 (96830)

それほどくどい味ではないけど、酢醤油で味変してさっぱりと。
 (96831)

さらに、ニンニク入りオリジナルソースを。これ入れると一気にガッツリとした小籠包に変身。このタレが一番よかったかな。

店内は手軽にファーストフード感覚で食べられるのが好まれて、外国人観光客もけっこう利用されてました。ちょっとしたおやつ感覚で食べるもよし、アツアツのアテでチョイ呑みもよし。割安なのもいいですね。

ヨ~イヤサ~♪

台湾タンパオ への口コミ

台湾タンパオ 基本情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

餃子専門店出店ラッシュの京都!「京GYOZA 杏杏(しんしん)」が花遊小路にオープン【開店】

餃子専門店出店ラッシュの京都!「京GYOZA 杏杏(しんしん)」が花遊小路にオープン【開店】

四条通から新京極通に上がり一本目の路地、花遊小路にオープンした杏杏(しんしん)でランチ呑みなり。
【新店】新京極商店街に4月オープン関西初出店!焼きたて作りたてコッペパンサンド専門店★「パンの田島」

【新店】新京極商店街に4月オープン関西初出店!焼きたて作りたてコッペパンサンド専門店★「パンの田島」

4月12日、新京極商店街にオープンしたコッペパン、揚げパンの専門店。関西では初出店となるコーヒーチェーン『ドトールコーヒー』の新業態。焼きたて、揚げたて、作りたてのこだわり。いただいてきました。
【新店】京都三条河原町スグの好立地!昼から立ち呑みもできる酒屋さん☆「酒屋くぼしま」

【新店】京都三条河原町スグの好立地!昼から立ち呑みもできる酒屋さん☆「酒屋くぼしま」

三条河原町より東へ。細い路地のある角店。好立地。9月にオープンした酒屋さん。お酒の販売をしつつ、昼間から立ち呑みスペースもあるお店。
【新店】京都西陣に9月オープン!本場中国の本格餃子!!皮がシコシコ美味しい餃子ランチ☆「十二藍(じゅうにらん)」

【新店】京都西陣に9月オープン!本場中国の本格餃子!!皮がシコシコ美味しい餃子ランチ☆「十二藍(じゅうにらん)」

千本通沿い。中立売下がったあたり。今月オープンした餃子のお店。といっても、麺類や単品メニューも充実。ちょうど昼時通りかかり、餃子のランチメニューがあったんで立ち寄ってみました。
【京都祇園祭限定フード】毎年恒例!あのしみしみが今年も降臨!!行列ができる名物しみだれ豚饅「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

【京都祇園祭限定フード】毎年恒例!あのしみしみが今年も降臨!!行列ができる名物しみだれ豚饅「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

もう祇園祭の名物フード。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな