2016年11月18日 更新

枯山水を代表する石庭はあまりにも有名!世界中から観光客が訪れる「世界遺産・龍安寺(りょうあんじ)」

右京区の衣笠にある世界遺産・龍安寺です。仁和寺や金閣寺にもほど近く、多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

京都を代表する観光スポット「世界遺産・龍安寺」

 (62963)

龍安寺(りょうあんじ)は、1450年に細川勝元が徳大寺家の別荘を譲り受け、開山し禅寺として改められました。

1994年には世界文化遺産として登録されています。

桜・紅葉の名所とも知られ、多くの観光客が国内外から来られます。
 (62971)

黄・緑・赤とグラデーションが美しい境内です。

龍安寺と言えば、石庭の方丈庭園があまりにも有名ですね。
 (62972)

境内の南側を半分を占める鏡容池(きょうようち)。巨大な池で、平安時代には貴族が船を浮かべて遊んでいたと言われています。

かえでが湖畔に水面にはスイレンが咲き、四季折々の景色を楽しむことができます。
 (62964)

湖畔を歩き進めいくと、龍安寺垣がありその先には庫裡(くり)があります。
見事なモミジが植えられており、紅葉の時期は龍安寺垣は深紅に彩られます。
 (62965)

庫裡に足を踏み入れると、そこはピーンと張った糸のような緊張感が漂います。
 (62966)

玄関をあがるとすぐのところには大きな衝立があります。
「雲關」と書かれ、その意味は雲への玄関だそうです。

特別名勝にも指定された「方丈庭園」

 (62968)

「枯山水」の代表的な石庭「方丈庭園」です。龍安寺最大の見どころですね。

そもそも「枯山水」とは、石や砂などを用いて山水の風景を表現する庭園様式です。
 (62967)

大小の石が15個並べられています。シンプルな見えますが、当時の世代背景を鑑みると、禅の境地ともいえる思いが込められているそうです。
 (62970)

もっと見どころがあるので、今回は時間が足りず周りきれず。

改めてゆっくり伺い、紹介したいと思います。

大雲山 龍安寺 クチコミ情報

大雲山 龍安寺 基本情報

名称:大雲山 龍安寺(だいうんざん りょうあんじ)
住所:京都市右京区龍安寺御陵下町13
電話番号:075-463-2216
拝観時間:8:00~17:00
拝観料:大人500円 小中学生300円
公式HP: http://www.ryoanji.jp/top.html
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017京都紅葉最新】世界遺産!有名すぎる枯山水の石庭を彩る紅葉の借景☆「龍安寺」

【2017京都紅葉最新】世界遺産!有名すぎる枯山水の石庭を彩る紅葉の借景☆「龍安寺」

京都観光スポットの中でも、一年通じて人気のお寺で世界遺産。有名な枯山水の石庭は、国内はもちろんのこと、外国人観光客にも人気。そんな石庭の紅葉風景を拝観しに行ってきました。
【京都嵐山】毎年恒例の朝活イベント!世界遺産で絶品素麺もいただける無料坐禅会☆「天龍寺」

【京都嵐山】毎年恒例の朝活イベント!世界遺産で絶品素麺もいただける無料坐禅会☆「天龍寺」

毎年恒例、嵯峨嵐山にある世界遺産・天龍寺にて早朝坐禅会。とりわけ、7月最終週の土日はお寺の住職がつくる絶品素麺も頂けるビッグチャンス。しかも無料。過去の様子もまじえてご紹介します。
【京都坐禅体験めぐり】嵯峨嵐山の名所・世界遺産でゆっくりスタートの無料坐禅会☆「天龍寺」

【京都坐禅体験めぐり】嵯峨嵐山の名所・世界遺産でゆっくりスタートの無料坐禅会☆「天龍寺」

京都・究極の朝活といえば坐禅体験。京都には禅寺が数多くあり、早朝坐禅会を実施しているお寺も。中でも、嵯峨嵐山の観光スポットとしても有名な世界遺産天龍寺でも坐禅会実施。参加してきました。
【京都世界遺産】桜が散ったらコチラ!ハイキング感覚で京都版お遍路参拝☆仁和寺「御室八十八ヶ所霊場」

【京都世界遺産】桜が散ったらコチラ!ハイキング感覚で京都版お遍路参拝☆仁和寺「御室八十八ヶ所霊場」

桜シーズンも終盤を迎える世界遺産・御室仁和寺。そして、その裏山に四国八十八ヶ所霊場を模した巡拝コース。山登りをしながら参拝でき、1日で踏破できるのが魅力。観光客の多い境内をよそに、行ってきました。
京都代表の名所|世界遺産の門跡寺院で御室桜を拝もう!「仁和寺(にんなじ)」

京都代表の名所|世界遺産の門跡寺院で御室桜を拝もう!「仁和寺(にんなじ)」

門跡寺院とは、皇族・公家とゆかりの深い寺院のこと。仁和寺もその一つで、さらに世界文化遺産に登録されています。こちらの桜は「御室桜(おむろざくら)」としてとても有名です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし