2017年3月31日 更新

SNSでも話題のぼっちペンギンも!歴史ある動物園「京都動物園」【子供大喜び!】

京都府民から長らく愛されてきた「京都動物園」。2015年11月に完全リニューアル、グランドオープンしましたので、その新しい魅力をお伝えしたいと思います。

立体的に楽しめる動物園

 (14042)

新しくなった玄関口です。自動販売機でチケット購入してください。大人1人600円、中学生以下は無料となっています。この階段をあがっていく新設されたビュッフェレストラン、週末はかなり人気なので行列必至です。
 (14044)

本格的なコーヒーが楽しめるカフェスペースも新設されています。
 (14046)

屋根付きの飲食スペースもあるので、ちょっとした休憩やお弁当タイムにいいですね!
 (14049)

こちらは園内MAP。
 (14051)

新設された空中通路からの眺めは抜群!動物園全体と東山がこんなにきれいに見れます!
 (14053)

あの背の高いキリンさんも目の下に。こんな体験できる動物園はほかにそうありません。ちなみにキリンさんのハートの柄を見つけると恋愛が成就するらしいですよ(笑)
 (14055)

シマウマさんも上から見たら、こんな感じに。

見ているだけで癒される空間

 (14058)

ピンク色がかわいいフラミンゴゾーン。この細い脚で生活できているのが不思議でなりません(笑)
 (76575)

みんなのアイドル、ペンギンさん。この日もカメラを持った人だかりができていました。
NHKにも登場した話題のペンギンがいるんです。
 (76576)

ぼっちペンギンとも呼ばれている、フンボルトペンギンのナンテン。
このように一羽でいることを好みますが、決していじめられていていたり、避けられている訳ではないです。
 (14060)

きっとマイペースなペンギンさんなんですね。すっかり人気者になってしました。
 (14062)

このじゃれているレッサーパンダのかわいさ、尋常じゃありません(笑) 近くにいた女子はキャーキャー言うてました(笑)
 (14064)

かわいいお猿さん、相変わらず人気です。上下関係などお猿さん同士の関係性が垣間見れてまたおもしろいです。
 (14066)

バッチリカメラ目線の虎のかっこよさですよ。まさに威風堂々、上品さと力強さを持ち合わせいます。
さらっと紹介しましたが、ゴリラや象、ライオン、水中生物、展示室など、まだまだ紹介しきれていませんので、ぜひ足を運んでたのしんでください!

料金も大人1人600円と激安です。駐車場はありませんので、岡崎公園駐車場や徒歩でお越しください。すこし距離はありますが景色もいいので、散歩がてら京阪三条から歩いてくるのもいいかもしれませんね。

京都動物園への口コミ

京都動物園 基本情報

名称:京都動物園
住所:京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内
電話番号:075-771-0210
営業時間:9:00~17:00 ※12月~2月は16:30まで
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日) 
関連URL:
公式HP: http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都屈指の行列大人気うどん店!熱々の天とじうどんは寒い冬こそ醍醐味!!「岡北」【京都岡崎】

京都屈指の行列大人気うどん店!熱々の天とじうどんは寒い冬こそ醍醐味!!「岡北」【京都岡崎】

岡崎界隈の常に行列をつくる店として有名なうどん店。この日は底冷えのする京都。頭の中は湯気、温かいものしか考えられず、食べてきました。
全面リニューアルの【京都市動物園】素敵な出会いがいっぱいの夏休みになるかも!

全面リニューアルの【京都市動物園】素敵な出会いがいっぱいの夏休みになるかも!

昨秋、グランドオープンした京都市動物園に行ってきました。素敵な出会いがいっぱいで大満足の訪園でした。
岡崎 「みやこめっせ」夏休みに行きたい子供向けイベント 【まとめ】

岡崎 「みやこめっせ」夏休みに行きたい子供向けイベント 【まとめ】

子供たちの夏休みが近づいてきましたね。この長〜い休みをどのように過ごすか、皆さんずいぶん前から予定を立てられているようです。
【無料公開】平安神宮神苑 美しい花菖蒲に癒される【平安神宮】

【無料公開】平安神宮神苑 美しい花菖蒲に癒される【平安神宮】

今年も花しょうぶが美しい季節に、平安神宮の神苑が無料で公開されます。今年は6月7日(金)公開時間は8:30〜16:30です。(画像は2018年のものです)
m.m
スロウな時間が流れるくつろぎのヒーリングカフェ「ロクジアン」【京都・岡崎】

スロウな時間が流れるくつろぎのヒーリングカフェ「ロクジアン」【京都・岡崎】

屈指のアートエリア、岡崎にひっそり佇む緑に覆われたヒーリングカフェ。時間を忘れてしまうコンフォートさ、 使い勝手のよいメニュー構成も必見。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン