2022年1月18日 更新

【京都専門店】関西初出店☆台湾屋台グルメ『胡椒餅』を君はもう食べたか?「福丸」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区壬生に2020年12月にオープンした台湾屋台グルメ『胡椒餅』専門店。窯焼きの熱々は病みつきになる美味しさ。

台湾屋台の人気グルメ☆京都初『胡椒餅』専門店

 (217669)

中京区壬生、四条御前通角。歩いていて、たまたま見つけたお店。一体何屋さんかな?と。

看板には『胡椒餅 福丸』とあり、その『胡椒餅』って何ぞや?和菓子??で胡椒がイン???といろんな想像が膨らみ、興味津々で偵察。まあ、もともと胡椒、特にあらびき胡椒好きなのできっと私好みだろうとは思いましたが(笑)
 (217670)

 (217677)

店前の看板を見ると、どうやら点心系の食べ物らしいことが判明。胡椒餅以外にシュウマイも販売されています。

あとで店の方に聞くと、2020年12月にオープンした関西初出店の胡椒餅専門店。台湾の夜市、屋台の人気B級グルメだそうです。
 (217676)

テイクアウトもできますが、店内のイートインコーナーで食べることも可能で、クラフトビールもセットで販売されていたり。
 (217671)

 (217678)

店内はこじんまりとしたスペースに3人適度のカウンター席。

最初、テイクアウトして食べ歩きでもしようかと思っていましたが、外は寒く席も空いていたので、ここで食べていくことに。
 (217672)

テイクアウト用はすでに出来上がったものがありましたが、イートインで食べるなら、とちょうどすぐ焼きたてが出来上がる、というのでそれをいただくことに。胡椒餅は2種類あり、テンメンジャンベースの甘味噌味とごま油と生姜のあっさり醤油味。今回は醤油味360円を注文。
 (217679)

で、胡椒餅を作る時の要的調理。窯焼きです。

中はインド料理のタンドリーのような構造で、餅を窯の側面に貼り付けて焼き上げるそうです。
 (217673)

そして、焼きたての胡椒餅・醤油味がこちら。
ちょっとハンバーガー感覚ですかね。
 (217674)

中はこんがりと焼かれたパンのような形状。胡麻が付いていて、香ばしく焼かれています。ふっくら熱々。大きさ的にもハンバーガーサイズくらいですかね。
 (217675)

そして、がぶりと一口。中にはサイコロ大にカットされた豚肉、たっぷりの九条ネギ、さらに生姜、鮮烈でありながら程よい辛さの胡椒、そしてふんわり五香粉香るエキゾチックな味わい。きっと日本人向けに比較的マイルドに仕上げらえていると思いますが、以前台湾旅行へ行った時の記憶を呼び覚ますような、そんな味わい。

生地は発酵させていないパンといった具合で、豚まんのフワフワとした食感ともまた違い、これはちょっとハマる美味しさ。今回は醤油味にしましたが、甘味噌味も絶対合うし美味しいだろうな、と。クラフトビールのお供としても申し分ないし、この胡麻の香りもたまらない。寒い時期にハフハフさせながら食べたい台湾屋台グルメ。ぜひお試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

店名:胡椒餅 福丸
場所:京都市中京区壬生仙念町31
電話:075‐812‐1601
営業時間:11時30分〜22時(売り切れ次第終了)
定休日:木・金曜日、不定休
関連サイト:https://www.instagram.com/koshomochifukumaru/
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事