2018年5月25日 更新

南仏の老舗パティスリーが京都祇園にお目見え「ラ・メゾン・ジュヴォー」【関西初出店】

南フランスの老舗パティスリー「ラ・メゾン・ジュヴォー」が祇園新橋に関西初出店となる店舗をオープン。ジュヴォーが持つショコラティエとしての高い技術を活かした、南フランス プロヴァンス菓子のぜひ味わってください。

南フランスの老舗が祇園に新店をオープン!

 (124657)

風情のある佇まいがステキな祇園新橋。昔ながらの京都らしい趣をのこしつつ、また和洋折衷格式高いレストランが立ち並ぶ美食エリアでもあります。
その祇園新橋に南フランスの老舗パティスリーが5月25日オープンしました。
 (124658)

その新店とは、南フランス プロヴァンスで展開するパティスリー「ラ・メゾン・ジュヴォー」、創業70年、親子3代にわたりフランスで愛されてきたお店です。
出店にあたり、京町屋の店舗をだいたんにリノベーション。
日本では、東京の広尾と名古屋に店舗があり、今回の出店が関西初出店になります。
 (124660)

暖簾をくぐると京町屋の外観と違った、モダンな世界が広がります。
フランスの店舗の趣向を取り入れたデザインに。

1階は販売をメインとしたブティックになっています。
 (124671)

ところ狭しと、様々なプロヴァンス菓子が並びます。
こちらは、クロワッサン、マロンパイ、カヌレ。
キッシュもありました。
 (124680)

マロングラッセ。
 (124683)

高い技術を活かしたショコラ。
 (124667)

こちらのショーケースには色とりどりのケーキが並びます。
 (124684)

 (124685)

ご家庭用やプレゼントにいかがでしょうか。
 (124687)

日持ちがするので、お土産にも最適なラングドシャも。
京都らしい抹茶味や、少し珍しいほうじ茶味もあります。

幅広い商品ラインナップに迷うこと間違いなし。
 (124686)

販売スペースのブティックの奥にはサロンもあります。
2階にもサロンとアトリエスペースがあり、全22席。
南フランスの風を感じなら、ゆったりした時間を過ごすことができます。

必食のスペシャリテ

 (124699)

「ラ・メゾン・ジュヴォー」のスペシャリテはこちらのブールショコラ、ドリンク付きで2000円。
ブールとはフランス語で球体の意味、その名の通り、球体の形をしたショコラです。
 (124689)

このスペシャリテには仕掛けがあり、このように熱したショコラをかけて溶かして頂きます。
女性が歓喜すること間違いなしのスペシャリテ。
フランスらしいオシャレな仕掛けですね。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【7月オープン新店】東京銀座の有名バーが京都祇園に完全移転!超居心地のいいロッジ風空間☆「BAR TALISKER(タリスカー)」

【7月オープン新店】東京銀座の有名バーが京都祇園に完全移転!超居心地のいいロッジ風空間☆「BAR TALISKER(タリスカー)」

こんなに居心地の良いバーは初めてかも。東京銀座で20年営業していた有名バーが惜しまれつつ閉店して、ここ京都祇園に完全移転。いま、京都はバー激戦区になりつつあります。京都バー業界でも話題の注目店へ行ってきました。
京都 八坂神社前に京風ドラッグストアが誕生!和風ローソン跡地に「ツルハドラッグ」

京都 八坂神社前に京風ドラッグストアが誕生!和風ローソン跡地に「ツルハドラッグ」

昨年末に駆け巡った八坂神社前の京風ローソンが閉店というニュース。その跡地に新店がオープンしたので早速行ってきました!
祇園なのにリーズナブルでクオリティも◎「京都天狼院(きょうとてんろういん)」でゆったりカフェタイム【開店】

祇園なのにリーズナブルでクオリティも◎「京都天狼院(きょうとてんろういん)」でゆったりカフェタイム【開店】

先日ご紹介した、次世代型書店「京都天狼院」。こちらは書店だけでなくカフェも併設されていて、カフェ単体としての利用もOK。オープン日に利用しましたので、その様子をお伝えいたします。
お手頃和食店が祇園にオープン!センスが光る若手料理人「わしょく宝来」@祇園の巻っす

お手頃和食店が祇園にオープン!センスが光る若手料理人「わしょく宝来」@祇園の巻っす

祇園東大路通にオープンした「わしょく宝来」っす。今後が期待の和食店です。
芸能人も絶賛?!のハンバーガーとステーキ丼「祇園焼肉 石屋」@八坂神社向かいの巻っす

芸能人も絶賛?!のハンバーガーとステーキ丼「祇園焼肉 石屋」@八坂神社向かいの巻っす

出町柳や府庁前で人気の焼肉店「石屋」さんが祇園にオープンしたのでランチに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部1号 Kyotopi 編集部1号