2019年4月7日 更新

京都 祇園に絶品 鴨ラーメンの新店!店名は絵文字「🦆🍜(ギオンダックヌードル)」

大阪 枚方の人気「麺麓」の2号店が祇園にオープン!店名は絵文字「🦆🍜(ギオンダックヌードル)」、紀州鴨を使った絶品の鴨ラーメンがいただけます。

大阪 枚方の人気店が京都 祇園に

 (143056)

ご覧のオシャレな麺料理。じつは、パスタでもなくオシャレなつけ麺なのです。
大阪は枚方市の人気店「麺麓」が、祇園に2店舗目が昨年12月にオープンしたので行ってきました。
 (143057)

最寄り駅は、京阪の祇園四条駅。
八坂神社の方へすすみ、この路地の奥にお店が。漫画ミュージアムの向かいあたり。
大きな目印となるようなものはないので、気を付けないと通りすぎてしまいます。
 (143058)

お店の名前は絵文字で「🦆🍜」
絵文字の店名、はじめてみました(笑)
ギオンダックヌードルというのが、一応の対外的な店名のようです。
 (143059)

オシャレでバーのような店内。カウンター席のみ。
こちらは、オーナーの松永さん。

枚方の店舗とは、また雰囲気が違います。
 (143061)

店名は絵文字なら、メニューも絵文字。
鴨ラーメンは、Mで890円。Lサイズだと100円アップです。
 (143060)

つけ麺は、ミカンかベリー系のソース、お好みの方を。
サイズはXLまで、いわゆる特盛まで選べます。
 (143062)

つけ麺のベリーソース、XLで鴨チャーシューを3枚追加しました。
まるで、パスタのようなオシャレさで、いわゆるつけ麺っぽさはありません。
 (143063)

まずは、麺。ドイツ産のライ麦を練りこんだ平打ちの自家製麺。

自慢の鴨チャーシューは、モモかロース、部位を選ぶことができます。
こだわりの和歌山の紀州鴨を使っています。

少し酸味のあるカシスと赤スグリの実が添えているのでお箸休めにしてください。
 (143067)

この鴨がもう絶品なんです。ソースをつけて食べてください。
まさにお見事。レストランを思わせる見事な技術です。麺麓でも、割と多くの方が鴨チャーシューを追加されており、追加用のチャーシューが売り切りの日も多々ありました。

鴨チャーシューは、ぜひ追加してみてください。
 (143065)

つけ麺といえば、極太麺を使うお店が多いのですが、
麺麓同様、こちらも平打ちの麺。まるできし麺のようですね。
 (143064)

濃厚な鴨つけ汁に、生クリームを足してミルキーに。
レッドオニオンがよきアクセント。
 (143066)

麺を半分くらいつけ汁にひたしていただきます。
コシが強いタイプではなく、食べやすい麺。
平打ちですが、つけ汁にもよく絡みます。
鴨の旨味を堪能できる、美味しいつけ麺でした。
 (143068)

つけ麺なので、残ったつけ汁はスープ割に。
ここで登場するのが、こちらのサイフォンでとった鰹出汁。
 (143069)

つけ汁にさきほどの鰹出汁を足して、〆。
カツオの風味が効いたあっさりとしたスープ割に。

フレンチの技法を用いた、新しい鴨ラーメン。お腹いっぱい堪能しました。
 (143070)

四条通からだけではなく、裏からも入ることができます。
目印は、スタンディングカフェですが、こちらからの方がわかりやすいかも。

大阪 枚方の人気店が、満を持して京都に出店。
唯一無二の鴨ラーメン、ぜひ味わってみてください。

クチコミでの評判

基本情報

店名:🦆🍜 (ギオンダックヌードル)
住所:京都府京都市東山区祇園北側329
営業時間:12:00~15:00 / 17:30~20:30
定休日:月曜日・火曜日
関連ページ:https://twitter.com/gionducknoodles

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン