2022年8月7日 更新

【京都ランチ】夏メニュー冷麵やおいなりさん◎昔ながらの地元民御用達大衆食堂「相生」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区岡崎にある昔ながらの地元民御用達大衆食堂。うどんそば丼、定食など普段使いにふさわしくお財布にも優しいメニューぞろい。今回は夏らしいメニューをいただきました。

昔ながらの地元で愛される大衆食堂

 (227454)

左京区岡崎、二条東大路通り沿いにある大衆食堂『お食事処相生(あいおい)』。この日この界隈を散策中の昼時、ランチでお邪魔しました。暑い中歩き回っていたので、何か涼やかなメニューでも、と。
 (227455)

創業年数については不明ですが、その店名『相生(あいおい)』や店構えから、おそらく昭和の頃から存在し、古くから地元に根付いている大衆食堂であることがわかります。

今では数少なくなりましたが、京都には昔からうどんそば丼一式そろい中には手づくりのおはぎやいなり寿司なども扱い、しかも同じ屋号で営業するチェーン店のような大衆食堂があります。代表的なところでは『力餅食堂』などがその一つ。そして、こちら『相生食堂』もそれと同じスタイルで、昔から関西にある大衆食堂チェーンの一派。京都には他にも『相生(あいおい)』を名乗る大衆食堂がいくつかある中の一つ。チェーン店というと画一的なメニューなのかと思いがちですが、現代に当てはめて言うならば、フランチャイズ店のような店それぞれで個性も違います。店によっては定食や単品のおかずメニューが充実していたり、その自由度大。
 (227456)

昔からある大衆食堂は周辺で働く人にとってデイリー使いできる仕様になっているため、比較的お財布に優しいメニューぞろいで日替わりメニューやサービスメニューがあったり。

 (227477)

そしてこちらではさらに独自色強く、お店で使用されている野菜は岩倉にある自家菜園で栽培したものを使用されてるそうです。
 (227457)

さらにテイクアウトメニューも充実し、何かと便利なお店のようです。
 (227458)

この日は平日でしたが、ふらっとお店に吸い寄せられるように入店する常連さんや観光客などさまざまで、意外と広い店内はにぎわっていました。テーブル席の他、小上がりの座敷席もありました。
 (227459)

店内は民芸調になっていて、お店の中はもちろん冷房で涼しいですが、さらにテーブルごとに昔の絵柄のうちわがあり、あおいで涼むお客も。マンガやマガジンラックもあり、日常の延長のような仕様にほっこりとする空間。
 (227465)

 (227466)

そしてメニュー。丼やうどんそば、さらに夏メニューもあります。うどんそばはすべて自家製手打ち麺とのこと。
 (227460)

 (227461)

定食メニューも充実していて、来店する客のオーダーの振れ幅がかなり大きい印象で、それだけ包容力のあるメニューぞろいとも言えます(笑)
 (227462)

で、今回は暑い中歩いてきたので、レーメン(冷麵)が食べたくなり、それだけでは物足りないかと、いなり寿司をプラスしようと思案。レーメン770円にいなり3個付のセットでプラス230円。3個はちょっと多いかなとも思いつつ、割安なのつい注文(笑)
 (227464)

 (227463)

よくよくメニューを熟読すると、白米を玄米に変更できたり、玄米定食なるものもあったり。定食で揚げ物を食べても玄米にして罪悪感帳消しみたいなことも可能(笑)
 (227467)

そして、しばらくするとレーメン、いなりセットが登場。ちょっと不思議ですが、冷麵にはコショウが添えられていました。中華そば感覚。もちろん練りからしも器に添えられていました。
 (227468)

こちらがレーメン。具材には、チャーシュー、トマト、キュウリ、サニーレタス、錦糸玉子、海苔、甘酢生姜。
 (227469)

いなり寿司もそこそこサイズがあり、中央には同じく甘酢生姜が添えられています。
 (227471)

まずはレーメン。細ストレート麺で、コシがありシコシコタイプでのど越しの良さを感じます。タレはけっこうしっかりめの味付けで甘みは少ないタイプ。程よい酸味と醤油感、そして練り胡麻も入っていて、ちょっとコクのある食べ応えある味わい。
 (227472)

恐らく中華そばでも使用されているチャーシューを併用されてる様子。しっかりチャーシュー。あとフレッシュな野菜たちがいいですね。暑い時期に食がすすみます。
 (227473)

そして、ぷっくりおいなりさん。色目は薄色に仕上げられています。
 (227474)

そして一口。作り立てのなのか、まだほの温かい状態でした。寿司飯はわりとシンプルで、中に白胡麻が入っていて、時折プチプチと口の中で弾け、胡麻の風味とお揚げの優しい甘みのお出汁がじゅわっと口に広がり、なんとも家庭的な美味しさ。何個でも食べられるタイプの(笑)なので、最初の3個は多いかな?という不安をよそに、ペロリ完食でした(爆)

今回は夏場だったので、冷たいメニューにしましたが、寒い時期ならカレーうどんやあんかけ、鍋焼きうどんなども気になるなぁ、と。好みに応じてメニューをカスタマイズできるのも家庭的でいいですね。観光客にとっては、気取らない京都人の食事という位置づけで味わっていただきたい美味しさです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:お食事処相生
場所:京都市左京区岡崎徳成町15−14
電話:075‐771‐1602
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:30
定休日:日曜。祝日の場合は営業し翌日振替休日
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事