2020年7月2日 更新

【京都土産】さすがお茶処・宇治!スーパーには抹茶づくしコーナーも☆宇治橋通商店街「食品館アプロ」

おおきに~豆はなどす☆今回は宇治市のメイン通り、宇治橋通商店街にある食品スーパー。地元民向けの日用食品が並ぶ中、大きく設けられた抹茶づくしのお土産コーナーには茶処・宇治らしい品がズラリ。

お茶処・宇治ならではの品ぞろえ!抹茶関連食品

 (186751)

京都府宇治市、宇治橋通商店街。宇治観光スポットにもほど近く、宇治グルメが集中するエリア。この日も昼時行列をつくる飲食店もちらほら。

そんな中、商店街にある地元食品スーパー。何か宇治らしい食品はないかと入店。
 (186754)

店内は日用食品、精肉、鮮魚、野菜、加工食品などなど、通常のスーパーと変わりなく、いろいろな食品が陳列されてるわけですが。

そんな中、わりと大きめの陳列スペースを確保する、抹茶お土産コーナーが。王道の煎茶をはじめ、玄米茶やグリーンティー、さらには農家直出しなどこだわりのお茶も。抹茶あめもあります。
 (186752)

さらには抹茶味のクッキーやチョコレート、ポッキーなど、緑づくしな品が豊富。
 (186753)

若干わさび味も紛れ、水増し気味に陳列されていますが(笑)
 (186755)

レトロ菓子のシベリア。
 (186756)

その中にも『宇治抹茶使用』と書かれた、抹茶餡が挟まれたシベリアも。
 (186757)

さらにはツウ受けしそうな、国産抹茶使用の調味料・抹茶塩も。料亭仕上げのアイテム。天ぷらや冷奴にいいとか。
 (186758)

で、せっかく宇治に来たからには、何かお土産に買って帰ろうと、これを。

宇治川界隈のお店でも提供されてる宇治茶そば278円(税抜)。これからのシーズン、ざるそばとしていいかと自宅用に。お抹茶は全国的にも知られる宇治を代表する老舗・伊藤久右衛門のものを使用。
 (186759)

なんでもそば粉配合を見直し、以前の商品よりのどごしアップしたそうです。
 (186760)

原材料表示にも抹茶が明記され、着色料由来ではない、お茶本来の緑が楽しめるというもの。中には50g乾麺が4束入っています。
 (186761)

で、1束湯がいて食べてみることに。乾麺50g分なので、かなりお上品な量(笑)まあ、お抹茶の入ったお蕎麦という希少性から、これぐらいの量が妥当ということですかね。
 (186762)

蕎麦汁は自前で、食べてみます。想像以上に抹茶感があり、抹茶のコクや深みも感じられるお蕎麦。のどごしも改良されて良くなってる、とのことでスルスルと心地よく。

ひと口に抹茶そばと言っても、ほぼほぼ色のみで抹茶感のないものもある中、さすが茶処・宇治が推す茶そば。これから暑い季節にピッタリ。お土産としても最適です。

ヨ~イヤサ~♪

基本情報

名称:食品館アプロ
場所: 京都府宇治市宇治妙楽164
電話番号:0774-22-5556
営業時間:9:30〜21:00(年内無休)
公式サイト:https://www.kk-kano.co.jp/index.html
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな