2016年5月19日 更新

日本酒はお任せで頂くのが幸せな使い方「いなせや 真」@六角通東洞院西入ル

六角通東洞院西にある、お気に入り日本酒店「いなせや 真」のご紹介。

 (33156)

以前は日本酒Barを名乗っておられたのですが、お隣の系列居酒屋店「んまい」からお料理を運んでもらえるようになって、しっかり食べから軽く一杯までなかなか使いやすいのだ。

ご店主の真さんが探してこられる日本酒を、お任せで頂くのが一番幸せな使い方ですな。
 (33157)

ちなみにメニューはこんな感じ。

こだわりの日本酒ラインナップ

 (33158)

日本酒はもちろんお任せで。写真が多いので、先に3種、まとめてご紹介。

和歌山出身者が2名居たので、まずは和歌山は九重雑賀の「クールダウン」純米吟醸をチョイス頂いた。12℃と度数低めなので、しゅるしゅると呑めてしまう危険な一杯。
で、お次も和歌山市内の酒蔵、世界一統の「南方 純米吟醸」 無濾過生原酒を。ラベルがいなせやオリジナルになっていたので驚いた。
更に、栃木は菊の里酒造の「大那 超辛口」 無濾過生原酒と続く。ま、呑み助ばかりなのでアテよりも酒に目が行くのだが、アテもなかなかイケているのだ。
 (33164)

今回は冷酒押しだったのだが、更に3種追加。熊本は瑞鷹の「菜々」純米生原酒 、滋賀の浪乃音酒造の「渡船60」純米吟醸、最後にまた和歌山に戻ってきて、世界一統の「南方」特別純米 若水 山廃仕込という真さんチョイス。だんだんしっかり味に、という趣向。
 (33165)

熊本が大変な事態になっているので、こういうのを積極的に頂くことで応援したいですな。独特の甘味が料理の隠し味にもピタリな赤酒も試し呑みさせて頂いた。豚の角煮とかに使うと非常に良さそうな。(もちろん、呑んでもなかなか旨し)

日本酒にピッタリなアテの数々

 (33159)

カツオの酒盗、クリームチーズの塩昆布和え、茹で鶏肉ほぐし梅肉和えだったかな・・。ま、日本酒のアテとしては間違いないチョイスですな。
 (33160)

いなせや本店が鶏料理押しなので、鶏刺身も美味しい。レバカツ(写真大失念)などなどで、まったり気分に。
 (33161)

ポテサラも鉄板。鶏チャーシュー付きなのがいなせや風。(酔っぱらっているので、写真の精度が非常に低いのだ。。すみません~汗)
 (33163)

いかなごくぎ煮のクリームチーズ和え。あー、これは自宅でもやろうと思った一品。
 (33166)

甘口のお酒にはへしこの炙りなんぞの塩辛いアテがなんだかよく合うのだ。Mさんお気に入りの豚バラ味噌付け焼きなんぞもお願いしたように記憶。
 (33167)

で、季節なので食べておくでしょう~と深草産筍の炭火焼で〆。

以上、わいわいと楽しく呑み語り、楽しいひと時でした。真さん、ありがとうございました、また来ます~。

 

いなせや真への口コミ

いなせや真 店舗情報

店名:いなせや真
住所:京都市中京区六角通烏丸東入ル堂之前町231 イヌイビル1F
営業時間:18:00~27:00(26:00 L.O)
定休日:不定休
TEL:090-7101-3423
店舗HP: https://www.facebook.com/%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%9B%E3%82%84-%E7%9C%9F-307926752690088/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本酒好きがまったりできる烏丸の穴場居酒屋「加夢居(カムイ)」

日本酒好きがまったりできる烏丸の穴場居酒屋「加夢居(カムイ)」

最寄駅は烏丸御池、六角通りの日本酒とアテが絶品の居酒屋「加夢居(カムイ)」
内緒にしておきたい隠れ家日本酒バー!オトナの空間で美味しいお酒を「山帰来(サンキライ)」

内緒にしておきたい隠れ家日本酒バー!オトナの空間で美味しいお酒を「山帰来(サンキライ)」

六角通、麩屋町通と富小路の間にある隠れ家日本酒バーの「山帰来(サンキライ)」です。雰囲気もよく、日本酒好きの方、必見のお店です。
知る人ぞ知るオフィス街の角打ち「はちぼし酒店」【烏丸御池】

知る人ぞ知るオフィス街の角打ち「はちぼし酒店」【烏丸御池】

烏丸御池から徒歩3分、なぜか、1人でふらりと立ち飲み。キンキンに冷えたビールとおやつで今日もお疲れ様。
烏丸御池近くでオススメの海鮮居酒屋「口馳八丁 風屋杉原」

烏丸御池近くでオススメの海鮮居酒屋「口馳八丁 風屋杉原」

四条烏丸と烏丸御池のちょうど中間あたり、烏丸六角にある海鮮居酒屋「口馳八丁 風屋杉原」なり。
美味しい自家製蕎麦と日本酒で昼飲み!烏丸御池「もうやん」

美味しい自家製蕎麦と日本酒で昼飲み!烏丸御池「もうやん」

烏丸御池近くの「蕎麦 もうやん」で、美味しい自家製蕎麦とこだわりの日本酒、にっこりの昼のみモードなり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。