2016年12月18日 更新

京都屈指の行列大人気うどん店!熱々の天とじうどんは寒い冬こそ醍醐味!!「岡北」【京都岡崎】

岡崎界隈の常に行列をつくる店として有名なうどん店。この日は底冷えのする京都。頭の中は湯気、温かいものしか考えられず、食べてきました。

普段絶対並ばない派なんですが・・・

 (65759)

この日は朝から冷え込む京都。市内を取り囲む山々の山頂もうっすら雪化粧。岡崎界隈を朝10時半ごろ通りかかり、また行列できてるなぁと。
京都人て、あまり行列つくってまで食べようて思う人少なく、私自身もそうなんですが(笑)でも、この日は意外と行列も短め。そして、オープン11時で1回転目に入れそう。そして、何よりも熱々のものが食べたい!と思い、並ぶことに。
 (65761)

じつは、初訪(笑)同じく行列をつくる店としてよく知られる隣の山元麺蔵は何度か食べたことあるんですが。

この界隈に詳しい友人から、昔からあるなんてことないうどん屋や!新装してなぜか繁盛してるだけ!!なんて散々話を聞かされていて、二の足踏んでまして(汗)
 (65885)

ちなみに、紅葉シーズンの大行列の岡北。隣の山元麺蔵とW行列。

この日は山元麺蔵が定休日だったんで、片側だけ(笑)
 (65764)

とにかく一度は食べてみないことには!と。

広々とした落ち着く空間

 (65774)

中に入ると驚きの高級感。壁には江戸唐紙。とても店内が上品な雰囲気に。
 (65776)

奥には坪庭があって、まだ紅葉したもみじが定植。椅子やテーブルも職人さんによる丁寧な手仕事を感じる造り。ダウンライトが全体的に和む雰囲気を演出。

メニューチェック

 (65766)

この時代を知っていたんかな、友人。て、いつの時代の人や(笑)昭和15年創業。その頃のお店写真。考えてみると、昔のうどん屋さんて、大なり小なりどこもこんな店構えでしたよね。最近は小洒落たお店も増えましたが。
 (65772)

最初から天とじうどんと決めてたのに、メニュー見てからぐらつき始め。
 (65771)

あんかけもいいよな~と。
 (65773)

鍋焼きうどんかぁ~そそられるなぁ
 (65770)

カレーうどんも捨てがたいよなぁ~
とにかくどれも身体を温めてくれそうなラインナップ。
 (65767)

そして、丼もあります。

いろいろ迷いましたが、初志貫徹で天とじうどんに。これ、あの京料理界のレジェンド・菊乃井のご主人村田さんも絶賛してたんで一度食べたいと思ってたんで。

たっぷりな天とじスチームに浸るシアワセ

 (65777)

で、やってきました天とじうどん。
 (65778)

薬味系青みは一切ない黄色系。そして、海老天のしっぽが2つ。
 (65779)

けっこう長い大海老。無駄に衣を多めにまとわせたりとかしてません(笑)ちょうどいい衣具合。
 (65780)

プリプリで食べごたえあります。揚げ油が濃厚でウマい。関東式ゴマ油は入ってないとは思いますが、それくらいちょっと濃厚な味わい。
 (65781)

で、うどん。細めの典型的やわらか京うどん。透明感もあり。寒いとこういうやわらかいうどんがいいです(笑)熱い出汁と一緒にスルスルと入っていくので。
 (65782)

すごい玉子率。とじ方が均一で上手いということもありますが、これ卵2個弱使ってるそうで、うどんと同量?てくらいたっぷり。で、とてもやさしい味。

なんでしょう、こんなん言うと失礼かもしれませんが、子どもの頃よく食べた近所のうどん屋さんの卵とじうどんを思い出すような。もちろんいい材料使ってはるんだと思いますが、奇をてらってないほのぼのする味。店の設えとか器とか魅せ方は違っても。
 (65783)

熱々の卵とじのお出汁を飲み干す頃には、額に汗が滲むくらいポッカポカ。いやぁ~これは満足しました。寒空の中並んだことも、美味しくさせるスパイス的役割だったのかもしれませんね(笑)
うどんにしては1300円と、少々高めではありますが、この1杯で大満足できる品。美味しかったぁ~

ヨ~イヤサ~♪

岡北 への口コミ

岡北 基本情報

住所:京都府京都市左京区岡崎南御所町34
電話番号:075-771-4831
営業時間:11:00~20:00(L.O)
定休日:火曜日と第1・3水曜日
関連URL
http://www.kyoto-okakita.com/
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな