2021年11月23日 更新

【京都ランチ】京大生御用達の昔ながらの大衆食堂☆お値打ち定食で満腹「白川大銀」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区北白川にある大衆食堂。近くの大学生も利用する昔ながらのお店。観光の合間のランチでお邪魔しました。

学生の胃袋を支える昔ながらの食堂

 (215079)

左京区北白川エリア。この日は紅葉散策の合間の昼時、どこかでランチをしようと探すも、すでに紅葉名所周辺の飲食店は混雑しはじめ、ゆっくりと食事できるところを、と探していて、ここにたどり着き入店。
 (215080)

前から一度来たいと思っていた大衆食堂。かつてこの界隈には今以上に学生向けの大衆食堂がありました。京都大学や他大学の下宿生が利用するお店が多く存在し、私も何軒か利用したことがあります。自分の記憶で、白川通り沿いにたしか同じような名前の定食屋があったと記憶していましたが、いつのまにか消え、若干ここと混同して覚えていました。他、今出川通りにも数軒定食屋がありました。遠い記憶ですが。
 (215081)

こちらはちょっと住宅街に入った北白川小学校前にあります。
昔は教員もお昼にうどんや丼など出前をとったりしていた時代があり、学校近くに古くから続く食堂が今でも残っていたりますね。そんな古い風情を感じる店構え。
 (215082)

食品サンプルも年季が入っています。
 (215095)

店前に一部メニューがありますが、それを見ても割安感あります。
 (215083)

 (215084)

店内は絵にかいたような昭和レトロな雰囲気。そして意外と広い店内。奥にはさらに小上がりの座敷席もあります。そしてこれまた昭和感漂う天狗のお面が並んで飾られていました(笑)
 (215093)

とにかくメニュー豊富です。うどん、丼メニューをはじめ、定食も。店の中にも、さらに大きな食品サンプルケースが存在し、そのメニューの多さに驚きます。実際、字面で想像つきにくいものは、ここに来て内容を確認しました(笑)
 (215085)

内装自体、いぶし銀な雰囲気漂いますが、個人的にこの波打つ壁ガラスに懐かしさを覚えました。昔はこんなガラス戸を設えた家も多かったな、と。他、店内ではテレビもついていて、まったりとした食堂風景。

で、今回は最初定食でも注文しようかと思っていましたが、まわりの客が注文した定食を見ると、かなりガッツリボリュームだったので、ちょっとここは控えめにするか、と親子丼630円を注文。

 (215088)

で、しばらくすると登場の親子丼がこちら。若干定食仕様で予想外の付属品がお盆に乗っています(笑)
 (215089)

親子丼も見るからに鶏肉がゴロゴロ入っていて、器自体が通常よりデカめ。
 (215090)

さらにお味噌汁のお椀も昭和仕様の大きめのやつ。
 (215091)

単品メニューではバランスが悪い、とのお母さん的配慮なのか、サラダもついています。
 (215092)

そして、自家製らしい赤かぶのぬか漬けも。
てか、この構成ほぼほぼ家感覚やん!と(笑)
 (215096)

まずはお味噌汁。ワカメたっぷり。そしてカイワレ大根も。海藻類たっぷりのお味噌汁。
 (215097)

ゴロゴロ鶏肉の親子丼。少し甘めで優しい味わい。玉ねぎ、白ネギも入り、刻み海苔もたっぷり。かなりボリューミー。
 (215099)

ぬか感もあります。自家製らしい酸味のある赤かぶ。
 (215098)

フレッシュサラダ。生野菜不足もこれで解消。

単品感覚で注文した親子丼でしたが、健康に配慮し栄養バランスまで考えられた、まるで家で食事するような感覚。きっとここを利用する多くの学生たちに母親のような配慮をもって、昔から食事を提供されてたんだろうな、と感じるようなメニューぞろい。今ではコンビニもあり、学生も簡単に買い食いして食事を済ませられるようになりましたが、それだけじゃない温かさがあった時代の名残りを感じるお店。ある意味、地元色濃い食事が楽しめる場所かもしれませんね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:白川大銀
場所:京都市左京区北白川上別当町4
電話:075-711-2625
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:日曜日
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事