2018年11月10日 更新

【2018京都紅葉最新】紅葉名所をパトロール!今が見頃☆高雄山の絶景スポット「神護寺」【11月10日時点】

2018年最新の紅葉パトロール。11月10日時点の様子。高雄山の紅葉名所・神護寺へ。まさに見頃。

まさに見頃!赤青黄のグラデーションが奏でる絶景

 (138037)

市内の中でも比較的紅葉が早いのではないかと高雄山・神護寺へ。京都屈指の紅葉スポットなので、早朝から車で向かいました。

で、一番参道に近い私営駐車場に停めようとすると、台風被害で通行止めになってるため、西明寺周辺の駐車場に停めた方がいい、と店の人に教わり、そうすることに。

どこも被害が大きかったことを改めて実感。
 (138038)

清滝川の清流と川沿いの木々の色づきを楽しみながら、高雄橋。
 (138039)

やはり、ここは早めに色づいてます。まさに見頃といった様子。艶やか。
 (138040)

この時期、河原の席が設けられ、湯豆腐が食べられるんですね。絶好のロケーション。そして、日中はまだそれほど肌寒いというわけでもないので、ちょうどいいテラス席。
 (138041)

そして、長い石段が続きます。かなり息が切れるほど。登山仕様のスタイルの人もいたり、ストックを持つ人も。
 (138042)

そして、ようやく楼門へ。
 (138058)

ちょうど太陽も差し込み、一目見てあぁ見頃の時期に来れてよかったな、と。

神護寺は空海が東寺や高野山の経営に当たる前に一時住した寺。最澄もここで法華経の講義をしたことがあるなど、日本仏教史上重要な寺院。
 (138043)

奈良時代末期から平安時代初期の貴族・和気 清麻呂(わけ の きよまろ)。その私寺であったと思われる「神願寺」と「高雄山寺」という2つの寺院が天長元年(824年)に事実上合併してできたのが神護寺。
 (138044)

紅葉グラデーションが見事としか言いようのない状態に。
 (138045)

見上げて絶景。
 (138046)

見下ろしても絶景。
金堂から見下ろす五大堂、毘沙門堂。紅葉とのコントラストがまた画になる風景。
 (138047)

 (138048)

金堂のさらに上段からも見下ろして。
 (138049)

多宝堂。国宝・木造五大虚空蔵菩薩が安置。いつもこの時期ばかり参拝するので閉まった状態ですが、毎年5月10月に特別拝観あり。特に5月は青もみじが素晴らしいらしく、ぜひまた来てください!とお寺の方も推すほど。
 (138050)

「閼伽井(あかい)」。空海が密教の儀式に使うために掘ったとされる井戸。
 (138053)

そして、おなじみのかわらけ投げ。厄よけなどの願いを掛けて、高い場所から素焼きや日干しの土器の酒杯や皿を投げます。
 (138051)

 (138052)

今回私もやってみました。
お店の方に、投げたかわらは回収するんですか?と尋ねると、そんなことしたら命いくつあっても足りません!と(笑)素焼きなので、雨に打たれると土に還るそうです。厄も土に還るということらしく。
 (138054)

日が当たりだすと、さらに紅葉の美しさが増し、皆撮影に夢中に。
 (138055)

 (138056)

五大堂、毘沙門堂周辺からも。
 (138057)

どこを切り取っても画になる、まさに紅葉見頃。ハイキング感覚でぜひ足を運んでみてはいかがですか?

神護寺 へのツイート

基本情報

住所:京都市右京区梅ケ畑高雄町5
電話番号:075-861-1769
関連サイト:http://www.jingoji.or.jp/
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事