2016年4月4日 更新

御所東 日本酒が楽しめ、もはや食堂ではない「食堂ほかげ」ミシュラン掲載店【居酒屋】

神宮丸太町、河原町通りの高級系居酒屋さん「食堂ほかげ」。ミシュランのビブグルマンにも掲載されたお店です。

 (25139)

カウンター席のみ、全10席というこじんまりした、が、和のデザイナーブランド的解釈、みたいななかなかお洒落な雰囲気。人気店かつ小さめのお店なので、予約は必須。

カウンター前に季節替わりのメニューがずらずらっと並ぶ。ざっと40種類ほどはありそうだ。
お値段は¥1000以下がほとんどのお手軽価格。量は少な目だが、いろんなアテで飲みたい派にはピッタリ。

季節の料理がずらりと

 (25140)

お勧め!と書いてあった鯖きずし。柔らかい口当たりの酢と程よい脂感の鯖がナイスマッチ。
 (25141)

こちらが日本酒メニュー。滋賀の地酒が結構豊富。美冨久に神開、菅名岳に一博と、滋賀・滋賀・新潟・滋賀と熱燗巡り。結構飲みましたが、とてもお手頃価格なのが嬉しい。
 (25142)

桜海老と青紫蘇のがんもどき。銀杏がコロコロ入り、海老の香ばしさが際立つ熱々の一品。自家製のダシ醤油をかけていただくと、ほっこり旨しですな。
 (25143)

トリッパ味噌煮込み。やわやわの味噌煮込みで、しっかり濃い味にマッチする薄切りの奈良漬けが非常~に良い食感のアクセント!に。ご飯にかけてわしわしと行きたくなる感じ。

割烹料理店も顔負けの旨さ

 (25144)

白身魚の道明寺蒸し。大きな鰆の切り身の上に練った道明寺がででんと乗り、蒸し上げて甘口の葛餡が掛かったもの。ダシがちゃんとしているのが良く解る。割烹レベルですな~、これはお得です。
 (25145)

これも自家製だという鯵の燻製。燻製臭を纏ったしっかり身のしまった鯵がなんとも旨し。いやー、いいないいなこれ。日本酒無茶イケる系。
 (25146)

新潟産きぬおとめなるブランドさといものから揚げ。ぬったりとした食感がお気に入り。
 (25147)

豚の味噌漬け焼は。味噌の香ばしさと豚の脂の甘さが際立つ一品。付け合せの蕪の酢漬けがまた泣けるマッチング。

で、このお店季節の注文毎に炊き上げるご飯モノが充実。蛸と生姜、とか、縮緬山椒、炒り大豆とほうじ茶などなんだか非常に旨そうな。
 (25148)

大根に牛蒡、こんにゃくに人参と具は皆、拍子木に切ってアリ非常に具だくさんの豚汁。冬の季節の〆にはほっこりと宜しいですな~。

これ以外にも、生海苔と鯛の茶碗蒸しとか、魚の南蛮漬、地鶏ときのこの豆乳煮に揚げ出し胡麻豆腐、等々魅惑のメニューが並ぶのだが流石にお腹一杯。

食堂を名乗る居酒屋というと、木屋町四条にある超有名店を思い出すのだが、予約が入らないそちらより更に使いやすくて、ちゃんと一本芯が通っているウマウマ店でした。ご馳走様でした。又来ます~。

食堂ほかげの感想

食堂ほかげ 店舗情報

店名」食堂ほかげ
住所:京都市上京区河原町通丸太町上る出水町273-1
営業時間:18:00~23:00(L.O.22:30) 
定休日:月曜日
TEL:075-748-1539
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事