2021年9月20日 更新

【秋の和菓子】栗が美味しい♪「栗むし」と「生渋栗」が絶品『仙太郎』

秋の到来♪秋と言えば、栗の和菓子を楽しみにされている方も多いのでは?人気の京都老舗和菓子店「仙太郎」の美味しい栗をふんだんに使った和菓子を紹介します。

美味しい栗を使った和菓子

 (212182)

京都の老舗和菓子店「仙太郎」の創業は1886年(明治19年)。
国産にこだわった素材を使用し、丁寧に作った和菓子を提供されています。
本店は、四条寺町にあります。
 (212091)

京都の百貨店はもちろん、大阪や神戸、東京の百貨店でも購入することができます。
 (212092)

涼しくなって来たので、栗のスイーツを求めて、仙太郎さんへ。
お月見団子が美味しそうだったんですが、水無月を思わせる「栗むし」に目が留まり、購入してみました。
 (212094)

栗むしと生渋栗も購入。
見た目も形も秋らしくて、美味しそうです。
 (212095)

仙太郎さんのHPでは、同じ形で「渋栗むし」も販売されているようでしたが、現在は「栗むし」に代わっているようです。
在庫がなくなり次第、販売終了となるようですね。
 (212096)

半分にカットしてみました。小豆こしあんの羊羹の上に、蜜漬けにした国産栗を目いっぱい敷き詰めた羊羹。日持ちは二日間だそうです。
まず、栗が美味しい。蜜漬けで、少し甘さもありますが、栗の本来の味が感じられます。
羊羹は栗との調和を考えた甘みで、食感もよく、食べる時に栗が落ちず、外れないのも、しっかりした製法で作られていると感じました。
 (212097)

コロンと可愛い生渋栗。
お菓子で実物を再現しているものはたくさんありますが、なんとも言えない素朴さを感じます。
 (212098)

栗の渋皮煮をこしあんと羊羹で包んで、栗の形を象った和菓子。
栗が結構大きいです。栗の味は素朴で、羊羹が少し甘めでしたが、バランスが良く、美味しかったです。

今回は仙太郎の栗を使った季節の和菓子を紹介しました。両商品とも、店舗及びオンラインショップでも購入可能ですが、在庫がなくなり次第販売終了となるようです。気になる方は、チェックしてみてくださいね!

詳細情報

名称:仙太郎
住所:京都市下京区寺町通仏光寺上る中之町576 (本店)
関連ページ:https://www.sentaro.co.jp/
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事